宇宙戦艦ヤマト2199(アニメ・映画)のネタバレ解説まとめ

『宇宙戦艦ヤマト2199』とは日本を代表するアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリブート作品。後に総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』及び、劇場版オリジナル『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が公開された。
西暦2199年、謎の異星人ガミラスの侵略により滅亡の危機に瀕した地球を救うべく、宇宙戦艦ヤマトが16万8000光年の彼方にあるイスカンダルへ旅立つ。タイムリミットはわずか一年。これは艦長である沖田十三を筆頭にしたヤマト乗組員999名の奮闘を描く物語である。

CV:菊本 平
機関科員。宙曹(等級は不明)。
第2話から第16話まで登場。崎山や薮と共にイズモ計画派に同調しビーメラに立ち寄った際の反乱に加担、徳川と山崎の身柄確保を行った(第16話)。その後の描写は無く、消息不明(なお、第26話にて死傷者リストに彼の名前が載っていた描写がある)。また15話に於いて平田に対し食事に関する不満を訴えていた。

崎山 克典(さきやま かつのり)

CV:茂木 たかまさ
機関科員。宙曹(等級は不明)。
第2話から第16話まで登場。薫の意向を受けた藪による勧誘の結果、早乙女と共にイズモ計画派に同調、反乱に加担した。その際早乙女や藪共々徳川及び山崎の身柄拘束を行っている(第16話)。反乱鎮圧後に関しては何ら詳しい描写もなく、第26話に於いて死傷者戦没者リストに彼の名前が載っていた事のみが示された。

吉田 充(よしだ みつる)

出典: guide.game-maniax.com

CV:河西 健吾
機関科所属機関科員、階級は宙曹(等級は不明)。年齢不明。
第2話から登場。メ2号作戦の最中、薮がイスカンダルまで行けるかどうか疑問視した際には早乙女と目を合わせている(第6話)。

嘉茂 君彦(かも きみひこ)

出典: guide.game-maniax.com

CV:寸石和弘
機関科所属機関科員、階級は宙曹(等級は不明)。年齢不明。
第2話より登場。当初はモブキャラの扱いだったが、ストーリー後半から出番が増えている。

ヤマト乗組員・衛生科

佐渡 酒造(さど さけぞう)

出典: 0taku.livedoor.biz

CV:千葉 繁
衛生科衛生長である医官、階級としては二佐相当官(軍属)、新潟県出身の54歳。

第1話から登場。基本的に艦内の衛生管理や乗組員の体調管理を担う医師で、内科的処方から外科的処置まで何でもこなす万能の名医。また無類の大酒豪で、特別純米清酒「美伊」という酒をまるで飲料水の様に度々愛飲している。
また、沖田の主治医を務めており、土方の依頼を受諾してヤマトへ乗艦する(いずれも劇中明言されてはいないものの、沖田もそれを条件にイスカンダル行きを認められた経緯がある)。冒頭に愛猫のミーくんも登場するが、地球に残され佐渡のアパートの大家に預けられている。

原田 真琴(はらだ まこと)

出典: otanews.livedoor.biz

CV:佐藤 利奈
衛生科衛生士、階級は二等宙曹相当軍属。秋田県出身の21歳。
非番時などではオッチョコチョイなところもあったり太田の口車に乗せられたりする事もあるが、衛生士としての能力は佐渡のお墨付き、職務への使命感は人一倍強い。第4話においては負傷した敵兵にさえ治療を施そうとする(直後ガミロイドである事が判明するが)。
エンケラドゥスでの一件以降航空隊隊長である加藤と接近、銀河系を離脱する頃には親しい関係となっていた(第15話)。そして地球帰還直前には彼の子供を身籠り、古代の提案で加藤との結婚式を挙げる事となる(第26話)。

笠原 真希(かさはら まき)

出典: guide.game-maniax.com

CV:本多真梨子
衛生科衛生士、階級は宙曹相当士(軍属)。年齢不明。
第6話から登場。なお、最終話(第26話)では真琴のウエディングドレスの試着の着付けを手伝っている。

ヤマト乗組員・航空隊

山本 玲(やまもと あきら)

出典: yaraon-blog.com

CV:田中 理恵
主計科→戦術科航空隊所属の三等宙尉。年齢は19歳。

火星アルカディアシティ出身、第2話から登場。火星移民3世であり、火星生まれ(マーズノイド)の身体的特徴である紅瞳を持つ。兄である明生の形見のペンダントを常に首から下げている。パイロットとして戦死した兄と同じ航空隊を志願してはいたが、兄の死に引きずられる精神的危うさを感じた加藤の反対により、当初は主計科に配属された(第2話において加藤から主計科配属を聞いた後、自ら銀色のロングヘアーを切り、現在のショートヘアーにした経緯がある)。しかし第4話において、エンケラドゥスでの戦闘に乗じ、無断でコスモゼロを借用の上で出撃し、鮮やかに戦車を撃破するところを見た古代に技量を認められ、漸く航空隊への転属を果たす(第5話)。

兄を含め、家族全員をガミラスの攻撃で喪ったため天涯孤独という身の上ゆえ、ガミラスには人一倍強い敵愾心を抱いていたが、ヤマトに成り行きで乗艦することになってしまったメルダと戦闘機同士による決闘を行った際、エンジントラブルで機体を失い宇宙に漂流しているところを敵であるはずのメルダに救われたことにより気持ちに区切りをつける。

古代に対しては自分の腕を認めてくれた上官であり、その上自分と同じく家族を喪った天涯孤独という境遇に対する共感から特別な想いを抱いてはいたが、気持ちを打ち明けることが出来ない上に、古代と雪の両想いが明らかになって以降は自身の気持ちに何とか整理をつけ、死の淵から生還した雪を伴い第一艦橋に現れた古代を祝福している(第26話)。

なお、スピンオフ作品である漫画『緋眼のエース』においては主人公として抜擢され、今や2199を代表する人気キャラクターとなった。

加藤 三郎(かとう さぶろう)

680atx
680atx
@680atx

目次 - Contents