宇宙戦艦ヤマト2199(アニメ・映画)のネタバレ解説まとめ

『宇宙戦艦ヤマト2199』とは日本を代表するアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリブート作品。後に総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』及び、劇場版オリジナル『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が公開された。
西暦2199年、謎の異星人ガミラスの侵略により滅亡の危機に瀕した地球を救うべく、宇宙戦艦ヤマトが16万8000光年の彼方にあるイスカンダルへ旅立つ。タイムリミットはわずか一年。これは艦長である沖田十三を筆頭にしたヤマト乗組員999名の奮闘を描く物語である。

出典: 0taku.livedoor.biz

惑星レプタポーダの収容所管制室で古代が見た物、それは目的地であるイスカンダルと二連星となっている敵本拠地大ガミラス帝星の姿だった。

さらに、ヤマトが修理のため立ち寄った“惑星レプタポーダ”にて、大ガミラス帝星と惑星イスカンダルが双子星であることが判明した。その事実はヤマト乗組員に驚きを持って迎えられるも、今や彼等に退路など存在しない事を再認識させる結果となった。

一方ガミラスにより拉致された雪はイスカンダル王星第3皇女ユリーシャとして遇されていた。但し、デスラーは彼女が地球人である事に気付いていたものの自身の目的“ガミラスとイスカンダルの大統合”の前には些事と判断し、真贋は問わない方針を側近とも言えるミゼーラやギムレーに伝えたのである。

そして決行されるサレザー恒星系突入作戦。だがデスラーは思いもよらぬ罠を張ってヤマトを待ち受けていたのである。どこからともなくヤマトを襲う高エネルギー波、しかし咄嗟の機転で波動防壁を展開させ直撃を免れたのである。エネルギー波はサレザー恒星系第5番惑星エピドラに直撃、星を崩壊させていく、その威力やエネルギー特性から波動砲と同種の兵器である事を見抜くや亜光速突撃を敢行、一気に第4惑星大ガミラス帝星・イスカンダル王星圏に突入する。

出典: 0taku.livedoor.biz

ついに再会を果たす古代と雪、そんな彼等の眼前には碧く輝くイスカンダル星の姿があった。

その後ヤマトは大ガミラス帝星総統府に突入。だがデスラーはコアシップで帝都バレラスを離脱、雪を乗せたまま衛星軌道上にある要塞都市“第2バレラス”へと移動した。その直後第2バレラスの一部を切り離し、こともあろうか帝都バレラスへの突入コースに乗せてしまったのである。その頃古代は特命を受けユリーシャを伴い雪の救出に向かう。それと同時に落下してくるバレラスの一部に対し沖田は波動砲による迎撃を下命、そのトリガーは南部の手に託される。そしてヤマトより放たれた波動砲は自身のみならずガミラスの人々をも救う結果となった。

そんな中メルダや加藤達の援護を受け第2バレラスへ向かう古代、一方雪は自身の護衛役でもあるザルツ人兵ノランと共に第2バレラス破壊を試みようと動力機関を暴走させるもノランの配慮により第2バレラスから脱出させられる。その直後第2バレラスは動力炉の波動コア暴走により崩壊、親衛艦隊を道連れに自爆したのだった。

斯くして大ガミラス帝星における戦いの末、雪はヤマトへと生還する。一方ガミラス側もデスラーの独裁政権が崩壊、その結果ヤマト(地球)とガミラスは自然発生的停戦状態を迎えたのである。長征16万8000光年苦難の旅路の果て、ヤマトの眼前に碧く輝くイスカンダルの姿があった。

出典: otanews.livedoor.biz

デスラーからヤマトに波動エネルギーを用いた兵器(波動砲)が装備されている旨を聞かされていたスターシャは、コスモリバースシステム提供に難色を示す。

そして、艱難辛苦を乗り越えヤマトはようやくイスカンダルへたどり着いたものの、イスカンダル星女王スターシャは地球が開発した波動エネルギーを利用した兵器である波動砲の存在を理由に、コスモリバースシステムの引き渡しに難色を示す。
しかし、ヤマトが波動砲を敵を殲滅するための兵器としてではなく、あくまでも自身や誰かを守るための道具として使用していたことを妹ユリーシャやヒスから聞かされたスターシャは、考えを改めシステム提供の意思を示す。

また、古代は戦死したと思われていた彼の兄・古代守が、ここイスカンダルで眠っていることをスターシャより伝えられる。捕虜として大ガミラス帝星へ護送される途中に事故に遭い、惑星イスカンダルへと漂着し、スターシャに保護され匿われていたが、事故の際に負った傷のためにヤマト到着を待たずして死亡したのだという。
その数日後、波動砲の封印を代償にコスモリバースシステムはヤマトへ組み込まれた。そしてヤマトは、地球への帰路に就く。

出典: otanews.livedoor.biz

ようやくコスモリバースシステムを受領し地球への帰途に就くヤマト。その証であるかの様に波動砲には“封印”が施されている。

地球への帰路のさなか、ヤマトはガトランティスとの交戦を経て古代アケーリアス文明の遺産である”星巡る方舟”、それに乗るジレル人達との接触を果たす。

そしてバラン星宙域で銀河系側亜空間ゲートを利用し銀河系宇宙まで一気に距離を縮めようとするが、第2バレラスと運命を共にして死んだと思われていたデスラーが罠を張り待ち構えていたのだ。罠にかかったヤマトめがけ“ガミロイド(ガミラスが運用するロボット兵士)”の軍団が突入、敢え無く艦内への侵入を許してしまったのだ。そして繰り広げられる白兵戦の最中雪が凶弾に倒れてしまう。それでもなんとか敵を撃退しデスラー乗艦デウスーラII世も砲撃戦の末撃破したのだった。

かくしてデスラーの挑戦を退け地球への帰路を急ぐヤマト。だが地球を目前にして雪の容態は悪化、程なく死亡してしまう。地球への帰還や仲間の結婚を祝う乗組員達を心配させまいと雪の死を伏せ独り嘆き悲しむ古代の姿に、思念をシステム中枢に組み込まれていた古代守はコスモリバースシステムを起動させ、雪を蘇生させるが、その結果古代守の思念は消滅し、システムは再起動不能に陥る。しかし、持病の悪化により末期へ陥っていた沖田が艦長室で独り息絶えると、間もなくシステムが“新たな思念”を得て、再起動したのだった。

出典: otanews.livedoor.biz

ヤマトが持ち帰ったコスモリバースシステムにより元の蒼い姿を取り戻した地球。

西暦2199年12月8日、宇宙戦艦ヤマトは数多の犠牲を払いつつも長征33万6千光年の道程を踏破し地球に帰還した。その結果地球は滅亡を免れ再びその蒼い姿を取り戻す。そしてこの物語は終わりを告げる。

『宇宙戦艦ヤマト2199』の登場人物・キャラクター

ヤマト乗組員・艦長

沖田 十三(おきた じゅうぞう)

出典: 0taku.livedoor.biz

CV:菅生 隆之
西暦2141年12月8日生まれ、2199年12月8日没、宇宙戦艦ヤマト艦長、宙将(提督)。

福島県出身、享年58歳、国連宇宙軍・連合宇宙艦隊司令長官をも兼任する。

かつて第二次内惑星戦争で幾多の戦功を立て勇名を馳せたほか、カ2号作戦(第二次火星沖海戦)においてガミラス艦隊を撤退させる事に成功したため、英雄として祭り上げられ、地球市民の尊敬を集めている。だがそれ故に芹沢など一部軍上層部はそんな沖田を非常に危険視している。なお、カ2号作戦の際一人息子が戦死している。

第1話で、冥王星沖会戦(メ号作戦)における国連宇宙軍第一艦隊の指揮官としてガミラス艦隊と交戦。結果艦隊は旗艦キリシマを除き全滅したが、真の目的であるガミラス艦隊の陽動には成功する。
第2話で病(”遊星爆弾症候群”を数年前から患っている)を理由に土方から艦長職を辞することを勧められたが、それを断り一命を賭す覚悟でヤマトへ乗り込んだ(なお、それに対する妥協案として佐渡の乗艦を認めている)。ヤマト発進後しばらくは症状も落ち着いていたが、第8話のグリーゼ581での戦闘の頃から再び病状が悪化し始め、第13話の対次元潜航艦戦でついに限界を超えた結果突然倒れ、緊急手術を受けた。なお、佐渡の技量もあって手術は成功し、一命を取り留めはしたが、遊星爆弾症候群自体は完治せず、時が経つにつれ益々容態が悪化していき、ガミラス本星決戦後は歩行すら困難となり車椅子の状態となる。
また自身の死期を悟っており、自身の魂を若い世代に託したいと常に考えている。第26話にて地球をその目で見た後息絶えたが、その後、雪を蘇生させるためにその力を使った古代守に代わり、コスモリバースシステムの中核を構成する意思となる(第26話において沖田の下に古代守の意思が訪れている描写がある)。

かつて2191年のガミラスとの初遭遇時、軍上層部の先制攻撃命令を「性急に過ぎる」と反論した上で断固拒否している。その結果、命令不服従の罪で艦隊司令長官の職を解任された過去を持つ。この時の命令違反に対し、沖田は軍人としては間違っていると古代に語っている(ただし、人間として間違っていると思ったら、命令に背く勇気も必要である旨も説いている)。また、ユリーシャがヤマトの自動航法室の中核を構成していることを真田以外の乗組員の中で唯一知悉していたものの、第17話において自身の一存と責任によりクルー全員に公表している。

ヤマト乗組員・戦術科

古代 進(こだい すすむ)

出典: www.b-ch.com

CV:小野 大輔
西暦2178年7月7日生まれ、ヤマト戦術科戦術長、一等宙尉。

年齢は20歳。出身地は神奈川県三浦市。当初第7航宙団空間戦術科所属の三等宙尉であったところへ、本来ヤマト戦術長になるはずだった兄である守の戦死を受け、二階級特進で一等宙尉となり戦術長を拝命の上でヤマトへ乗艦する。

性格は比較的沈着冷静ではあるものの、第4話では今後の作戦行動を討論する中でガミラスの冥王星基地攻略を主張し、イスカンダルへの航海優先を訴える島と論争するような熱さも見せている。第5話においては”冥王星基地攻略作戦(メ2号作戦)”立案に携わる。

また、第20話の七色星団会戦において雪がガミラスに攫われた際は、自身の怒りの感情に任せて敵雷撃隊に激しい攻撃を加え、その後、第21話・第22話においても表面上では冷静さを装ってはいるものの、人目の無い場所においては自身の無力さに怒りの感情を隠さず、壁を殴ったりしている。
その一方、最終話(第26話)では雪が重体の状態でも普段通り気丈に明るく振る舞うほか、彼女が死亡した時にも喪失感から悲嘆に暮れるもののそれを秘匿するよう周囲に依頼するなど、他の乗組員たちに対し配慮を払う描写がある。

なお、復路の際ガトランティス艦隊との遭遇時、沖田と真田両者がともに不在であったため、臨時で戦闘指揮を行う。また、惑星シャンブロウに閉じ込められた際においては、バーガーらガミラス人との共同生活の中で信頼関係を築いていき、ガトランティス艦隊との決戦では正式にヤマトの指揮権を与えられ、ガミラスと共同戦線を張って戦う事を決断した(劇場版『星巡る方舟』より)。

南部 康雄(なんぶ やすお)

出典: otanews.livedoor.biz

CV:赤羽根 健治
戦術科砲雷長、階級は二等宙尉。東京都出身の21歳。南部重工大公社の御曹司ではあるが、企業経営しか頭に無い父親・康造との折り合いが悪く口論が絶えない関係となっている。
そんな家庭環境故かエリート意識が過剰気味に強く、ヤマト乗組時自らが戦術科戦術長に任命されるものと思い込んでいたが、自分よりも下の古代が戦術長を拝命すると知るや愕然とした表情をしていた(2話)。
ヤマト出港後も浅慮や短絡的思考でトラブルメーカーとなりがち。実際メ2号作戦ブリーフィングの際波動砲による長距離攻撃を具申、冥王星諸共敵冥王星基地殲滅すら辞さない程武力を信奉する危険な一面と航空隊隊長である加藤の眼前で航空隊不要論を唱える等問題発言が絶えない(5話)。
司令部勤務の頃から雪を異性として意識しているフシがあり、彼女の気を引くために軽率な発言に及ぶ事もある。第1話でも古代達が偶然通りかかった事にも気付かず、メ号作戦が陽動である事を雪に告げ彼女の歓心を買おうとするも、偶然それを聞いていた古代に問い詰められる事に。当然その後も雪からは相手にされていない。ちなみに雪の本命が古代である事を知るのは、ビーメラ4におけるクーデター収拾後の事だった(第16話)。

その後は実質的な戦術科副長として古代の補佐に徹し、大砲屋を自認するまでに至る(第20話)。そして第23話、大ガミラス帝星における決戦で雪を救出に向かった古代に代わり、波動砲のトリガーを預かる事に。ヤマトめがけて落下してくる第2バレラスの一部に対し波動砲攻撃を実施する。文字通り彼にとっては一世一代の晴れ舞台であった。

北野 哲也(きたの てつや)

出典: otanews.livedoor.biz

*画像手前の人物。

680atx
680atx
@680atx

目次 - Contents