ゆるめるモ!(You'll Melt More!)の徹底解説まとめ

260a3f8b0e3373c60a39aa386da1d446

ゆるめるも!(You'll Melt More!)とは、フリーライターの田家大知がももいろクローバーの「ピンキージョーンズ」に触発されて、「辛い時は逃げてもいいんだよ」をテーマとして自ら街頭でスカウトして集めてきたメンバーで結成された女性アイドル・グループ。名前の由来は「(窮屈な世の中を)ゆるめる」というメッセージと「You'll melt more!(あなたをもっとトロけさせたい)」という2つの意味が込められている。

ゆるめるモ!「おこらないで」。

02 やすもう
作詞:田家大知・小林愛
作曲:田家大知
編曲:田家大知・安原兵衛
All Instruments:安原兵衛
Bass:高間有一
Whistle & Tambourine:しふぉん

こちらはモロにマンチェスター・サウンドを意識した楽曲で、ダンサブルでパーカッシブな中にサイケデリックな風味がまぶされている。

クレジットの「whistle:しふぉん」とは口笛のこと。

*高間有一:1990年代終盤に活動していた「Jack & Betty」というロック・バンドのベーシスト。現在はポルノグラフィティ等のサポート・ベーシストとして活躍している。

Dtfyiwoucaaabom

ポルノグラフィティと映る高間有一氏(向かって左から2番目)。


ダンサブルで少々サイケデリック、ダークな雰囲気も併せ持つ楽曲。歌詞はゆるめるモ!らしく、切実な現状に対して、寄り添ってくれる内容となっている。

ゆるめるモ!「やすもう」。

03. フリースタイル全部
作詞:田家大知・DOTAMA
作曲:田家大知
編曲:田家大知・安原兵衛
All Instruments:安原兵衛
Scratch:DJ YU-TA

2014年1月22日リリースの「箱めるモ!」に収録されていた「木曜アティチュード」の作詞を担当したのが、日本のヒップ・ホップ・アーティスト「DOTAMA」であり、今回は約4年4ヶ月ぶりのゆるめるモ!作品への参加となる。またコラボは初。

Dotama 1 700x394

DOTAMA氏。

DOTAMA「悪役」。


ゆったりとしたヒップホップ・スタイルの楽曲。「おこらないで」や「やすもう」とは異なり、聴いた瞬間にグイっと楽曲に惹きつけられるようなタイプではなく、何度も何度も聴きこむうちにどんどんとその魅力にはまっていく、といったタイプ。名曲。

ゆるめるモ!「フリースタイル全部」。

5月9日:音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND〜ゆるベスト!〜 通常盤

81tefu28odl. sl1500

音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND ~ゆるベスト!~ 通常盤
名義:ゆるめるモ!
参加メンバー:けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの
発売日:2018年5月9日
レーベル:You'll Records
規格:アルバム

収録曲
DISC1 命のベスト (LIFE BEST)
01. ゆるトロ (slo-モ!)
02. ゆるめるモん
03. 花のドイリー
04. 逃げない!!
05. 1!2!かんふー!
06. モイモイ
07. うんめー
08. 9月の海はクラゲの海
09. サマーボカン
10. なつ おん ぶる ー
11. 生きろ!!
12. 逃げろ!!
13. ナイトハイキング
14. 夢なんて
15. 永遠の瞬間
16. 私の話、これでおしまい
17. 私へ
18. さよならばかちゃん

DISC2 炎のベスト (FIRE BEST)
01. 歩くの遅い犬
02. id アイドル
03. 虎よ
04. Hamidasumo!
05. NEW WAVE STAR
06. ミュージック 3、4 分で終わっちまうよね
07. もっとも美しいもの
08. 00 (ラブ)
09. SWEET ESCAPE
10. 震えて甦れ
11. スキヤキ
12. たびのしたく
13. Only You
14. 人間は少し不真面目

ゆるめるモ!初のベスト・アルバムで、公式サイトで募集したファン投票を反映させた内容になっている。

2枚組になっており、Disc 1 は「命のベスト(LIFE BEST)」として、主にアイドルらしい楽曲が、Disc 2 は「炎のベスト(FIRE BEST)」として、主にロック・テイストに溢れた楽曲が集められている。

現行の4人(けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの)体制になる前にレコーディングされた楽曲は、今回この4人によって新たにレコーディングし直されている。

通常盤と、DVD付きの初回限定盤がリリースされており、本作は通常盤となる。

2018年2月15日、公式サイトで募集したファン投票による人気楽曲の途中結果、及びメンバー投票予想より。

1位 逃げろ!!
2位 idアイドル
3位 ミュージック3、4分で終わっちまうよね
4位 逃げない!!
5位 スキヤキ

【メンバー投票予想】

しふぉん
1位 逃げろ!!
2位 なつ おん ぶる ー
3位 私へ
4位 人間は少し不真面目
5位 私の話、これでおしまい

ようなぴ
1位 逃げろ!!
2位 ミュージック 3、4分で終わっちまうよね
3位 Only You
4位 idアイドル
5位 なつ おん ぶる ー

けちょん
1位 逃げろ!!
2位 manual of 東京 girl 現代史
3位 スキヤキ
4位 idアイドル
5位 ゆるめるモん

あの
1位 眠たいCITY vs 読書日記
2位 逃げろ!!
3位 私へ
4位 スキヤキ
5位 花のドイリー

ゆるめるモ!「ゆるめるモ!75曲予習復習高速ダイジェスト」。

2018年4月11日、公式サイトで募集したファン投票による人気楽曲ベスト15の最終結果。

1位 逃げろ!!
2位 id アイドル
3位 ミュージック 3、4分で終わっちまうよね
4位 逃げない!!
5位 スキヤキ
6位 うんめー
7位 虎よ
8位 夢なんて
9位 Only You
10位 ナイトハイキング
11位 サマーボカン
12位 生きろ!!
13位 さよならばかちゃん
14位 1!2!かんふー!
15位 なつ おん ぶる ー

本作リリース後、歌詞カードに誤植が発覚し公式サイトにお詫びの記事が掲載された。

公式サイトに掲載されたお詫びの記事からの抜粋。

更新日:2018.05.23

『音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND?ゆるベスト!?』歌詞カードにおける誤植のお詫び
この度は弊社商品をご購入いただきまして誠にありがとうございます。

『 音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND?ゆるベスト!? 』歌詞カードに誤植がございました。
謹んで訂正いたしますとともに、お客様及び関係者の皆様にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

【該当箇所】
・命のベスト(LIFE BEST)より『サマーボカン』クレジット表記追加
作詞:田家大知・小林愛 作曲:田家大知・ハシダカズマ(箱庭の室内楽) 編曲:ハシダカズマ(箱庭の室内楽) Guitar&Programing:ハシダカズマ(箱庭の室内楽) Bass:右田眞(nenem,ayutthaya)

・命のベスト(LIFE BEST)より『生きろ!!』曲名・一部歌詞追加
『生きろ!!』

生きろ 生きろ 生きてみよ すべての息吹が
生きろ 生きろ 生きてみよ 私に語りだす
君は 根付かずずっと いいね これからもっと
いつも 歩きまわって どこでも行けるだろう

上記の通り訂正させていただくとともに、謹んでお詫び申し上げます。
また、HPやツイッター等でご指摘頂いた皆様に御礼申し上げます。
このような事態が再び発生しないよう管理体制の強化に努めて参ります。
今後ともゆるめるモ!に温かいご声援を何卒宜しくお願い申し上げます。

ベスト・アルバムにありがちな「何でこの曲が収録されていないんだ」という問題は、このアルバムにも実はあるのだが、それはまぁ致し方のないことなのだろう。それにしてもここに収録された楽曲群を聴いていると、本当にゆるめるモ!には名曲が多いなぁ、と実感できる。
賛否が分かれそうなのは、現行4人のメンバーによるレコーディングのし直し、という手法。「ゆるめるモ!」のベストということであれば、ゆみこーん、もね、のんちゃん、ゆいざらす、ちーぼう、といった卒業していったメンバーの声も残すべきではなかったか、という意見もあるだろう。4人による再レコーディングによって、新たに生まれ変わったような楽曲もあり新鮮味に溢れてはいるのだが、今まで聴いてきた声が聴こえてこない、という一抹の寂しさも正直言ってある。
アイドル系のベスト作品には、現行メンバーによる再録音ということが結構行われている。新しいファンには、それで問題はないのかも知れないが、古くからのファンにとっては、卒業していったメンバーが存在しなかったことにされてしまっているように感じる人もいるのではないだろうか。もちろんそのような意図は制作側にはないと確信しているのだが……。こういう手法はやはり功罪があるだろうし、意見は分かれると思われる。


楽曲概説

DISC1 命のベスト (LIFE BEST)

01. ゆるトロ (slo-モ!)
作詞:松坂康司
作曲:松坂康司
編曲:松坂康司
Programming:松坂康司

「NEW ESCAPE UNDERGROUND」に収録されていた楽曲。

オリジナルは、けちょん、ゆみこーん、もね、のんちゃん(Guest Vocal)での録音。
今回はけちょん、しふぉん、ようなぴ、あのによる新録音だが、殆どインスト的な楽曲なので、それ程の変化はない。しいて言えば、今回の「モ!モ!モ!モ!」の掛け声の方が元気が良い。

02. ゆるめるモん
作詞:小林愛
作曲:田家大知
編曲:Tamptin
Guitar&Programming:Tamptin

「HELLO WORLD EP」及び「Unforgettable Final Odyssey」に収録されていた楽曲。

「HELLO WORLD EP」の時は、けちょん、のんちゃん、ゆみこーん、もねでの録音。
「Unforgettable Final Odyssey」リリースの際に:けちょん、ゆみこーん、もね、しふぉん、ようなぴ、ゆいざらす、あの、ちーぼうで新たに録音されている。
そして今回のベスト盤ではけちょん、しふぉん、ようなぴ、あので再度録音されている。

たどたどしさが残っていたオリジナルとは異なり、経験を積んできた実績がはっきりと発揮された歌唱になっている。

03. 花のドイリー
作詞:小林愛
作曲:Tamptin
編曲:Tamptin
Programming:Tamptin

「NEW ESCAPE UNDERGROUND」に収録されていた楽曲。

オリジナルは、けちょん、ゆみこーん、もねでの録音。
今回はけちょん、しふぉん、ようなぴ、あのによる新録音。

「ゆるめるモん」同様、最初期の楽曲なので、歌唱の違いが大きく出ている楽曲になっている。

A sha

04. 逃げない!!
作詞:小林愛
作曲:M87
編曲:M87
Guitar&Programming:M87

「YOUTOPIA」に収録されていた楽曲。

ゆるめるモ!ベストアルバム ファン投票結果 第4位。

楽曲概説等に関しては、2017年11月29日リリースの「YOUTOPIA」を参照のこと。

05. 1!2!かんふー!
作詞:田家大知・小林愛
作曲:田家大知・松坂康司
編曲:松坂康司
Programming:松坂康司

「Hamidasumo! 各種初回限定盤」及び「YOU ARE THE WORLD」に収録されていた楽曲。

ゆるめるモ!ベストアルバム ファン投票結果 第14位。

オリジナルは、けちょん、もね、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼうでの録音。
今回はけちょん、しふぉん、ようなぴ、あのによる新録音。

こちらも歌唱がオリジナルよりも充実してはいるが、声のヴァリエーションが減っているため、若干の寂しさは感じてしまう。もねの特徴のある歌声や、ちーぼうの童顔に似合わない割としっかりした歌声を懐かしむ古いファンも出てくるかもしれない。

06. モイモイ
作詞:小林愛
作曲:ハシダカズマ
編曲:ハシダカズマ
Guitar&Bass&Programming:ハシダカズマ

「ディスコサイケデリカ」及び「YOUTOPIA」に収録されていた楽曲。

楽曲概説等に関しては、2017年6月28日リリースの「ディスコサイケデリカ」を参照のこと。

Maxresdefault

07. うんめー
作詞:大森靖子
作曲:大森靖子
編曲:ハシダカズマ
Guitar&Bass&Programming:ハシダカズマ

「ディスコサイケデリカ」及び「YOUTOPIA」に収録されていた楽曲。

ゆるめるモ!ベストアルバム ファン投票結果 第6位。

楽曲概説等に関しては、2017年6月28日リリースの「ディスコサイケデリカ」を参照のこと。

08. 9月の海はクラゲの海
作詞:サエキけんぞう
作曲:岡田徹
編曲:ハシダカズマ
Electric Guitar, Programming:ハシダカズマ

「BRIGHT YOUNG MOONLIT KNIGHTS -We Can't Live Without a Rose- MOONRIDERS TRIBUTE ALBUM」に収録されていた楽曲。

楽曲概説等に関しては、2016年12月21日リリースの「BRIGHT YOUNG MOONLIT KNIGHTS -We Can't Live Without a Rose- MOONRIDERS TRIBUTE ALBUML」を参照のこと。

09. サマーボカン
作詞:田家大知・小林愛
作曲:田家大知・ハシダカズマ
編曲:ハシダカズマ
Guitar&Programming:ハシダカズマ
Bass:右田眞

「WE ARE A ROCK FESTIVAL」に収録されていた楽曲。

ゆるめるモ!ベストアルバム ファン投票結果 第11位。

楽曲概説等に関しては、2016年7月13日リリースの「WE ARE A ROCK FESTIVAL」を参照のこと。

Img 6110

10. なつ おん ぶる ー
作詞:小林愛
作曲:Tamptin
編曲:Tamptin
Guitar&Programming:Tamptin

「HELLO WORLD EP」及び「Unforgettable Final Odyssey」に収録されていた楽曲。

ゆるめるモ!ベストアルバム ファン投票結果 第15位。

「HELLO WORLD EP」の時は、けちょん、のんちゃん、ゆみこーん、もねでの録音。
「Unforgettable Final Odyssey」リリースの際に:けちょん、ゆみこーん、もね、しふぉん、ようなぴ、ゆいざらす、あの、ちーぼうで新たに録音されている。
そして今回のベスト盤ではけちょん、しふぉん、ようなぴ、あので再度録音されている。

2018年11月30日にミュージック・ヴィデオが公開されたが、これは、同年5月に行われたワークショップ「モ!立ゆるめる学校 情報編」において、ファンが制作したヴァーチャル・リアリティの映像を使用されている。監督はおなじみの加藤マニ氏。ここで使われたのはこの4人体制でレコーディングし直された本作収録のヴァージョン。

ゆるめるモ!「なつ おん ぶる ー」。

11. 生きろ!!
作詞:小林愛
作曲:松坂康司
編曲:松坂康司
Programming:松坂康司
Guitar:藤井健太郎

「Electric Sukiyaki Girls」及び「Unforgettable Final Odyssey」に収録されていた楽曲。

ゆるめるモ!ベストアルバム ファン投票結果 第12位。

オリジナルは、けちょん、ゆみこーん、もね、しふぉん、ようなぴ、ゆいざらす、あの、ちーぼうでの録音。
今回はけちょん、しふぉん、ようなぴ、あのによる新録音。

単純計算で、声のヴァリエーションが半分になっているヴァージョン。もちろんそれによっての物足りなさは全く感じないし、半減した分を補うのに十分な実力を現体制の4人のメンバーは持っている。だから、あまりこの新録音云々を話題にすること自体がナンセンスなのだろう。

12. 逃げろ!!
作詞:小林愛
作曲:松坂康司
編曲:松坂康司
Programming:松坂康司

「NEW ESCAPE UNDERGROUND」「Unforgettable Final Odyssey」及び配信限定シングル「アントニオ」に収録されていた楽曲。

ゆるめるモ!ベストアルバム ファン投票結果 第1位。

本作で4度目の録音となる。
オリジナルとなる「NEW ESCAPE UNDERGROUND」は、けちょん、ゆみこーん、もね、のんちゃん(Guest Vocal)での録音。
「Unforgettable Final Odyssey」では、けちょん、ゆみこーん、もね、しふぉん、ようなぴ、ゆいざらす、あの、ちーぼうの録音。
配信限定シングル「アントニオ」では、けちょん、もね、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう。
そして今回はけちょん、しふぉん、ようなぴ、あの。
つまり最初期の4人体制、続く8人体制、6人体制、そして現行の4人体制、と全ての体制時において録音し直されている唯一の楽曲となる。
ゆるめるモ!にとっての代表曲であり、最重要曲であり、ファン投票第1位の曲である所以だろう。

Dju0lytvaae8lq6
yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

目次 - Contents