地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

アニメ第36話に登場したアニメオリジナルキャラクター。童守小の音楽室にあるピアノのつくも神。
大勢の児童に愛され演奏してもらった為つくも神化したが、時の経過と共に忘れ去られて一切顧みられなくなり処分が決まった。過去を懐かしむあまり、美樹とピアノがうまくなる賭けをした郷子に取り憑いて真夜中に学校に誘い出して音楽家たちの肖像画から画霊を呼び出し無理やりレッスンさせていた。
疲労で憔悴しきった郷子を見た美樹が異変に気付き発見するも、ピアノのつくも神は画例を差し向けて攻撃を仕掛ける。駆け付けたぬ~べ~に成敗されそうになるが、孤独なピアノの気持ちを庇った郷子に庇われて、ぬ~べ~に説得されて涙を流して成仏。その後、卒業生に引き取られた。

玃ケンジ(かく けんじ) / ヤマコ

出典: girlschannel.net

変身後の姿(左)と本来の姿(右)。

童守小5年3組に転入してきた不細工な男子児童。正体は男しか生まれないヤマコという妖怪で、子供を産ませる為人間の女性を連れてくるとの掟に従い山から下りてきた。力づくでさらう真似はせず、優しく純粋な性格とピアノを含む数多の才能で恋人になってもらおうと奮闘する。
ロマンチストで、ピアノの腕もかなり高度だったが、見た目の醜さ故に愛されなかった。自分の正体を明かし、「皆に好かれるよう山で修行し直す」と言って帰って行った。ちなみに、本来の姿はかなりの美少年で、その場にいた女子児童全員を虜にした。口癖は「ヘーイ、ベイベー」。

ひまむし入道(ひまむしにゅうどう)

出典: twitter.com

人間が変化した妖怪。元はミュージシャン志望の青年だったが、挫折してニート生活をしていた。「めんどくさい」が口癖で、何でも面倒に感じる。人生すらも面倒になり自殺を図るが、通りすがりの法子に人生は素晴らしいと説かれ自殺をやめた。法子に自分の心情を打ち明けてぬ~べ~の下に案内してもらったところ、「働けば元に戻れる」と言われ「このままでもいい」と帰ろうとした。
ひまむし入道の能力は人の仕事の邪魔をする事で、「くだらない能力」と一蹴するも、法子が多忙な父と一緒に休日を過ごせないのを知り、能力を使って法子が父親と遊べるように仕向ける。必死になるうち元の姿に戻った。

ミシゲー

出典: blog.livedoor.jp

美樹の行動を再現するミシゲー。

沖縄の妖怪。しゃもじが妖怪化したもので、暗くなると近くにいた人間の行動を真似して遊ぶ。美樹はぬ~べ~の机にあったしゃもじを持ち帰り、自分の昼間の行動を真似するしゃもじが妖怪ミシゲーであることを認識するや、皆の持ち物に忍ばせ、その行動を再現させて楽しんでいた。
ぬ~べ~からミシゲーを持ち帰っていないかと聞かれた美樹は、慌てて誠のランドセルにしゃもじをしのばせて白を切る。学校帰りにまことが行方不明になった。ランドセルだけが道に落ちていたことから、美樹はぬ~べ~らにミシゲーのことを話し、まことの行動を再現させる。これによりまことの居場所を突き止めることができた。元々このしゃもじは、ぬ~べ~が除霊の依頼を受けていたもので、誠を見つけたゴミ処理場にて供養された。

目競(めくらべ)

出典: blog.livedoor.jp

目競(右)。

夢に現れる妖怪。取り憑いた人間に夢の中でゲームを挑んでくる。このゲームに負けた人間は頭が髑髏でいっぱいになり、考えることができなくなって死んだも同然になる。古くは平清盛に取り憑いたともいわれる。
作中では童守中学の生徒に取り憑いていたが、ぬ~べ~が霊視をした時には既に別の者に移った後だった。呪文を聞いた者の頭に移る性質を持っており、童守小学校では「呪文は一人にしか伝えてはいけない」「大人に言うと呪い殺される」といった噂が広まった。
下校中、通りすがりの少年から呪文を聞いたまことに取り憑き、勝負を挑む。勝利したまことは誰かに目競を移そうとするが、自分の為に書道入選のお祝いをサプライズで祝ってくれた友達を犠牲にしようとしたことを恥じて教室から飛び出す。河川敷で眠りに着いたまことは目競に「自分が2連勝したら二度と悪さをするな」と言い、勝負を挑んだ。結果はまことの2連勝だったが、目競は約束を守る気はなくまことに襲いかかる。
まことが目競に取り憑かれているとの情報を得たぬ~べ~、クラスメイトが河川敷で倒れているまことを見つけ、ぬ~べ~が鬼の手をエネルギー体としてまことの意識に送り込む。目競は、夢の中で鬼の手を得たまことに倒された。

三尸(さんし)

出典: blog.livedoor.jp

三体一組で人間の体内に住む妖怪。宿主となる人間の悪行を神に告げ口する。一回の告げ口で寿命が少しずつ減る。寿命が完全になくなれば自由になれるので、盛んに報告を行う。静の体内から現れて、夕食のおかずを猫に与えた、カンニングをしたとの些細な悪行を報告していた。
三尸により寿命が削られることを怖れた静は悪いことをしないと決めるが、学校の備品である壷を割ってしまう。これにより三尸による報告がなされ、静の寿命が尽きると思われた。そこにぬ~べ~が現れて、壷を割ったのが三尸による策略であることが露見。嘘の報告をしたことで三尸は罰を受けて消滅し、静の寿命は元に戻った。

海難法師(かいなんほうし)

出典: twitter.com

たらいに乗って沖から現れる妖怪。水難事故で死亡した霊の集合体で、海難法師を見た者は水死する(『ぬ~べ~』では「見たらその場で死ぬ」といった描写がなされている)。ぬ~べ~が児童たちと共に海水浴に来た際に現れた。地元民からは「海難様」と呼ばれ、お盆の時期には誰も海難様の社の周辺に近づかないほど恐れられている。
元が霊の集合体である為、鬼の手で斬ることはできず(砂のように散ってしまう)、経文による成仏も可能ではあるものの一体ずつしか成仏させられない。海難法師自身の物理攻撃や霊障での攻撃力は不明だが、目を開けさせる為にぬるぬるした体で巻き付くといった嫌がらせのような行動に出る。社に祀られている鎮魂の像を解放することでようやく作中に登場した海難法師を像に封印することができた。
鬼の手が効かない、見たら死ぬとの情報、見開きで現れた社の像など、読者に与えたインパクトは強い。

くだん

出典: blog.goo.ne.jp

雌のくだん。

100年に一度、動物から生まれる妖怪。雄と雌が同時期に別々の動物から生まれる。雌が災いを予言をし、雄が災いから逃れる方法を教える。共に予言や災い回避の方法を言うとそのまま死ぬ。
法子が学校で世話していたウサギから雌のくだんが生まれ「法子は水で死ぬ」と言って死亡。ぬ~べ~は法子に「くだんの予言は当てにならない」と言ったが、他の児童には「くだんの予言は100%当たる」ことや「同時期に雌雄一対で生まれる」こと、「法子を水に近づけないように」と告げ、雄のくだんが生まれる場所を探した。
ダウジングで見つけた雄のくだんは、法子の家で飼っていたインコから生まれて「法子が水で死ぬ」との呪いの原因と解決方法を告げて死んだ。

エンコ

エンコ(左)。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents