宇宙戦艦ヤマト2199(アニメ・映画)のネタバレ解説まとめ

『宇宙戦艦ヤマト2199』とは日本を代表するアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリブート作品。後に総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』及び、劇場版オリジナル『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が公開された。
西暦2199年、謎の異星人ガミラスの侵略により滅亡の危機に瀕した地球を救うべく、宇宙戦艦ヤマトが16万8000光年の彼方にあるイスカンダルへ旅立つ。タイムリミットはわずか一年。これは艦長である沖田十三を筆頭にしたヤマト乗組員999名の奮闘を描く物語である。

CV:岡本 信彦
第2、7話に登場。姪のアイ子と仲がよく、よく抱いている。太陽系赤道祭の折にも、アイ子と一緒に彦左衛門と交信した(第7話)。

徳川 アイ子(とくがわ あいこ)

CV:小松 未可子
彦七と菊子の娘で、彦左衛門の孫。第2、7話に登場。太陽系赤道祭の折、叔父の太助と一緒に彦左衛門と交信する(第7話)。

島 沙織(しま さおり)

出典: yaraon-blog.com

画面向かって左側が沙織、右側が次郎。

CV:三浦 綾乃
島大介・次郎の母。
第7話に登場。太陽系赤道祭での交信の際は、親戚の見舞いに行っていたためタイミングが合わず、帰宅直後次郎に呼ばれ慌てて駆け付けたものの、姿が画面に映って名前を呼んだだけで交信が終了してしまった。

島 次郎(しま じろう)

CV:小松 未可子
島大介の弟。小学生。
第1、2、7話に登場。森雪による子供達へ地球の現状の説明するシーンに登場(第1話)。出発前の大介に、母から預かった「航宙安全お守り」を届けている(第2話)。太陽系赤道祭での交信の際は家で留守番をしていたので大介と話すことが出来た(第7話)。

南部 康造(なんぶ こうぞう)

出典: otanews.livedoor.biz

画面向かって左側が康造、右側が登紀子。

CV:松本 忍
南部 康雄の父で、登紀子の夫。南部重工大公社の社長。
第7話に登場。頑固で独善的な性格に加え息子がヤマトに乗艦することを快く思っておらず、太陽系赤道祭での交信の際は一方的に自身のエゴを押し付ける様な発言に終始した。

南部 登紀子(なんぶ ときこ)

CV:榊原 奈緒子
南部康造の妻で、康雄の母。
第7話に登場。太陽系赤道祭での交信の際にの見合い写真を見せるなど、若干親馬鹿な面があるが、余りに現実を無視した夫の発言を嗜める。交信終了間際に康雄に必ず帰るよう懇願する。

加藤 一徹(かとう いってつ)

出典: otanews.livedoor.biz

CV:千葉 繁
加藤三郎の父。
第7話に登場。寺の住職をしており、息子に後を継いでほしいと思っている。口数の少ない厳格な性格で(2199資料集『EARTH』234ページ)、太陽系赤道祭での交信の際は、終了間際にただ一言「生きて帰って来い」とだけ告げている。

古代 剛(こだい つよし)

CV:森田 順平
第14話に登場。守と進の父親。旧作における古代武夫に当たる。ミレーネルによる幻覚攻撃の中で現れるも、現実には進の幼少時遊星爆弾による攻撃で既に死亡している(ちなみにその時進は兄である守を迎えに行くため宇宙港へ向かっていたため難を逃れた経緯がある)。

古代 紀子(こだい のりこ)

CV:津田 匠子
第14話に登場。守と進の母親。旧作における古代あき子に当たる。夫同様ミレーネルによる幻覚攻撃の中で現れるも、現実には進の幼少時遊星爆弾による攻撃で既に死亡している。

古代 芳雄(こだい よしお)

CV:板取 政明
第14話に登場。守や進の叔父。両親同様ミレーネルが繰り出す幻覚として登場するも、彼もまた古代の両親同様遊星爆弾の攻撃により既に死亡している。

古代 真希(こだい まき)

CV:三浦 綾乃
第14話に登場。守や進の叔母に当たる。両親や夫同様ミレーネルが作り出した幻覚として登場するも、彼女もまた遊星爆弾の攻撃により死亡している。

680atx
680atx
@680atx

目次 - Contents