宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』とは日本にSFブームを巻き起こす先端となった『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品にあたる『宇宙戦艦ヤマト 2199』の続編である。
時に西暦2202年、宇宙戦艦ヤマトの活躍により青い姿を取り戻した地球はガミラスと平和条約を結び、復興の一途を辿っていた。そんな中、戦力増強に舵を切る地球連邦軍に不満を抱いていた旧ヤマト乗組員たちに女神テレサからのメッセージが届く。今再び、全宇宙の命運をかけてヤマトは旅立とうとしていた。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の概要

『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』は2017年より放送されたSFアニメーション。この作品は2012年~2014年に渡り放映された『宇宙戦艦ヤマト 2199』の続編にあたる作品であり、完全新作アニメーションとして公開された。

時に西暦2202年、宇宙戦艦ヤマトの活躍により青い姿を取り戻した地球はガミラスと平和条約を結び復興の一途を辿っていた。そんな中、戦力増強に舵を切る地球連邦軍に不満を抱いていた旧ヤマト乗組員たちに女神テレサからのメッセージが届く。今、地球の運命は大きく動こうとしていた。

監督は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義、シリーズ構成・脚本に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏を起用。 ヤマトシリーズの顔とも言える音楽は旧シリーズの音楽担当であった(故)宮川泰とその実子である宮川彬良が担当している。モチーフとなるのは、1978年に公開され、日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(以降『さらば』と略)。 その壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に甦らせるというコンセプトで作成された。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』のあらすじ・ストーリー

第一章「嚆矢篇」

改装中のヤマト
宇宙戦艦ヤマト2202 第一章参照

時に西暦2022年、ヤマトがイスカンダルから持ち帰った「コスモリバースシステム(旧名:コスモクリーナー)」によって元の青い姿を取り戻した地球は、敵国であったガミラスと同盟を結び復興の一途を辿っていた。そんな地球政府の推し進める「波動砲艦隊構想」に対し、旧ヤマト艦長の沖田十三がイスカンダルと交わした"波動エネルギーの平和利用"という約束を知るヤマト乗組員たちは疑念を抱く。
一方宇宙では大帝ズォーダーが率いるガトランティス帝国と地球・ガミラス連合軍との戦争が起きていた。古代と真田の協力によって地球の窮地を救った旧ヤマト乗組員たちへ、様々な星で伝説として伝わる存在"テレサ"からコスモウェーブによる死んでいった親しい人間の幻想という形でメッセージが送られる。彼らに再び選択の時が迫っていた。

第二章「発進篇」

地球を出立するヤマト
宇宙戦艦ヤマト第二章より

初代ヤマト艦長であった沖田とイスカンダルの女王スターシャとの"波動エネルギーの平和利用"という約束を受け継ぐ古代は旧ヤマト乗組員を代表して、ガミラスの将校キーマンの招待に従い月面大使館のバレル大使と面会を果たす。古代はそこで文明の頂点を極めたとされるテレザート星と全ての平安を願い続ける女神テレサの物語を聞き、自分たちに向けられたメッセージの意味を知った。地球に戻った古代はキーマンに連れられて「コスモリバースシステム」が生み出した時間が十分の一で進む世界 "時間断層" とそこで建造される波動砲艦隊の存在を目撃することとなる。テレサのメッセージに応えようとするも発進の許可を得ることができなかった旧ヤマト乗組員は改めて地球連邦軍の方針に疑問を抱き、反逆を覚悟でテレザートへ出航するのだった。
最新鋭戦艦アンドロメダなど地球連邦軍の追撃を掻い潜ったヤマトはガミラスの政治的な働きかけを受けて正式に航海を認められる。一方そのころ、太陽圏に侵攻したガトランティス先遣部隊によって第十一番惑星で大規模な戦闘が起こっていた。SOSを伝えるために脱出してきた空間奇兵隊の永倉を回収したヤマトはその求めに応じて十一番惑星への救出作戦を実行する。

第三章「純愛篇」

惑星シュトラバーぜにて、雪を救出した古代
宇宙戦艦ヤマト2202 第三章参照

十一番惑星でガトランティスの攻撃を間一髪で凌いだヤマトの頭上に、おびただしい数のガトランティス増援艦隊が到着する。十一番惑星で生存が確認されていた土方や空間奇兵隊の斎藤、民間人の桂木を収容したヤマトは人工太陽を破壊することで危機を脱しガトランティス艦隊を殲滅することなくテレザートへ向けて発進した。一方で沖田の約束と波動砲を使わざるを得ないという葛藤に苦心した古代を見かね、他の船員たちに匿われていた婚約者の雪が姿を表す。
民間人を地球へ護送するため、ガミラス艦と合流を図ったヤマトはガミラス革命軍との戦闘に巻き込まれた。その間、宇宙全体に人型文明の種を蒔いたとされる古代アケーリアス文明の遺跡でズォーダーとの対面を果たした古代は地球に接近している白色彗星がガトランティスの母星であると知る。地球防衛軍からはテレザート星の捜索続行の指示を受け、ヤマトは再度テレザートへの航路についた。

第四章「天命篇」

テレザートに上陸するヤマト
宇宙戦艦ヤマト2202 第四章参照

ヤマトと戦うため、ガトランティスに身を置いていたガミラスの旧総統デスラーが動き出した。ガトランティス人のミルとヤマトのスパイとして潜り込んでいたシファル・サーベラーこと桂木透子によるコスモウェーブを利用して一方的に攻勢を続けるデスラーであったが、彼の真の目的はヤマトの撃破ではなくガトランティスとの交渉にあった。
デスラーの猛攻から逃れたヤマトはガトランティスの母星である白色彗星との遭遇戦を乗り越えテレザートへの上陸作戦を開始する。テレザートの守備を務めるゴーランド艦隊の攻撃によって窮地に陥ったヤマトはテレザート上陸作戦を成功させるため、波動砲を使用する覚悟を決めこれを撃破。さらには空間騎兵隊隊長、斎藤の活躍によって地上のザバイバル陸戦師団をも倒し、ついにテレザートの女神テレサとの邂逅を果たした。

第五章「煉獄篇」

惑星ゼムリアに沈むヤマト
宇宙戦艦ヤマト2202 第五章参照

伝説の惑星テレザートへと到達したヤマトを待っていたのは、女神テレサだけではなかった。ガミラス本星におけるヤマトとの戦闘で"自国の民を手に掛けようとした男"と揶揄されるデスラーであったが、その実は反乱した軍の粛清とイスカンダルを救うための行動であったこと、ガミラス星の星としての寿命が残りわずかであったことが語られる。デスラーの真の目的は大帝ズォーダーの欲すテレサを交渉材料にガミラス民族が移民可能な惑星を発見または創造することにあった。
デスラーの無事を知ったキーマンは自身の本当の名がランハルト・デスラー(総統デスラーの甥)であることを告げ、兼ねてから用意していた反波動格子を利用してヤマトの波動エンジンを停止、古代に引き金を引いた。しかしキーマンの本当の狙いは民主化の進むガミラス星に残った総統派指導者の正体を暴くことだった。目的を果たしたキーマンと共に脱出した古代たちはヤマトへ帰還、地球への帰路についた。
一方でガトランティスの地球侵攻が本格化し土星付近では地球の波動砲艦隊とガトランティス艦隊との戦闘が激化していた。キーマンが仕込んだ反波動格子を利用した強化型波動砲、トランジット波動砲による白色彗星の撃破を狙うヤマトであったがガトランティスの謀略によって再度波動エンジンが停止、白色彗星に吸い込まれてしまう。

第六章「回生篇」

銀河の装備で改装されるヤマト
宇宙戦艦ヤマト2202 第六章参照

波動砲艦隊の壊滅と最後の希望であったヤマトが沈み為す術を無くしたかに見えた地球であったが、強力な波動防壁を展開するヤマト級戦艦"銀河"とガミラスのワープ阻害フィールドによって持久戦を目論む。
非人道的な作戦が繰り広げられる一方で、ヤマトは偶然にも白色彗星内にあったガトランティス誕生の星、惑星ゼムリアに不時着していた。その地を調査する中で、ヤマトは“人造兵士ガトランティスを構成する人工細胞を死滅させる”力を持つ、古代ゼムリア人が残した制御装置「ゴレム」の存在を知る。ガトランティスによるゼムリア星崩壊を利用して発進したヤマトは山南の乗るアンドロメダに救出され、銀河から物資の供与を経て復活を果たした。
白色彗星への決戦へ向うヤマトであったが、その前にデスラー総統が立ち塞がった。デスラー砲をワープで凌いだヤマトは白兵戦を仕掛ける。激化する戦闘の中、古代と過ごした記憶を失ってしまったにもかかわらず身を挺して彼を庇った雪の姿をみて、ズォーダーの後継者であるミルはそこに愛の存在を認め、人類を滅ぼすのは早急に過ぎるとして和平を考える。しかし、ミルがズォーダーに意見を述べている中、不幸にもガミラス兵によって射殺されてしまった。

第七章「新星篇」

滅びの方舟に向かうヤマト
宇宙戦艦ヤマト2202 第七章参照

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

蒼穹のファフナー EXODUS(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

Read Article

蒼穹のファフナー Dead Aggressor / RIGHT OF LEFT(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にXEBECにより「島・ロボット・群像劇・少年少女」をキーワードに企画・制作されたオリジナルアニメ。舞台は未知の生命体「フェストゥム」によって侵略された近未来の世界。西暦2146年、唯一の楽園だった孤島・竜宮島にフェストゥムが侵攻する。真壁一騎は皆城総士に導かれ「思考制御・体感操縦式」有人兵器「ファフナー」のパイロットとなり、人類存亡をかけた激しい戦いの渦に巻き込まれていく。

Read Article

機動戦艦ナデシコ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦艦ナデシコ』とは、宇宙を題材としたリアルロボットSFアニメである。突如現れた敵「木星蜥蜴」と、地球連合宇宙軍やネルガル重工の戦いを描いたものである。題材は虐殺や歴史修正主義など重厚なものを取り扱っているが、恋愛やコメディー要素を多く取り入れ、SFファンからも支持を集めている。劇中劇として登場するアニメ『ゲキ・ガンガー3』など細かい設定にもこだわりが詰め込まれている作品である。原作は月刊少年エースにて1996年から1999年まで連載された、麻宮騎亜の漫画作品『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』である。

Read Article

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年12月に公開された「蒼穹のファフナー」の劇場版。舞台はTVアニメシリーズの2年後、西暦2148年。平和は守られたはずだった。人々は多くの犠牲を払い、取り戻した平和な日々を過ごしていた。そんな生活の中真壁一騎は皆城総士との約束が果たされる日を待っていた。一隻の船が竜宮島へ打ち上げられたその日、束の間の平穏は破られ再び少年少女たちは戦いの渦へと巻き込まれていく。

Read Article

女神候補生(杉崎ゆきる)のネタバレ解説・考察まとめ

『女神候補生』とは、杉崎ゆきるによって『月刊COMIC GUM』にて連載されていた漫画作品である。2000年にXEBEC制作でアニメ化され、NHK BS2の『衛星アニメ劇場』枠で全12話が放送された。2001年に突如休載になって以降、杉崎本人が連載そのものを放棄している。人類最後の希望の星、惑星ZION(シオン)を襲う犠牲者(ヴィクティム)という名の巨大生物を倒す為、人類も女神(イングリッド)という名の巨大人型兵器を作り上げた。主人公ゼロはパイロットになる為、仲間と共に日々訓練を重ねていく物語。

Read Article

武装錬金(和月伸宏)のネタバレ解説・考察まとめ

『武装錬金』(ブソウレンキン)とは2003年から2005年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた和月伸宏による漫画及びアニメ・ゲーム作品。 ホムンクルスによって命を落とした少年・武藤 カズキ(ムトウ カズキ)が錬金術の力によって蘇り、激闘に身を投じる様を描く王道少年漫画である。 またヒロインである津村 斗貴子(ツムラ トキコ)との出会いから始まるボーイミーツガールものでもある。

Read Article

目次 - Contents