地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

赤ん坊のような外見をした妖怪。特に害はない。健斗の父・栄二の不倫相手である土屋多絵に取り憑いた。健斗から避けられる多絵の哀しみに乗じて力を増し、多絵を自殺させようとしたがぬ~べ~に白衣観音経で捕縛されて除霊された。

七尋様(ななひろさま)

七尋様の石仏(中央)。

童守北の七尋山に伝えられる、身長が七尋(14m)ある巨人の神。「昔山を動かして洪水から村を救った」というダイダラボッチに似た伝承がある。七尋山には、七尋様を祀った石仏が置かれている。彼氏と釣り合わない幼児体型をコンプレックスに思っていた吉田よしのの願いを聞き入れ彼女にお神酒を与えてグラマラスな巨人にした。

七尋女(ななひろおんな)

女子大生・吉田よしのが七尋様の力で巨大化した姿。七尋様の石仏に供物を捧げ、「あなたのように大きくしてください。(彼と)並んで歩けるように」と祈願したところお神酒が現れた。七尋様が妖気を注ぎ込んだそのお神酒を飲み、グラマラスかつ巨体になった。巨大化の際服がちぎれた為に全裸になっている。大きくなりたいとの願いは、恋人である中谷との身長差からくるコンプレックスが原因で、七尋様の妖力が結びついている彼女のコンプレックスを取り除かなくては元に戻せなかった。
中谷の命がけの協力とぬ~べ~による妖気吸引により、体型、体格共に元に戻った。

すっぽん和尚

龍神沼に住むと伝えられる龍神の正体。小柄な和尚の姿をしている。亀など、沼の主である生物と融合している。本来は温厚な性格だが、外来種のカミツキガメと融合したことで異変をきたし、沼に入った人間を見境なく襲う凶暴な妖怪となってしまう。ぬ~べ~の手で、沼に生息していた在来種のイシガメに魂を移されたことで本来の温和な存在に戻った。

行燈舐め(あんどんなめ)

金持ちの旧家に住み着く妖怪。行燈を舐めて火事を防ぐなどして家人の信用を得、油断させて家を思うままに操り没落へと導く。時代が変化したことにより、スマホの家電操作アプリの受信機に取り憑く形で卯月家に入り込んだ。
家電が勝手に操作されていることに気付いた星蘭の前に姿を現した為に気味悪がられて機械ごと捨てられたが、隙を突いて星蘭の両親を操り再び卯月家に現れる。中々操られないことに業を煮やし、星蘭にスイッチを埋め込もうとしたがすんでのところで駆け付けたぬ~べ~に退治された。

ソンツル狐

狐付きの一種で、特に凶悪な部類に入る。個人ではなく家系に取り憑き、一族に災厄をもたらす。真困内家に取り憑いて、その家の息子・童守小6年2組の真困内猿比羅悪の性格を粗暴・狂暴化させモンスターチルドレンにさせ暴れさせていた。ぬ~べ~の鬼の手で引き裂かれる。

カワエロ

岐阜県揖斐郡に伝わる妖怪。橋や川岸で女性の身を襲う妖怪。水が突然ネバネバになったら、カワエロに見初められたと見なされていた。
「エロパワーの源」と称する女尻玉(女性の尻から出し入れする美と色気の塊)を集め、背中の甲羅に張り付けている。童守町営プールの向こうの池に住んでおり、土管を伝い水道からやってきた。水神を名乗って郷子のコンプレックスを突くような囁きをし、女尻玉を与えてグラマラスな体系に変えた。性格は卑怯、卑劣、スケベ。
童守水着コンテストに参加していた美樹、つゆね、よしの、ゆきめ、いそめをエロ空間(水中に異世界を作り出している強力な妖力の壁)に閉じ込めた。次々のコンテスト参加者から女尻玉を抜き、ゆきめの女尻玉も抜こうとしたが、ぬ~べ~とパンツ大橋のふんどし姿を見せられてエロパワーを失い、ゆきめ渾身の怒りの氷攻撃を食らって倒された。

うつし身

取り憑いた者の心を読み取り変化する妖怪。憑いた者の心次第で、どんな妖怪にもなれる。3度目の法科大学院入試に滑ることを怖れていたまことに取り憑き、その恐怖心を読んでまことの周囲のものを滑らせる「すべり妖怪」となった。
ぬ~べ~は、まことがうつし身に取り憑かれていることに気付いたが、自力で妖怪(恐怖心)に勝ってほしいとの気持ちから一度は除霊をしなかった。中々恐怖に打ち勝てないまことを見かねて除霊を試みるが、自分の弱さに気付いたまことが自ら除霊を断り、うつし身に邪魔されながらも死に物狂いで勉強。試験中も邪魔されたが、法科大学院入試に合格を果たした。

『地獄先生ぬ~べ~』の用語

童守町(どうもりちょう)

作中の主な舞台。名前の由来は「童(わらべ)を守る町」。コミックス巻末の解説によれば、山あり谷ありで、大きな町ではないが田舎というほどでもない郊外に位置する中規模の街と設定がされている。物語の事件は基本的にこの町内で起きる為、話が進むごとに東京タワーのような「童守タワー」などの名所が増えていった。花やしき(実在の遊園地)を模したような遊園地もある。

アイテム

御鬼輪(ぎょきりん)

出典: jumpsokuhou.com

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

NEW

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

目次 - Contents