涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

Thumb 7d242392 4bd8 4d5d 9f6a 897c5abe8a3a

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。
同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。
主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の概要

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流のライトノベルであり、「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作として、2006年4月から7月にかけて全14話、2009年4月から10月にかけて全28話放送されたテレビアニメである。
第1期は、原作第1巻『涼宮ハルヒの憂鬱』をベースに、第3巻『涼宮ハルヒの退屈』・第5巻『涼宮ハルヒの暴走』・第6巻『涼宮ハルヒの動揺』の一部エピソードと、原作者谷川流が新規に書き下ろしたオリジナル・ストーリーである『サムデイ イン ザ レイン』を加えた全14話で構成され、それらは原作の時系列とは異なる順序で放送された。監督の石原立也は、原作ファンへのサプライズのために、このような放送順をとった。
第2期は、第1期の放送分に、新エピソード(原作第2巻『涼宮ハルヒの溜息』、第3巻『涼宮ハルヒの退屈』・第5巻『涼宮ハルヒの暴走』の一部エピソードを加えた全28話で構成。
2010年6月には、劇場版『涼宮ハルヒの消失』が公開された。
ヒロイン・涼宮ハルヒが「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的に設立したクラブ「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」(通称:SOS団)に所属するメンバーと展開する、「非日常系学園ストーリー」となっている。

『涼宮ハルヒの憂鬱』のあらすじ・ストーリー

TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」は、1期の放送は時系列順で放送されていないが、2期は時系列順(以下のサブタイトル順)で放送された。
ー涼宮ハルヒの憂鬱
ー涼宮ハルヒの退屈
ー笹の葉ラプソディ
ーミステリックサイン
ー孤島症候群
ーエンドレスエイト
ー涼宮ハルヒの溜息
ー朝比奈ミクルの冒険 Episode00
ーライブアライブ
ー射手座の日
ーサムデイインザレイン

涼宮ハルヒの憂鬱

ごく普通の男子高校生キョンは、高校入学の日に涼宮ハルヒという端麗な容姿の女子生徒と出会う。
彼女は、クラス全員への最初の自己紹介で「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人・未来人・異世界人・超能力者がいたら私のところに来なさい。以上」と言い放ち、周囲の度肝を抜かせた。
その後もハルヒはとどまることを知らず、『毎日髪型が変わる』『男子がいる教室で平気で着替える』『ありとあらゆる部活に仮入部をしたあげくどこにも入部しない』などの奇行を続けていた。

そんなある日、キョンは話しかける気などなかったのに、何の気なしにハルヒに話しかけてしまう。
「曜日で髪型変えるのは、宇宙人対策か?」
無視されるか、バッサリと会話を切られるかと思っていたキョンだが、意外にもハルヒとの会話は続いた。
「私、あんたとどこかで会ったことある?ずっと前に。」
そんなことがきっかけとなり、二人がホームルーム前に会話をするのが当たり前になっていった。
キョンが「どこかおもしろいクラブはあったのか?」と尋ねても、ハルヒは「全然無い。」と悔しそうに答える。
ハルヒは、日常しかあふれていない学校に飽き飽きしていた。
「人間はそこにあるもので満足をしなくてはならない。それをできない人間が、発見やら発明やらをして、文明を発達させてきたのさ。」
キョンはハルヒに対し、軽い気持ちでそう言い返した。しかし、そのことが、きっかけとなり、ハルヒは気づいてしまった。
ないのであれば、作ればいいと。

そしてハルヒが、キョンを巻き込む形で
「SOS団」
S:世界を
0:大いに盛り上げるための
S:涼宮ハルヒの団
という部活が結成され物語は進んでいく。
ちなみに、活動目的は「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」となった。

Sos

SOS団のメンバー。

SOS団発足後、部の整備を行ったハルヒは、部室に足りないものは何か考えだした。
その中で、やっぱりパソコンは必要だろうということにあり、どこかでパソコンを調達できないか考えた結果、コンピュータ研究部に行けばいいとなった。

ハルヒは、キョンとミクルをつれてコンピュータ研究部に行き、いきなり「パソコン一式よこしなさい。」と言い放った。
当然そんな要望が受け入れられるはずもなく門前払いとなったが、ハルヒには奥の手があった。

ハルヒは突然コンピュータ研究部の部長の手をつかみ、自身の隣にいたミクルの胸に押し当てた。そして、その瞬間を写真におさめ「このセクハラ写真を校内にばらまかれたくなかったら、写真をよこしなさい。」と半ば脅迫のような形でパソコンを要求した。
それに対して、コンピュータ研究部部長は、従わざるを得ず、なくなくパソコン一式を差し出したのであった。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

セクハラの事実をつくるため、コンピュータ研究部部長の手を無理やりミクルの胸に押し当てるハルヒ。

SOS団には、キョン以外に、未来人の朝比奈みくる・宇宙人の長門有希・超能力者の古泉一樹が所属しているが、ハルヒは彼らがそんな特殊能力を持った人物だということは理解していない。
本人が知らぬ間に、彼らを引き寄せたのだ。

ハルヒは、本人に自覚がない中で、解析不可能な超常現象を引き起こす存在であった。

実は、朝比奈・長門・小泉はそんなハルヒのことを、彼女自身に悟られずに観察するため派遣されてきた存在であり、彼ら自身もハルヒのことを観測対象としてみていた。

当初はこの話を虚偽申告だと思っていたキョンも、間もなく実際に超常現象に巻き込まれて命の危険に晒されたことにより、彼らの言葉を信じざるを得なくなる。

ある日の夕方、キョンは誰もいないはずの教室に行くと、クラスのマドンナ朝倉涼子が一人立っていた。
彼女は、ハルヒのことをどう思うかとキョンに問い、キョンはこいつもまたハルヒのことかと飽き飽きしていたところ、朝倉が思いもよらない言葉を発したことにより事態は急変する。

「あなたを殺して、涼宮ハルヒの出方をみる」
そういって、ナイフを取りだしキョンのことをめがけその刃を突き立ててきた。
実は、朝倉も長門と同じ宇宙人であった。

Image3 min

教室でキョンを朝倉が襲うシーン。絶対絶命のピンチに長門が助けに来る。

長門と朝倉は、共に情報統合思念体によって作られた、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースであり、ハルヒを観察することを任務としており、長門がメイン、朝倉がそのバックアップとして派遣されていた。
(※作中で詳細は描かれていないが、情報統合思念体の組織において、二人のことをハルヒ観察のために地球へ派遣をした上司のような存在がいる。)
ただ、ハルヒはそんな状況を知る由もなく、いつもと変わらない日常を過ごしていた。
長門は、ハルヒのことを観察するようにという命令を忠実に守っていたが、朝倉はバックアップとして派遣されていたこともあり、早く結果を出して上司に実力を認めさせたいと思っていた。
しかし、なかなかハルヒに大きな変化が見られず、結果を得られないことに焦った朝倉は、ハルヒにとって大切な存在であるキョンを殺すことで、ハルヒに何か大きな変化が生まれるのではないかと思い、独断でこのような行動にはしった。

この絶体絶命のピンチに陥ったキョンを救ったのは、長門であった。
同じ宇宙人である長門との戦いの後、朝倉は敗れ去り消滅したが、その後のストーリーでも幾度か登場し様々な立場を演じることとなる。

キョンはこのことから、本格的に自分がおかしなことに巻き込まれたということを信じるようになった。

Kiss

ハルヒが無意識のうちに作り出した閉鎖空間にて、キョンとハルヒは閉じ込められてしまう。閉鎖空間からの脱出を試みるため、キョンはイチかバチかハルヒにキスをして目を覚まさせようとする。

ある日、ハルヒはなぜか不機嫌であった。キョンが教室で話しかけても、どこかそっけなかった。
その後、ハルヒが来る前のSOS団の部室にて、キョンとミクルが仲良さそうにパソコンの前でじゃれていたところ、そのタイミングでハルヒが部室に入ってきた。その様子を見たハルヒは、さらに不機嫌になる。

その後、キョンは何事もなく家に帰り、眠りについた。
ところが、自宅のベッドで寝ていたはずが、気が付くと学校にいた。そして、そこにはハルヒもいた。
ハルヒもなぜ今学校にいるのかわかっておらず、二人は状況を把握できないでいた。
周りを見渡すと、確かに学校ではあるが、どこか雰囲気が異なり、不気味とさえ思えた。
とりあえず、二人は一旦部室へと向かった。
その後、ハルヒが校内を探索しに行った間、古泉が超能力を使ってキョンのところへとやってきた。古泉曰く、「我々の恐れていた事態がついに始まってしまったわけです。とうとう涼宮さんは現実世界に愛想をつかして、新しい世界を創造することに決めたようです。つまり、世界崩壊の危機です。」とのこと。
つまり、ハルヒは現実世界をほったらかしにして、新しく作った閉鎖空間の中でキョンと生きることを選択したのだ。

F354d769

ハルヒが作り出した閉鎖空間にて暴れまわる神人。

ハルヒは、はじめのうちは、見慣れない閉鎖空間やその中で神人(ハルヒの精神的ストレスによって作り出される巨大な化け物。)が暴れていることに対し恐怖感を抱いていたものの、徐々に閉鎖空間で過ごす時間が刺激的になり、この世界(閉鎖空間)で生きていくことも悪くないと思うようになった。
もし、そのままハルヒの想いが変わらなければ、本格的に元の世界は消滅しかねない(ハルヒが、閉鎖空間の方がよいと思えば、世界はその通りに動くというのが古泉の仮説)。そう思ったキョンは、元の世界に帰るようにハルヒを説得した。
しかし、なかなか元の世界に帰ろうとしないハルヒ。そんなハルヒに対して、キョンは思いもよらない行動をとった。
それは、突然のキスであった。
そのことがショック療法となったのか、次の瞬間目を覚ますと元の世界に戻っていた。
その後、何事もなかったように学校に来た二人。ハルヒは、「昨日悪夢を見た。」と言い、閉鎖空間にいたことを現実だとは思っていなかった。

涼宮ハルヒの退屈

Baseball

野球大会に参加したSOS団。チームとしての差はあるものの、ハルヒは持ち前の運動神経で活躍する。

ある日、ハルヒがSOS団の活動として市内のアマチュア野球大会に出ることを提案する。
ハルヒは、特別野球に興味があるわけではないが、大会に優勝してSOS団の名前を世に知らしめることを目的としていた。

SOS団は5人しかいないため、足りないメンバーとしてキョンの友達の「谷口」「国木田」、ミクルの友達の「鶴屋さん」、キョンの妹を補充して参加することとなった。

初戦の対戦相手は、「カミガハラパイレーツ」という優勝候補の大学生チームであり、キョンは大敗を覚悟していた。

キョンが思った通り、対戦相手は強力で、素人を寄せ集めたSOS団では手も足も出ず、それと共にハルヒの機嫌も悪くなった。
そのままでは、閉鎖空間が拡大し、ハルヒが作り出した神人が暴れまわってしまうため、古泉と長門は局面を打開するため奥の手(長門の情報操作)を使うこととなった。

奥の手を使ったことで、SOS団は嘘みたいに打ちまくり一気に大逆転。その裏の守りでも、守護神キョンが登板し、3人のバッターを仕留めてゲームセットとなった。
もちろん、キョンの投げた球は、長門の能力によって魔球(ボールから急にストライクゾーンに曲がってくるような球)と化していた。

結局、ハルヒはこの試合に勝利したことで満足したため、2回戦に進むことなくこの日は事なきを得た。

笹の葉ラプソディ

Sasanoha

七夕ということで、部室に笹の葉を持ち込み、みんなで願い事を書くことになった。

七夕の日に、ハルヒは突然笹の葉と短冊をもって部室にやってきた。
ハルヒ曰く、七夕の願い事は、織姫と彦星にかなえてもらうものであり、織姫と彦星の星であるベガとアルタイルに向けてメッセージを送らなくてはいけないとのこと。
ハルヒは、そのことをみんなに熱弁をし、短冊に願い事を書くように指示する。

その後、突然ミクルがキョンに3年前に行こうと提案をする。
突然の提案に驚くキョンであった。理由を聞いても、ミクルは答えてくれず、来てくれないと困るとしか言わなかった。
ただ、これまでミクルが未来人であるということ大きな証拠をつかめていなかったキョンは、いい機会だと思いついていくことにした。
そして、キョンはミクルと3年前の七夕の日の夜にタイムトラベルをする。
ミクルはタイムトラベル後突然眠ってしまい、その直後大人のミクルが現れた。
大人のミクルは「この道をまっすぐ行くと学校があります。その校門前にいる人に協力してあげて。」と言いその場を去ってしまった。

言われた通り校門前に着くと、そこには3年前の中学生のハルヒがいた。
ハルヒは校庭に白線で絵文字を書くと言い、それを手伝うことになるキョン。

ここで、キョンは「これはいったい何なんだ。」と聞き、ハルヒは「メッセージよ。」と答える。
それに対してキョンは「まさか織姫と彦星宛てのメッセージじゃないだろうな。」と言い、ハルヒは「どうしてわかったの。」驚く。
キョンはタイムスリップする前、ハルヒが織姫と彦星に向けてメッセージを伝えることを熱弁していたことを思い出し、3年前のハルヒも同じ考えだろうと思いそう答えた。

また、ハルヒがキョンに「宇宙人・未来人・超能力者がいると思う?」と尋ねた際、キョンは否定しなかった。
このことで、ハルヒは北高の制服を着ていたキョンに興味を持ち、北高に行けばもしかしたら自分が求めているような刺激的な人がいるのかもしれないと思ったのだ。
そのことがきっかけとなり、3年後ハルヒは北高へと進学することとなった。

その後、キョンとミクルはハルヒと別れ元の時代に帰ろうとしたが、ミクルがタイムトラベルの道具をなくしてしまっていた。しかし、タイムトラベルをする前に、長門から短冊を受け取っていたことをキョンは思い出した。それが何かのヒントではないかと思い、二人はイチかバチか3年前の長門のもとを訪ねた。すると、長門はそれをわかっていたかのように、二人を時間を止めることができる部屋の中に入れ、二人はそこで3年間眠り続け元の時代へと戻ることができた。

ミステリックサイン

Mis

突然疾走した彼氏のことを捜索してもらうため、SOS団に相談にやってきた喜緑江美里。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

「Free!」とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に高校生になった彼たちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿など更なる成長がリアルに描かれた。

Read Article

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱の名言・名セリフまとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流によるライトノベル、及びそれを原作とするアニメ、漫画である。 エキセントリックで破天荒な性格の「ハルヒ」に、主人公の「キョン」が振り回されていく物語。「宇宙人や未来人や超能力者を探して一緒に遊ぶこと」を目的として設立された非公式部活で、キョンや他の部員たちが繰り広げる非日常ストーリーとなっている。作品の中で名言と呼ばれるものも数多く存在する。

Read Article

いとうのいぢさんの描くかわいいイラストまとめ

皆さんはイラストレーターの、いとうのいぢさんをご存知でしょうか?かつて「涼宮ハルヒの憂鬱」や「灼眼のシャナ」などで、類を見ない独特のタッチで大大大人気になった方です。特異となる素晴らしい点は、やはりその描く瞳にあると思われます。そんな、いとうのいぢさんのかわいいイラストを、まとめてみました。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

《声優ファン向け》各メモリーズオフの魅力まとめ

メモリーズオフシリーズ(制作・販売KID、5pb.)はプレイしたことありますか?ゲーム機離れ、スマホ世代、そして今の十代の方には馴染みがないかもしれませんが、恋愛ADVを語るならまずメモリーズオフと言ってもおかしくないくらいなのです!今だからこそどっぷりつかって、どっぷりプレイしてほしい!そんな想いをもとにまとめました。「メモリーズオフよ!永遠に!」

Read Article

目次 - Contents