宇宙戦艦ヤマト2199(アニメ・映画)のネタバレ解説まとめ

『宇宙戦艦ヤマト2199』とは日本を代表するアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリブート作品。後に総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』及び、劇場版オリジナル『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が公開された。
西暦2199年、謎の異星人ガミラスの侵略により滅亡の危機に瀕した地球を救うべく、宇宙戦艦ヤマトが16万8000光年の彼方にあるイスカンダルへ旅立つ。タイムリミットはわずか一年。これは艦長である沖田十三を筆頭にしたヤマト乗組員999名の奮闘を描く物語である。

ゲック

ガミラス側の時間単位。劇中の表現では地球側における「秒」に該当するものと思われる(第8話等)。

空間航跡(くうかんこうせき)

宇宙船が通過した後に残る残留物質。敵艦の追跡の際、その物質の流れをトレースすることで敵の航路を割り出せる。

O.M.C.S(オムシス)

「Organic Material Cycle System(オーガニック・マテリアル・サイクル・システム)」の略称。ヤマトの食料生産を司る重要なシステム。原材料に関しては第4話における真田のセリフにあるように「知らない方が幸せ」かもしれない。なお、食品の他酒も作ることが出来る旨を真琴が言及している(第2話)。但し故障すると一気に食生活が貧相になる。

マーズノイド

火星へ入植した地球人居住者の中で、火星現地で出生した者を指す。元を正せば地球人なので地球出身者との差異はあまり無いが、目の光彩が赤系の色をしているのが主な特徴。第二次内惑星戦争に敗れた末地球へ強制移住させられた経緯があるが、それから月日を経た対ガミラス戦役時点では地球出身者との軋轢の類は劇中で描写されている限り一切見られない。

遊星爆弾症候群(ゆうせいばくだんしょうこうぐん)

沖田艦長が掛かっている病気。治療法も未だに発見されておらず、遊星爆弾由来の病気である事は解っているものの、根本的原因は一切不明。免疫力の低下に伴う各種疾病の併発という厄介な症状が出てくる。現状においてこの病気が発症した場合、100%助からない。

太陽系赤道祭(たいようけいせきどうさい)

旧作におけるフェアウェルパーティー。ヤマトがヘリオポーズを通過する際、艦内で催された祭り。
沖田曰く「かつて大海原を行く船は、赤道を越える際、航海の無事を祈って『赤道祭』を行った」という故事に倣い催された。祭りの最中、希望者は1人につき3分間、地球に残してきた家族との通信を許可された(ただし、甲板部を中心に一部乗組員は直前のメ2号作戦での損傷箇所復旧が優先されていたため、通信が出来なかった)。また、仮装して通路を走る女子乗組員の一団がいた他、一部女性乗組員も仮装していたため「赤道祭は伝統的に仮装」という太田の冗談が既成事実化したことが窺える。

YRAラジオヤマト(わいあーるえーラジオヤマト)

太陽系赤道祭の折に開設された艦内ラジオ放送。DJは提案者でもある岬百合亜。また百合亜がユリーシャに憑依されている間は休止されていた(第15話において相原がその辺に関して百合亜に問いかけている)。

開かずの間の幽霊(あかずのまのゆうれい)

ヤマト艦内で噂されている、自動航法室(通称:開かずの間)に現れるという女性の幽霊。目撃した航海科の林いわく「森さんにそっくり」だったと言われており、一時期ヤマト艦内中その噂でもちっきりだった。自動航法室の前のみならずヤマト艦内ネットワークに接続したオルタの前に現れたり、霊媒体質である百合亜の夢の中にまで現れるなど、ヤマト艦内の物事に度々干渉している。その正体はユリーシャの精神体であり、航海途中で覚醒し百合亜に憑依、周囲を混乱させている。
七色星団海戦後ユリーシャ当人の肉体が覚醒した事により騒動は終結を見た。
また、復路においては国連宇宙軍の制服を着た男の幽霊が艦内の随所で目撃される様になり、二度目の騒動に発展した。その正体とはコスモリバースシステムの起動パルスとなった古代守の思念である。

ソードスリー

第18話においてバラン偵察任務時に篠原が使用したコールサイン。元々は343航空団第4偵察飛行隊所属の山本明生が使用していたコールサインであり、訓練生時代に飛ぶ姿を見た篠原はその美しさに憧れていた。
なお、篠原はそのパイロットが誰であったかを知らず、偵察から帰還してから、それが明生であったことを妹の玲から教えられた。

コスモリバースシステム

惑星規模の汚染を浄化し、死に瀕した惑星を再生回復させることができるシステム。
ただし、その実体は、生命を宿した星に時空を超越した波動として存在している、その星の物質、及び生命の進化の記憶を封じこめたエレメントを触媒として、惑星の記憶を解放させ、その力で惑星環境を回復再生させるというもの。システム自体はそのエレメントがイスカンダルまで来なければ完成出来ない、それ故に地球へ直接送り届けることができなかった旨をスターシャも言及している(第24話)。
そのエレメントとは文字通りヤマトそのものであり、波動砲を封印した上で、波動砲制御室にシステム中枢が設置され、ヤマトそのものがコスモリバースシステムに改造された。またエレメントとは別に、エレメントと同じ星の出身である生命体の記憶と思念で構築された思念体である”核”の存在も必要不可欠である。
これを地球に持ち帰ることがヤマト計画の最終目的となっている。

ガミラスフォーミング

ガミラスによる惑星環境改造。遊星爆弾による爆撃後、バラ撒かれたガミラス由来の植物が有毒胞子を吐き出し、繁殖範囲を広げながら大気を改造していくと同時に土壌をも汚染していく惑星改造手段である。物語開始時点では既に冥王星へ施されており、地球へも現在進行系で施されている最中である。これにより、地球人類のみならず、地球に住まう総ての生命が絶滅の危機に瀕している。ただし、このガミラスフォーミングに関してはあくまで地球側の推測に過ぎず、実際にはガミラス人が生活する環境は地球人とほとんど変わらないと言われている。

ガトランティス

大帝と呼ばれる存在を頂点とする部族国家で、小マゼラン銀河外縁部に度々侵入を繰り返してガミラスと衝突しており、小競り合いが絶えない。ガミラスからは「蛮族」と呼ばれている。ガトランティス人の肌の色は『さらば』『2』同様緑色であり、ガミラス語とは異なる独自の言語を話す。なお、母星の位置や存在などは不明とされている。

680atx
680atx
@680atx

目次 - Contents