ゆるめるモ!(You'll Melt More!)の徹底解説まとめ

ゆるめるも!(You'll Melt More!)とは、フリーライターの田家大知がももいろクローバーの「ピンキージョーンズ」に触発されて、「辛い時は逃げてもいいんだよ」をテーマとして自ら街頭でスカウトして集めてきたメンバーで結成された女性アイドル・グループ。名前の由来は「(窮屈な世の中を)ゆるめる」というメッセージと「You'll melt more!(あなたをもっとトロけさせたい)」という2つの意味が込められている。

――Eチケ・クロニクルですね。「GOES ON」はどのあたりに位置づけられるんですか?

桑島:「きみとぼく」の前くらいですね。楽しいけど終わりの予感を感じているみたいな。ちなみに「今日は晴れラッキー」ってのは、Jinmenusagiというラッパーが歌う「雨止めFuck it」(BABEL feat. Mato)っていう歌詞のアイドルバージョンです。すごく楽観的なリリックに置き換えてます。

――最後にアイドル専門ライターの岡島紳士さんにも参加していただきます。岡島さんはDVDマガジン「IDOL NEWSING vol.2」で「りんねラップ」の制作をEチケさんに依頼しました。今回のアルバムは「りんねラップ」の成功を受けてのものかと思うのですが、どのようなコンセプトで曲を依頼したのですか?

岡島:成功したからというんじゃなくて、元々このコンセプトのアルバムを作るつもりで「りんねラップ」を作ったんですよ。なのでそのままスケジュールを進めたという感じで。コンセプトは「E TICKET PRODUCTION」ですね。今までの仕事の総決算であると同時に、彼の名刺代わりになるようなものを目指しました。曲としてはセルフボースティング的なものを集めようと。基本的に初めてラップをやる人たちの曲なので、自己紹介的な内容にならざるをえないかなと。分かりやすいですし。

――参加されたアイドルは、どのような基準で選ばれたのですか?

桑島:岡島さんに候補の女の子は選んでもらいました。

岡島:音楽作品なので、まず声だけでそれぞれ特徴づけられないといけないと思いました。なのでアニメ声と子ども声のアイドルは必ず入れようと。アニメ声は椎名ぴかりんさん。ぴかりんさんはデスボイスとかもできるし、歌も上手いので、いろいろできると思ってました。子ども声はsora tob sakanaの2人。ラップと子ども声のアンバランスさって、曲としての強いインパクトと魅力になるし、それは外部にも響くものになるだろうと。根本さんはラップ経験者なのと、グラビアでも人気という立ち位置、元引きこもりという経歴に惹かれました。ようなぴさんはゆるめるモ!のメンバーでありつつ、ソロアーティストとして、そしてDJとしても活動している。このアルバムに参加することがとてもしっくり来るなと。凜音さんはさっきEチケさんが話した通りの力のある人なので、欠かせないなと思いました。あと「りんねラップ2」というタイトルを思いついたので、これはどうしてもお願いしたいというのがありました。

出典: note.mu


楽曲概説

02. GOES ON feat. ようなぴ
作詞:E TTICKET PRODUCTION
作曲:E TTICKET PRODUCTION
編曲:E TTICKET PRODUCTION
Programming:E TTICKET PRODUCTION

ミドル・テンポのラップ。ゆるめるモ!の活動を通じてラップの体験はかなり豊富にあるので、ここでもかなり余裕にラップをこなしている印象がある。

「E TICKET RAP SHOW」 DIGEST TRAILER。

1月10日:E TICKET RAP SHOW(フォトブックセット盤)

E TICKET RAP SHOW (フォトブックセット盤)
名義:E TTICKET PRODUCTION
参加メンバー:ようなぴ
発売日:2017年1月10日
レーベル:IDOL NEWSING
規格:ミニアルバム

収録曲
02. GOES ON feat. ようなぴ

E TICKET RAP SHOWのCDに32ページのオール・カラーのフォトブックがセットされている盤。

CD自体の形態に違いはなく、通常盤と全く同じCDにフォトブックが付録として付いてくる、という仕様になっている。

2月15日:シェアハウス

2月15日:シェアハウス
参加メンバー:あの
発売日:2017年2月15日
レーベル:ポニーキャニオン
規格:DVD

内田英治監督によるショート・ムーヴィー作品。

*内田英治:映画監督、脚本家。ブラジル生まれ。映画デビュー作品は「GACHAPON!」。主な作品に「グレイトフルデッド」「下衆の相」がある。またもねが「櫻木百」名義で出演した映画「家族ごっこ」の監督、脚本も担当している。

物語(映画「シェアハウス」公式サイトより)

東京郊外の古びた一軒家。ここは6人の男女が共同生活をしているシェアハウスで、様々な人々の吹き溜まりのような家であった。住人の一人、村上(品川祐)は40代も半ばで日雇い労働をしながら日々ギャンブルにのめり込んでいた。そんなある日新しい入居者、敬一(玉田真也)と知恵(あの)の応募があり、審査のために住人全員がミーティングをすることになった。ふたりの入居をめぐり、ルールに過敏なフランス人・ナオミ(ブライアリー・ロング)と村上は口論になり、見ていたほかの入居者たちは態度を決めかね「なんとなーく」の玉虫色の態度をとってしまう。とくにフリーターで女好きの加藤(田中俊介)は事なかれ主義で誰にでも賛同するやっかい者であった。そんななか、敬一と知恵の入居を巡って、しだいに、住人たちの秘密。そして本音と建前が噴出していく。さらには敬一のとんでもない秘密が爆弾と化してしまい…。すべてを本音で話し合い解決する外国型がいいのか? 今まで通りなんとなーくの玉虫色の日本型でいいのか? 小さなシェアハウスは紛糾するのであった。

あの主演ということになっているが、登場する9名の人物がほぼ同等に描かれている。あのは母に先立たれ、女を家に連れ込む父に愛想を尽かして住む家を探している16歳、という設定。演技を「させられている」という様子は全く見られずごく自然に演じているが、これは役柄とあののイメージが重なる部分が大きいからかも知れない。一癖も二癖もある他の役柄に比べ、一番素直で正直でまっとうな役を演じているような印象を受ける。

いわゆる群像劇になるのだろうけれど、それぞれの人物像の描き方が浅く、また人間関係の描き方も十分でないように感じるが、これはショート・ムーヴィーという時間的な制約が影響をしているのだろう(全編で46分)。決してつまらない内容ではないので、もう少し時間を与えられて、長編映画になっていれば、もっと面白い作品になっているように思える。

あの「DVD発売記念コメント」。

短編作品「シェアハウス」予告。

3月15日:孤独と逆襲EP 通常盤

孤独と逆襲EP 通常盤
名義:ゆるめるモ!
参加メンバー:けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの
発売日:2017年3月15日
レーベル:You'll Records
規格:マキシシングル

収録曲
01. 震えて甦れ
02. 孤独な獣
03. 震えて甦れ (Instrumental)
04. 孤独な獣 (Instrumental)

2016年6月22日リリースの配信限定シングル「アントニオ」以来、約9ヶ月ぶりとなる通算5枚目のシングル。

4人体制になってからの初のシングル・リリースである。

収録曲数はデビュー・シングルの「HELLO WORLD EP」以来の4曲(うちInstrumentalが2曲)と少ないが、初回限定盤と通常盤の2形態が同時リリースされており、本作は通常盤である。

初回生産分のCDケース裏面の収録曲の記述は、通常盤と初回限定盤ともに「震えて蘇れ」と誤植になっている。

ジャケットのコスチューム・デザインとスタイリングはゆるめるモ!自身が行っている。


楽曲概説

01. 震えて甦れ
作詞:小林愛
作曲:田家大知・ハシダカズマ
編曲:ハシダカズマ
Guitar&Programming:ハシダカズマ
Guitar:上野翔

「The Dillinger Escape Plan」を意識した楽曲で、変拍子が多用されているハード・コア的なつくりになっている。

「Only You」同様に、フィードバック・マニアである上野翔が参加しているため、ギターによるフィードバックが加えられている。

*The Dillinger Escape Plan(ザ・デリンジャー・エスケイプ・プラン)
アメリカのニュージャージー州モリスで1997年に結成されたハードコアバンド。バンド名の「デリンジャー」は、アメリカの有名な銀行強盗の名前で、ももいろクローバーZの楽曲「Z女戦争」に登場する「ねぇデリンジャー」もこの強盗の名前である。ハード・コア的な演奏の中に、高度な演奏技術を盛り込み、ジャズやエレクトロニカ等の要素を取り入れている。

The Dillinger Escape Plan。

The Dillinger Escape Plan「Panasonic Youth」。

シングルのリリースに先駆けて、レコーディングの様子を編集したティザー映像が作成された。

ミュージック・ヴィデオはおなじみの加藤マニ監督により制作されており、廃工場や電車内、教室などを舞台に、シングルのジャケットにもなった汚れたつなぎを着たゆるめるモ!のメンバーが振付無しで自由に暴れながら歌う、という切迫感のある映像になっている。

廃工場の中のゆるめるモ!。

電車の中のゆるめるモ!。

教室の中のゆるめるモ!。

加藤マニ監督とゆるめるモ!。


これまたケッタイな楽曲を作成してきたなぁ、というのが第一印象。プログレッシヴ・ロック・バンドが変拍子を屈指しながらハード・コアを演奏し、アヴァンギャルドに攻め込んでいる途中で思い出したようにミラー・ボールが回るディスコの雰囲気を挟み込み、情熱的でドラマティックなメロディで決意を歌い上げる、といった風情。「志の墓場」とか「優しい気持ちが弱い気持ちに塗り替えられる」とか「隣で寝ているお嬢さん、どうする?」といった歌詞は、挑発的でもあり狼狽させられる内容でもありながら、力強い決意表明でもある。複雑で歌いこなすのに苦労しそうな楽曲ではあるが、ライヴでの定番曲になっていく。

ゆるめるモ!「孤独と逆襲EP ティザー映像『震えて甦れ』」。
*ティザー映像:30秒前後の短い映像を意味する言葉。商品や作品などのさわりだけを紹介したり、映画でいうことろの「特報」のように、ごく初期に使用される宣伝映像を指す。

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

目次 - Contents