宇宙戦艦ヤマト2199(アニメ・映画)のネタバレ解説まとめ

『宇宙戦艦ヤマト2199』とは日本を代表するアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリブート作品。後に総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』及び、劇場版オリジナル『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が公開された。
西暦2199年、謎の異星人ガミラスの侵略により滅亡の危機に瀕した地球を救うべく、宇宙戦艦ヤマトが16万8000光年の彼方にあるイスカンダルへ旅立つ。タイムリミットはわずか一年。これは艦長である沖田十三を筆頭にしたヤマト乗組員999名の奮闘を描く物語である。

沖田十三「死中に活を見出さねば、 この包囲を破ることはできない!」

出典: 0taku.livedoor.biz

第15話、中性子星カレル163宙域での戦闘時、圧倒的戦力でヤマト包囲網を縮め迫りくるドメル艦隊に対し、浮足立つ乗組員を諌めながら発したセリフ。正に歴戦の武士だからこその胆力を示すセリフと言える。

エルク・ドメル「ドメラーズは退かん!」

出典: otanews.livedoor.biz

第15話、中性子星カレル163宙域においてヤマトと接敵したドメル艦隊。圧倒的不利な状況下、文字通り死中に活を求め自身の艦ドメラーズIII世に向かってくるヤマト。転進を進言するゲールに対し、ドメルは言い放つ、「退くな! ドメラーズは退かん!」。

ドメル艦隊将兵、ガミラス国歌斉唱

出典: otanews.livedoor.biz

第19話、ヤマト討伐を命じられたドメルに与えられた戦力は空母3隻と戦闘空母1隻、そして自艦ドメラーズIII世のみ。そして将兵も老兵と少年兵の寄せ集め。その上ユリーシャ確保という特殊任務もあるため、任務が困難を極める事は火を見るよりも明らかだった。

そのユリーシャ確保の任務を請け負うのが、次元潜航艦UX-01とザルツ人で編成された特務部隊である”B特殊戦群第442特務小隊”である。地球人に近い外見を持つため潜入任務に向いていたのが彼等ザルツ人だった。無論ガミラス軍人の中には異民族に対する不信感が根強く、当然彼等442特務小隊を目の当たりにした”フォムト・バーガー”少佐はあからさまに不信感を隠そうとしない。そんな時、特務小隊の一員である”ノラン・オシェット”伍長が口ずさんだのがガミラス国歌だった。

それに続いて442特務小隊隊員が、そしてドメルが歌い出す。やがて歌声は伝搬し、気が付けばそこに集った艦隊全将兵が等しくガミラス国歌を歌っているのだった。

沖田十三「地球はすぐ後ろにある!」

出典: otanews.livedoor.biz

第22話、イスカンダル及び大ガミラス帝星が存在するサレザー恒星系へ最後のワープ実施直前、沖田が全乗組員へ与えた訓示。決戦を前に沖田の断固たる決意が込められた訓示である。

全文:「 諸君!地球は我々の遥か後方16万光年にある。だが、そんなものはただの数字に過ぎない、地球はすぐ後ろにある!後ろにあって諸君らの帰りを待っている。ヤマトはこれより最終目的地のあるサレザー恒星系に到達する、そこは目的地であり敵地でもあるのだ、だが我々はイスカンダルへの道を選ぶ。それはそこに希望があるからだ、そしてその希望を手にヤマトが帰るのを待っているからだ。ヤマトはこれよりワープに入る、イスカンダルへ向けた最後の大ワープだ!総員第1種戦闘配置のままワープに備えよ」。

アベルト・デスラー「私は戦争をしているのだ!」

出典: 0taku.livedoor.biz

第25話、白兵戦によるヤマト制圧に失敗し、自艦デウスーラII世に戻るや間髪入れずヤマトへの攻撃を開始するデスラー。しかし荷電粒子砲は亜空間に於いて威力を失うと知るやデスラーは躊躇せずデスラー砲による攻撃に切り替える。

だが、亜空間でのデスラー砲使用のリスクを懸念するが故にヴェルテ・タランはデスラーを諌めようと苦言を呈する。しかし、そんなタランに対しデスラーは拳銃の銃口を向け一言放つ。「邪魔をするなタラン…私は戦争をしているのだ!」。

沖田十三「地球か、何もかも、みな懐かしい……」

出典: 0taku.livedoor.biz

第26話、西暦2199年12月8日、往復33万6000光年の道程を踏破し、遂に地球へ帰還するヤマト。眼前に広がる赤茶けた地球を独り艦長室で望む沖田。艱難辛苦乗り越え、ミッションを成し遂げ帰り着いた故郷を前に感極まり発したセリフ。

『宇宙戦艦ヤマト2199』の裏話・小ネタ・トリビア

森 雪に出身地が設定されていない

2199の特色としてヤマト主要乗組員にはそれぞれ出身地が設定されている。しかし、ヒロインである森 雪には何故か出身地が設定されていない。また、その辺に関して現在に到ってもなお、公式から未だに明確な見解が示されていないのである。

先行上映&ビデオ版と地上波放映版で音楽が違う

先行上映版・及び”第七章 BD・DVDバージョン”上映会版とビデオソフト版・地上波放映版では第24話部分でイスカンダルからヤマトが地球への帰途に就くべく発進するシーンのバックにかかるBGMが違っており、上映版・及び”第七章 BD・DVDバージョン”上映会版では『元祖ヤマトのテーマ』、ビデオソフト版・地上波放映版では『地球を旅立つヤマト』が流されている。

地上波放映版と再放映版の仕様が違う

680atx
680atx
@680atx

目次 - Contents