ゆるめるモ!(You'll Melt More!)の徹底解説まとめ

260a3f8b0e3373c60a39aa386da1d446

ゆるめるも!(You'll Melt More!)とは、フリーライターの田家大知がももいろクローバーの「ピンキージョーンズ」に触発されて、「辛い時は逃げてもいいんだよ」をテーマとして自ら街頭でスカウトして集めてきたメンバーで結成された女性アイドル・グループ。名前の由来は「(窮屈な世の中を)ゆるめる」というメッセージと「You'll melt more!(あなたをもっとトロけさせたい)」という2つの意味が込められている。

ドランクモンキー 酔拳:1978年制作の香港映画。主人公は「酔八仙」という門外不出の奥義を伝授されるのだが、この「酔八仙」とは、酒を飲んで酔っ払えば酔っぱらうほどに強くなる、といった拳法。

映画「ドランクモンキー 酔拳」のワン・シーン。

ミュージック・ヴィデオも映画「ドランクモンキー 酔拳」を意識した作りになっている。ヴィデオの中で見事なカンフー・アクションを見せてくれるOL役の女性は武田梨奈氏。また、多くのジャッキー・チェン映画がそうであったように、最後にNGシーンを集めたパートが収録されている。

*武田梨奈(たけだりな):日本の女優、タレント、空手家。琉球少林流空手道月心会黒帯二段。セゾンカードのCMで、頭突きで瓦割を行っていたのが彼女。

46916a3f52fe8f579eaa73730a77a

武田梨奈氏。

セゾンカードCM。

ゆるめるモ!公式ホームページに掲載された、ジャッキー・チェン応援ライター/映画ライターのタァイヤッ南田氏による解説文より。

●「ネバギバ酔拳」MV解説

「ゆるめるモ!×武田梨奈×Project遊~究極の“ジャッキー愛”が生んだコラボ~」

世界を代表するアクションスターとして、日本でも根強い人気を誇るジャッキー・チェン(成龍)。我が国で初めて上映された彼の映画こそ、“酔えば酔うほど強くなる”という不思議な拳法を駆使して闘う『ドランクモンキー 酔拳』(1979年7月日本公開)だ。
ゆるめるモ!(けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの)の新曲『ネバギバ酔拳』は、まさにこの酔拳をモチーフとしている。強敵に敗れ一度は逃げた主人公が、厳しい修行の末に酔拳を身につけ再び闘うという映画の展開が、彼女たちの結成以来のテーマ「辛い時は逃げてもいいんだよ」とリンクしたのである。MVでは酔拳にも挑戦。4人とも絶妙なバランス感覚でダンサブルなアクションを見せている。
またこのMVには、主人公のOL役にアクション女優の武田梨奈をフィーチャー。空手二段の実力者である彼女のキレのある格闘と、その鋭さとは正反対のはにかんだような笑顔。2つの魅力が存分に堪能できる。11月下旬には彼女の格闘シーンをボリュームアップした“アクション版”MVも公開の予定。こちらも楽しみにしていただきたい。
そして『ネバギバ酔拳』MVの鍵を握るのが、武術指導やダンスの振り付けはもちろん、制作全般を担当したアクション集団・Project遊である。ジャッキー・チェンが好き。アクションが好き。この映像には、彼らの一途な想いがこれでもかと言わんばかりに詰め込まれている。『~酔拳』はもちろん、『クレージーモンキー 笑拳』や『プロジェクトA』『ポリス・ストーリー 香港国際警察』『酔拳2』『ベスト・キッド』など、ジャッキー映画の名場面に対するオマージュシーン満載なのがその証拠だ。どのアクションがどの映画からインスパイアされているか、ゆるめるモ!ファンにはこの機会にぜひジャッキーの映画を観てみてもらいたい。
今年は『ドランクモンキー 酔拳』製作40周年に当たる。その記念すべき年に、ゆるめるモ!が新曲『ネバギバ酔拳』を放つ。この“偶然”が、次に何を生み出すのか。今後の彼女たちから目が離せない。

*タァイヤッ南田(たぁいやっ・みなみだ):ジャッキー・チェン応援ライター/映画ライター。1965(昭和40)年生まれ。’79年5月(当時中学2年生)、『ドランクモンキー 酔拳』予告編を観て以来の生粋のファン。『ジャッキー・チェンDVDコレクション』(デアゴスティーニ・ジャパン、2014~16)全66巻でコラム「作品余話」を担当。ムック本『成龍讃歌』(辰巳出版、2017年6月発売)や映画『スキップ・トレース』ブルーレイ特典ブックレット(KADOKAWA、2018年1月発売)等にも執筆多数。2018年4月、香港でジャッキー本人と1年ぶりの再会を果たしている。

ゆるめのラップがいいアクセントになっている、キャッチーでポップ、そしてサビのメロディが素直で口ずさみやすいメロディーになっている楽曲。

ゆるめるモ!「ネバギバ酔拳」。

ゆるめるモ!「ネバギバ酔拳(アクション版)」。

ゆるめるモ!「ネバギバ酔拳(酔え酔えRemix)」(Road To ZEPP W FINAL Movie)。

02. ダリア

作詞:小林愛
作曲:M87
編曲:M87
Guitar & Programming:M87
Bass:YOSHI-AKI
Drum:中畑大樹

前曲に引き続き、中畑大樹氏がドラムスを担当している楽曲。

*YOSHI-AKI(よしあき):日本のロック・バンド「FIVE NEW OLD(ファイヴニューオールド)」の元メンバー。2017年に脱退後、現在はアパレル・ブランド「FORESHADOW」を立ち上げている。

Hnp4661 1272x846

FIVE NEW OLD。向かって左がYOSHI-AKI氏。

FIVE NEW OLD「Ghost In My Place」。

ミュージック・ヴィデオの監督はお馴染の加藤マニ氏。ゆるめるモ!のメンバーがゾンビに扮して、ゾンビに変化してしまう前の自分達のヴィデオを鑑賞したり、フォード・サンダーバードで深夜のドライヴをする、といった内容になっている。

ミドル・テンポのロック・チューン。「強くなれ 強くなりたいんだ もっと強くなれる」という歌詞が印象的。ミュージック・ヴィデオはちょっと切なく感傷的な気持ちにさせられる作りになっている。

ゆるめるモ!「ダリア」。

03. 命あってのものだね
作詞:田家大知
作曲:田家大知・安原兵衛
編曲:田家大知・安原兵衛
All Instruments:安原兵衛
Cello:四家卯大

使用したゆるめるモ!初となるチェロ使用の楽曲。

*四家卯大(しかうだい):日本のチェロ奏者。1988年から1991年まで新日本フィルハーモニー交響楽団に在籍。その後、日本のポップス・バンド「BREW-BREW」に参加したり、「back number」「My Little lover」「スガシカオ」「Mr.Children」等、多くのアーティストのレコーディングに参加している。

Maxresdefault

四家卯大氏。

「私へ」のミュージック・ヴィデオを監督した中野舞子氏が、本楽曲のミュージック・ヴィデオも監督をしており、ゆるめるモ!は宇宙からやってきた生物、という役柄を演じている。

アップ・テンポのポップ・チューン。「オエオエ!」という掛け声がキュート。「君の笑顔がもっと見たい 君の命がもっと見たい」と歌われる応援歌になっている。チェロはソロを取ったりする訳ではないが、バックの演奏をしっかりと支える存在感のある演奏になっている。

ゆるめるモ!「命あってのものだね」。

11月21日:Welcome To YO(u)NAP! World

71pbnt3vhkl. sl1280

Welcome To YO(u)NAP! World
名義:ようなぴ
参加メンバー:ようなぴ
発売日:2018年11月21日
レーベル:You'll Records
規格:マキシシングル

収録曲
01. Welcome To YO(u)NAP! World
02. ぱっぱらっぱ
03. さんぴゅー
04. Hello,See You

2015年11月9日リリースの「Return To My Innocence」以来、約3年ぶりとなるようなぴのセカンド・ソロ・シングル。

作品のプロデュース、、全楽曲の作詞(共作を含む)、ジャケットや歌詞カードを含むアート・ディレクション、アート・デザイン、イラストレーション、コスチューム・デザインをようなぴ自身が手掛けている。

ようなぴ「『Welcom To YO(u)NAP! World』トレーラー」。


楽曲概説

01. Welcome To YO(u)NAP! World
作詞:ようなぴ
作曲:RAM RIDER
編曲:RAM RIDER

RAM RIDER作編曲によるメルヘンチックなエレクトリック・ポップ・チューン。

*RAM RIDER(ラムライダー):日本の音楽家、リミキサー、DJ。浜崎あゆみ、m-flo、V6、Negicco等の作品に参加している。

Ramrider 201809

RAM RIDER氏。

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

目次 - Contents