ゆるめるモ!(You'll Melt More!)の徹底解説まとめ

260a3f8b0e3373c60a39aa386da1d446

ゆるめるも!(You'll Melt More!)とは、フリーライターの田家大知がももいろクローバーの「ピンキージョーンズ」に触発されて、「辛い時は逃げてもいいんだよ」をテーマとして自ら街頭でスカウトして集めてきたメンバーで結成された女性アイドル・グループ。名前の由来は「(窮屈な世の中を)ゆるめる」というメッセージと「You'll melt more!(あなたをもっとトロけさせたい)」という2つの意味が込められている。

CHAGE and ASKA「SAY YES」。

*Tame Impala(テーム・インパラ):オーストラリアのサイケデリック・ロック・バンド。2018年には初来日を果し、サマー・ソニックに出演している。

71hu9cbyvkl. sx355

Tame Impala。

Tame Impala「Feels Like We Only Go Backwards」。

*Foals(フォールズ):アルバム「Unforgettable Final Odyssey」収録の「たびのしたく」の項を参照のこと。

ゆったりとしたテンポをドッシリとしたシンセ・ベースが気持ちよくささえている中、寂寥感と疎外感を軽くコメディ・タッチにまぶしたような歌詞がキュートに歌われる秀作。まるでシャボン玉の中でパフォーマンスをしているようなアンニュイな雰囲気に包まれている。

12. ナイトハイキング(Remastered)
作詞:小林愛
作曲:ハシダカズマ
編曲:ハシダカズマ
Guitar&Programming:ハシダカズマ

本アルバムの約1年4ヶ月前にリリースされたミニアルバム「WE ARE A ROCK FESTIVAL」に収録されていた楽曲。
概要に関しては「WE ARE A ROCK FESTIVAL」の項を参照のこと。

13. 永遠の瞬間
作詞:後藤まりこ
作曲:後藤まりこ
編曲:後藤まりこ・ハシダカズマ
Guitar:あの
Guitar:後藤まりこ
Programming:ハシダカズマ

本アルバムの約1ヶ月半前にリリースされたシングル「TALKING HITS EP」に収録されていた楽曲。
概要に関しては「TALKING HITS EP」の項を参照のこと。

14. must 正
作詞:小林愛
作曲:山
編曲:山
Programming:山
Bagpipes:五社義明

タイトルは「マストゴ」と読む。「マ」にアクセントがつくとのこと。

全日本レコードの山氏による初の提供楽曲。

*山(やま):1993年に北九州で設立されたインディーズ・レーベル「全日本レコード」の中心的なテクノ・ポップ・アーティスト。暴走族総長のセリフをサンプリングしたり、元広島東洋カープの故衣笠祥雄氏をリスペクトしたり、CM「松竹梅」をサンプリングした楽曲などを制作している。今回、アーティスト写真を探してみたが見つけることは出来なかった。

山「ALL JAPAN」。

*五社義明(ごしゃよしあき):日本のバクパイプ奏者。

先日ゆるめるモ!さんのアルバム「YOUTOPIA」内収録の「Musit正(マストゴ)」にて電子バグパイプで参加させていただきました!
ハイランドパイプとSmallPIPE(KEY=B)で重ねておりまして諸々なかなかにいろいろと勉強になるレコーディングでした。REDPIPEは日本初じゃないかな?11/29発売とのこと!(2017年11月14日、五社義明氏のTwitterより)。
*上記Twitterへのレスとして。
ようなぴ:ゆるめるモ!メンバーのようなぴと申します!とっても素敵な音色で興奮しました!ありがとうございます!(2017年11月14日)。

五社氏:おお!返信遅くなりました!こちらこそありがとうございます!1/6頑張ってくださいませ!行けたら行きたい。。(2017年12月3日)。

ようなぴ:ぜひ、1/6お待ちしております!(2017年12月5日)。

*REDPIPE:電子バクパイプのこと。

Maxresdefault

五社義明氏。

REDPIPEの演奏シーン。

五社義明「Amazing Grace」。

田家氏:宗教音楽を目指したんですよ。今回の裏テーマが「宗教」だったので、その宗教感を出したくて。バグパイプって、すごくトリップ感があるじゃないですか? 壮大で宗教的な音がひたすらループして鳴っていたら、祝祭感が溢れる感じになるかなと思ってやってみました。今回初めてお願いした全日本レコードの山さんもすごくかっこいいトラックを作ってくれて(Real Sound:2017年12月2日)。

ミュージック・ヴィデオの監督・撮影・編集は田家氏自身。韓国や台湾で行われた海外ライヴでのオフショットを中心に制作されている。


バグパイプが使用されているので、スコティッシュ・トラッド的な響きを持っているテクノ・ポップ・ソング。「君は正しい 間違っていない」というリフレインが印象的。インタビューにもあるように、電子バグパイプ(REDPIPE)がレコーディングで使用されたのは、今回が日本で初めてとのこと。このバグパイプのシークエンスが宗教音楽を想起させる。

ゆるめるモ!「must 正」。

15. 天竺
作詞:小林愛
作曲:ハシダカズマ
編曲:ハシダカズマ
Guitar:ハシダカズマ
Bass:三島想平
Keyboard:へりこ
Percussion:兒玉拓也
Drums:張替智広

おなじみハシダカズマ氏提供の楽曲だが、アフリカ音楽と西洋の宗教音楽が混在したような、驚きの楽曲になっている。

バックの演奏もプログラミングではなく、奏者による生の演奏になっている。

田家氏:(本アルバムの裏テーマがなぜ宗教なのか、という問いに対して)最も原始的で、言語を超えたプリミティブで原点みたいな音楽は宗教音楽だと思うんです。より壁を壊したい思ってて、誰彼かまわず入ってこられる空間を作るためには、人間が初めて音楽を作ったときの音楽を目指せば、ハードルが低くなるんじゃないかと思いました。だから衣装も無国籍な感じにしましたね。誰でも動物や野生に還れるように(Real Sound:2017年12月2日)

ようなぴ:この曲は、たしか『孤独と逆襲EP』の頃にはありました。でも、「今の自分たちでは、まだこの壮大さを表現できない。4人としてもっと成長した時にやりたい」っていうことになっていたんですよね。“天竺”は、『YOUTOPIA』の中でも軸になっていると思います。みんな「社会」っていうものの中でしかいろいろ考えられないですけど、人間の根本、「生命」としてこの星で生まれて生きるという部分を考えるきっかけになるのが、この曲だと思います(rockin' on.com:2017年11月29日)。

ようなぴ:(三島氏のベースや張替氏のドラムスがバックについていることについて)はい。それも聴きどころです。コーラスも歌って頂いたんですけど、鳥肌が立つくらいグッとくるものになりました(rockin' on.com:2017年11月29日)。

しふぉん:私たちがサルとかゴリラになった声も被せてあります(rockin' on.com:2017年11月29日)。

ようなぴ:ガヤのレコーディングの時、私はけちょんと一緒に録ったんですけど、ふたりでゴリラセッションをしました(笑)。川村美紀子さん(舞踊家、コレオグラファー。水曜日のカンパネラ、amazarashi などの作品も手がけている)にお願いした振り付けも、すごい印象的なものになっています。頭で考えるんじゃなくて、身体から溢れ出たものを表現するような感じの曲ですね(rockin' on.com:2017年11月29日)。

Dobxuxluqaaezx

左から:三島想平氏、ハシダカズマ氏、張替智広氏、兒玉拓也氏。


オープニング以上にビックリさせられた1曲。 前作のEP「TALKING HEADS EP」でも、アフリカをモチーフにした(というかTALKING HEADS をオマージュした)作品があったけれど、この「天竺」もモロにアフリカ。しかも TALKING HEADS 寄り、ではなく、もっとアフリカ現地に近い印象。パーカッションを中心とした演奏をバックに、メンバーがオープニングの「歩くの遅い犬」とは真逆の素直な歌唱を聴かせてくれる。途中、パイプオルガンのような音が流れてくるのだけれど、ここではアフリカとは全く異なる、欧州の白人による教会で演奏される宗教音楽のようなフレーズが出てきて、バックのアフリカ的な演奏との差異が妙な味を出している。8分ちょっとの組曲のような構成になっており、途中でアップ・テンポになるのだけれど、そのパートのバック・コーラスが「帰ってきたウルトラマン」で使用されていた「ワンダバダバ♪」のスキャットそのもの。その「ワンダバダバ」とアフリカのパーカッション群をバックに、サイケなギター演奏や叫び声、キーボードの音などが混ざり合い、ちょっとしたカオス状態を生み出している。そのカオスを抜け、最後は対位法を用いたコーラスによる、決意と希望に満ちた歌声で終演。何度聴いても、決して飽きることのない、歌唱と演奏。

11月29日:YOUTOPIA 初回限定盤

91datordnhl. sl1410

YOUTOPIA 初回限定盤
名義:ゆるめるモ!
参加メンバー:けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの
発売日:2017年11月29日
レーベル:You'll Records
規格:アルバム

収録曲
01. 歩くの遅い犬
02. 逃げない!!
03. ミュージック 3、4 分で終わっちまうよね
04. モイモイ
05. しんぼりくむ れすぽんす する
06. You とピアザ
07. サマーボカン(Remastered)
08. やる
09. うんめー
10. あ!世界は広いすごい
11. ごろごろ物思い
12. ナイトハイキング(Remastered)
13. 永遠の瞬間
14. must 正
15. 天竺

2015年11月11日リリースの「YOU ARE THE WORLD」以来、約2年ぶりにリリースされたサード・アルバム。通常盤と初回限定盤の2種類が同時リリースされており、それぞれ異なったジャケットになっている。本作は初回限定盤であり、16ページのCDジャケット・サイズの写真集が付いてくる。

概要は「YOUTOPIA 通常盤」を参照のこと。

11月29日:ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ

81f9hqwghyl. sl1438

ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ
名義:ゆるめるモ!
参加メンバー:けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの
発売日:2017年11月29日
レーベル:You'll Records
規格:DVD

収録曲
01. melted
02. うんめー
03. 1!2!かんふー!
04. よいよい
05. KAWAIIハードコア銀河
06. ぺけぺけ
07. あさだ
08. 我が名とは
09. 00 (ラブ)
10. たびのしたく
11. 永遠のmy boy
12. 人間は少し不真面目
13. ナイトハイキング
14. Hamidasumo!
15. スキヤキ
16. デテコイ!
17. 震えて甦れ
18. id アイドル
19. Only You
20. ミュージック 3、4分で終わっちまうよね
21. モイモイ
22. 逃げろ!!
23. なつ おん ぶる ー

2017年7月23日、赤坂BLITZで開催された「ディスコサイケデリカツアーファイナル」と題したワンマンライブの模様を収めたDVD。

今回も全編生バンドによる演奏で、2017年6月28日リリースのDVD「孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー at TSUTAYA O-EAST」の時と同じく、4人編成で2人は女性。

バンド・メンバーは以下の通り。

・Guitar:松本大樹
2015年より「くるり」のサポート・ギタリスト。今回のバンドのバンマス。
・Guitar:Yuko
2016年よりレディーズ・ロック・バンド「LAZYgunsBRISKY(レイジーガンズブリスキー)」のギタリスト。「LAZYgunsBRISKY」は2012年に解散しているが、2015年に再結成された。
・Bass:shioRi
多くのアーティストのサポート・ベーシストとして活躍。
・Drums:オータケハヤト
ロック・バンド「ROCK'A'TRENCH(ロッカトレンチ)」のドラマー。また「THE SWiSH」というバンドにも在籍していたが、そのバンドではベースをプレイしていた。

01

2017年7月28日、ナタリーに掲載されたライヴ・レポートより。

ゆるめるモ!が全国ツアー「ゆるめるモ!ディスコサイケデリカツアー」のファイナル公演を7月23日に東京・赤坂BLITZにて開催した。

出典: natalie.mu

48
yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

目次 - Contents