地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

出典: blog.livedoor.jp

あぎょうさん(奥)。

人間の言った言葉を全て「嘘」にしてしまう妖怪。どんな言葉でも、言ったことと逆の現象が起きる。元は「夜行さん」という神で、絶大な力で耳にした言葉を「嘘」にしてしまう。童守小の低学年児童の間で「『あぎょさん、さぎょうご、如何に』との問いかけに答えられないと殺される」との噂が流行っていた。この問いの正解は「あ行の3番目の『う』、さ行の5番目の『そ』、つまり『嘘』で、あぎょうさんの存在自体が嘘」なのだが、低学年児をなだめるために郷子が「あぎょうさんなんていない」と言ったのを聞きつけ、実体化してしまう。
あぎょうさん登場時、ぬ~べ~は寿命を迎えて死亡していた為、郷子たちはゆきめと玉藻に連絡を取る。広が「あの二人は無敵だ。誰も敵わない。あぎょうさんは絶対に勝てない」と言った為、あぎょうさんはこの二人でも倒せない強力な存在となってしまった。絶望した広の「ぬ~べ~は死んだ。もう助けてくれない」との言葉も嘘になり、復活したぬ~べ~によってあぎょうさんの問いかけの正解を言われ消滅した。

石蕗丸(つわぶきまる)

出典: blog.livedoor.jp

九尾の狐に仕える妖狐のひとり。妖狐の里からの使者でもある。玉藻を慕い、尊敬している。玉藻を救う為に人化の術を完成させるよう促し、共に童守小に来た。広の髑髏を奪うことにためらう玉藻に代わり、自らが広を殺そうとしたが、玉藻に止められた。玉藻が去った後ぬ~べ~たちに「人化の術を完成させなければ、玉藻が危ない」と告げ、共に玉藻の居場所を探す。その後九尾の狐の下にぬ~べ~たちを案内した。
真面目過ぎる性格で、物を真剣に見過ぎて目が回るといったややコミカルな面もある。

サチナス

出典: blog.livedoor.jp

読者のアイディアを基にしたオリジナル妖怪。妖怪サーカスを率いており、子供たちに夢を見させる。大人には団員が見えないが、ぬ~べ~の協力で大人も含めた全員に芸を見せることができた。

サトリ

出典: blog.livedoor.jp

演:矢部太郎(カラテカ)

きりのように、心に穴を開けて入り込んだり、心を読む妖怪。元々は森に住み、いたずらをする。児童に取り憑いていたのを、ぬ~べ~が捕獲し、封じていた。事故が元で心を閉ざす北村薫のセラピーに利用されて、薫に取り憑くことを条件に解放した。一週間経っても香に取り憑いた成果が出せなかったが、サッカーの試合中に香の背中を後押しし、心を開かせるのに成功。山に帰って行った。

あずき洗い(あずきあらい)

出典: blog.livedoor.jp

演:鈴木拓(ドランクドラゴン)

山奥に住み、小豆で洗う音で心の傷を癒す妖怪。初めは童守小5年2組の男子児童・村田正和の前に現れて「洗え」と脅して手を洗わせ続ける悪い妖怪として現れたが、これは火事に巻き込まれた正和のトラウマが生んだ幻覚だった。ぬ~べ~によって本物のあずき洗いと出会った正和は、幻影と心の傷を癒されて潔癖症も克服できた。

龍宮童子(りゅうぐうどうじ)

出典: blog.livedoor.jp

元の姿に戻った龍宮童子(左)。

女優の越智辺ゆう子と関わり深い妖怪。越智辺が小学生の頃に出会った時は、美しい少年の姿をしていた。願いを叶える力を持ち、「ブス」といじめられていた越智辺の顔のソバカスを消す。「君の願いは何でも叶えてあげる」と言ったことから、越智辺に将来結婚しようと言われた。越智辺は自分の容姿や頭脳、運動神経を良くしてもらい、中学生になる頃には学校中の憧れの元となる。それに対し、童子は次第に醜くなり、異臭まで放つようになっていった。これは、人の願いを叶える度に自分の妖力を削っていった為で、女優として大成した越智辺にフラれた後はホームレスのように生活していた。
女優として返り咲く為に童子を探していた越智辺だったが、ぬ~べ~に諭され妖力の尽きかけた童子を見つけ出し、「童子にもらったものを全て返すから、童子を助けてほしい」と神に願った。その瞬間童子に妖力が戻る。越智辺は童子と一緒にいることが自分の幸せだと悟り、童子と結婚した。
元の姿に戻った童子は「君(越智辺)が幸せならそれでよかったのに」と口にしており、妖力を削られても捨てられても、越智辺を愛していたことが分かる。

夢々(むむ)

出典: renote.jp

男女両方になれる夢々。

夢魔(*)と呼ばれる妖怪と人間の子。夢魔である母の要望で、5年3組に転入してきた。人間離れした醜男の父がいるが、夢々自身は母親似で美形。夢魔の子は自分の意志で男にも女にもなれる性質を持つ。夢々の性別を固定化させるのが、転入の目的だった。5年3組一同男子と女子に分かれ、ジュースを賭けて夢々にそれぞれのいい面をアピールしようとした。
ところが、男子は下品で不潔、女子は陰湿でいじきたないといった嫌な面も見せられてしまい、夢々はどちらにもなりたくないと学校を抜け出す。不良に絡まれていたところを広に救われた夢々は、男子の強さを知って男になる決意をした。しかし、夢々の意思に反して胸が膨らんだ状態のまま戻らなくなる。思春期のドキドキ(初恋)が夢魔の性別の決定打であり、夢々が男子の広に好意を抱いた為、女性として固定化された。母はそのことを知っており、「このクラスになら夢々をドキドキさせてくれる子がいると思って」転入させたのだった。そのまま5年3組にとどまらず学校を去った。

*夢魔とは、眠っている人間の元を訪れる西洋の妖怪である。男性型をインキュバス、女性型をサキュバスと呼ぶ。共に美男美女の姿で、異性の下を訪れる。『ぬ~べ~』では、我が子を学校に入れて性別を決めさせるのが目的であった為特に害のない存在として描かれているが、伝承の夢魔は眠っている女性を妊娠させ、男性から精力を奪う悪質な存在である(一説によれば、インキュバスには妊娠させる機能がなく、精力を搾り取る為に男性の元を訪れるケースもある)。思春期までは男女どちらにもなれるというのは、『ぬ~べ~』のオリジナル設定。

影愚痴(かげぐち)

出典: blog.livedoor.jp

影愚痴(右)と美樹の影(左)。

声:青野武
演:福田信昭

おしゃべりな人間の影に取り憑き、その人物に成りすまして噂や悪口を言いふらす。いたずら妖怪ではなく、取り憑いた相手を孤立させ、自殺にまで追い込んで魂を食らうことを目的にしている。幹に取り憑き、クラスメイトの噂を流して自殺に追い込もうとしたが、自身の身の潔白を証明するために仕掛けた美樹の罠にかかって正体がばれる。生きたまま美樹を食らおうとしたが、妖怪の存在に気付いていたぬ~べ~に阻まれる。「ボンクラ教師」との美樹による評価を鵜呑みにして高をくくった影愚痴だが、あっさりと退治された。

陰摩羅鬼(おんもらき)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents