地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

金霊(かねだま)

出典: livedoor.blogimg.jp

お金の精霊。出会った者に「いくらほしい?」と尋ね、金額を答えると「ここを通る者を倒しや」と言って去る。金霊の言葉の後には倒すべき対象が強い者、普通の者、弱い者の順で現れ、倒した者の強さによって得られる金額が変わる。最初の強い者を倒せば満額を得られるが、弱い者を倒した場合は少額しか得られない。作中ではまことが出会い、大型犬、普通の犬、老犬が現れた。弱い老犬を倒した為、願った金額(千円)ではなく200円しか得られなかったとぬ~べ~に言われる。
金霊の言葉の後に現れるものは幻覚であり、霊能力で祓うことができる。ぬ~べ~はこのことに気付き、鬼の手で最初に来るものを祓い大金をせしめようとした。狭い通路に入ってきた大型トラックを幻覚と思い込んで倒そうとするが、幻覚のはずの案内板でやって来たのは本物のトラックであり、全治一か月の重傷を負う羽目になった。

異次元の魔物(いじげんのまもの)

出典: blog.livedoor.jp

異次元の魔物(右)。

異次元に潜む怪物。時限の裂け目から標的を定め、人や生き物を引き込んでは体を裏返しにして元の世界に送り返すといった行動を取る。世界中に伝わる神隠し伝説の発祥の元となっている。空間の裂け目はどこにでも発生させられる為、一度狙われるときりがない。広を標的に異次元に引きずり込むが、後を追ってきたぬ~べ~に阻止されて逃げ去った。

クリッター(空中浮遊生物)

出典: blog.livedoor.jp

大気圏上層にいるエーテル体。見た目には宇宙人のような容姿をしている(実際は不定形)。UFOの正体と言われており、分裂と合体を繰り返して飛行する。地表に降りて生物を捕らえ、食すこともある。作中では宇宙人に興味を持っていた秀一を襲おうとした為、鬼の手で成敗された。

しょうけら

出典: blog.livedoor.jp

疫病神の一種。自分を目撃した風間に取り憑き、病気にして殺そうとした。風間を守るために立ちはだかった律子にも襲い掛かるが、ぬ~べ~に倒された。

吸血鬼(ヴァンパイア)

出典: blog.livedoor.jp

美樹をさらう吸血鬼。

元は気の力で治療していた気功師で、れっきとした人間。コウモリのような羽で空を飛ぶ、霧状になって隙間から侵入するといった、西洋の吸血鬼のような特徴を持つ。血ではなく、気を吸い上げて殺してしまう。
気功師だった頃、思い付きで人間の気を吸ってみたところ想像を絶する快感を得て病みつきになり、気を吸い続けた。その結果、気の力で肉体が変化し、妖怪化するに至った。50年間人間を襲い続けている。
標的は主に美女で、美樹を標的に襲い掛かりぬ~べ~と交戦する。鬼の手が持つ強大な力に気付き、気を吸うために奪い取るが制御できず暴走する鬼の手に体の内側から引き裂かれて絶命。

以津真天(いつまで)

出典: blog.livedoor.jp

供養されずに放置された亡骸に呼び寄せられる怪鳥。生き物を死なせて放置している人間に「いつまで、いつまで」と言いながら付きまとう。この「いつまで」は「いつまで放置しておくのか」との意味である。多くの生き物を飼い、死なせてそのままにしている勝の下に現れ、「いつまで」の意味を理解しない彼に襲い掛かる。ぬ~べ~が原因を突き止め、死体を供養したことで去って行った。

糸美(いとみ)

出典: twitter.com

ある日突然学校に現れた少女。赤い糸で男性を虜にする能力を持つ。この能力で、童守小の男子児童たちを虜にした。正体は20歳を迎えて妖怪化した蜘蛛の妖怪・女郎蜘蛛。糸美は自身の能力を友達を作る為のものと考えていたが、実際には男を捕らえてえ時期にし、完全な妖怪になる為の通過儀礼に必要な能力だった。
人間との友情を信じていた糸美は、人を食い殺さなければならない宿命に耐え切れず来世で人に生まれ変わることを願い自ら死を選ぶ。人間との共存を望みながら、宿命ゆえにそれができなかった点ではゆきめと共通しており、ぬ~べ~により手厚く弔われる。

山女(やまおんな)

出典: blog.livedoor.jp

山女(左)。

ぬ~べ~曰く「人を食い、害を及ぼす妖怪」。夏休みに父の勧めで農家にホームステイに行った広を連れ去るが、豪勢でおいしい料理を食べさせ、珍しいアイテムで喜ばせていた。自分の子供以外には情を示さない山女だが、子供を失くしており、広を妖怪に変えて自分の子にしようとしていたのだった。
ぬ~べ~によって捕まり、成敗されそうになるが広に庇われ「俺も母ちゃんいないから気持ちはわかるよ。でも俺人間やめたくねーんだ。ごめんよ、お前の子供にはなれない」と言われぬ~べ~に諭されて山に帰る。その直前、広に「ありがとう。楽しかったぜ、母ちゃん」と声を掛けられた。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents