【これは】酷すぎる実写化一覧【酷い】

20141019225235

あまりにも酷すぎる実写集めてみました。

実写編

20141025 00000010 wordleaf

実写版地獄先生ぬ~べ~

「鬼の手」を持つ小学校教師「ぬ〜べ〜」こと鵺野鳴介が児童を守る為に、妖怪や悪霊を退治する学園コメディー。

集英社『週刊少年ジャンプ』にて1993年38号-1999年24号まで連載。友情、努力、勝利というジャンプ従来のコンセプトに加え、教育、都市伝説、ホラー、怪談、ラブコメディ、博学、お色気など様々な要素を採り入れ、バリエーションに富んだ展開と個性豊かなキャラクターが繰り広げるストーリーで非常に幅広い年代から老若男女問わず多くの支持を受け、1990年代後半のジャンプ人気に陰りが出始めた頃、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』などとともにジャンプの一翼を担う大ヒット作となった

出典: ja.wikipedia.org

20141019225235

原作は大人気だったのに、実写版ではあまりの酷さに苦情が相次いだようです。

T02200293 0240032011737350507

見ていない人でも、この画像を見ればだいたいの酷さは分かるはず。
漫画版玉藻。

Fbb25e67 s

ドラマ版玉藻。

Bewelzgimaao4ch

実写版黒執事

舞台は19世紀末期のイギリス。名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリス。彼は日頃の執事としての業務は勿論、全てにおいて完璧。幼い領主シエル・ファントムハイヴと共に裏家業である「女王の番犬」として動く。悪魔であるセバスチャンと契約をしたシエルは暗い過去を持っていた。シエルの過去や因縁、事件などに翻弄されつつ、セバスチャンとシエルは難問を解いていく。

出典: ja.wikipedia.org

実写版の予告編。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

特に女性に人気の黒執事。
実写を楽しみにしていた方々から落胆の声が上がっています。

News23vip uljp00001db1

実写版ドラゴンボール。
何とハリウッドが製作したそうです。

ついに予告編の公開が始まった実写映画「ドラゴンボール エボリューション」。予告編では悟空が「かめはめ波」を放つシーンや数々の格闘シーンなどが盛り込まれており、「CGを駆使したシリアスなカンフー映画」といった雰囲気を感じさせる内容となっている。ところが、これまでの情報と同じく予告編についても、「ニコニコ動画」や「2ちゃんねる」を中心に「なんだろう…悲しくなってきた」「すごいB級臭」「100億円無駄遣い」「鳥山がこの映画知らないことだけを祈る」と散々なコメントが飛び交った。

また、海外にも多数の原作ファンを擁する「ドラゴンボール」なだけに、こうした批判は世界中で散見される。タイトルに「エボリューション」が付けられたと報じられた際も、米国のニュースサイトには「製作側は原作を見たことがあるのか? こんなのクソ映画だ!」「何で悟空をUCLAで歌わせるんだ、バカヤロウ!」「これはアホバージョンと言わざるを得ない」などの怒りのコメントが寄せられた。

出典: news.livedoor.com

そしてこれが公式予告。
コメントも批評的なものが目立ちますね。

Ac1486a5043aaa215fcbaec03676f104

実写版デビルマン
もはや伝説とまで言われるほどの駄作だそうです。

「原作漫画の完全実写映画化」というキャッチフレーズのもと、制作費10億円をつぎ込み、VFXをふんだんに用いて製作された。当初、公開は2004年5月頃を予定したが、「驚異の映像をふんだんに駆使し、満足のいくクオリティーに仕上げる事」を確約するため10月に延期した。特撮映画・テレビを手掛ける東映と、アニメを手掛ける東映アニメーションがタッグを組んで特撮シーンが製作され、それを「T-Visual」と名づけて売り出した。先にアニメによる作画を行い、それにしたがってCGに動きをつけたり、CGカットの中に一瞬だけ手描きの絵が挿入されたりと、「アニメと実写の融合」という新しい表現を試みている。

出典: ja.wikipedia.org

予告画像。

D01

デビルマンといえばこのような酷い描写が多々ある漫画ですが、実写も色んな意味で酷いようです。

ikiterubouzu
ikiterubouzu
@ikiterubouzu

Related Articles関連記事

デビルマン(DEVILMAN)のネタバレ解説まとめ

2004年公開の永井豪原作の『デビルマン』実写映画。PG-12指定作品。制作費10億円、CGと実写の融合だけではなく手描きのカットを差し込む実験的映画で、双子がデビルマン(アモン)とサタンを演じるとあって話題作となった。 「デビルマン」になった不動明が人間と敵対するデーモンを討伐するために立ち上がり、最後は世界の終末のような場所で持てる限りの力を使いサタンである了と最終決戦に臨む。

Read Article

黒執事(くろしつじ)のネタバレ解説まとめ

著・枢やなによる漫画、月刊Gファンタジー(スクウェア・エニックス)にて連載中である。 19世紀末期のイギリス、名門貴族ファントムハイヴ伯爵家の幼い領主シエル・ファントムハイヴと、シエルと契約した悪魔、執事セバスチャン・ミカエリスが、シエルの過去やイギリス女王からの依頼など事件に巻き込まれつつ真相を探ろうとするダークファンタジー。 2017年に「豪華客船編」のアニメ映画上映が決定している。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・セリフまとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

「ドラゴンボール」の公式戦闘力まとめ!超高から超低キャラ勢揃い!!

世界中で大人気の「ドラゴンボール」。ここ最近では、様々な話題でネットやファンたちを驚かせています。そんな中、今回注目してみたのは、その度々登場する《戦闘力》。特に初期の頃には、その戦闘力はほぼほぼ絶対的数値で、それが低いキャラは高いキャラに勝つ事など出来ませんでした。しかしよく見てみると、いろいろ爆笑ネタが詰まっていたので、まとめてみました。

Read Article

《クイズもあるよ!閲覧注意》世にも奇妙なアニメ・漫画の奇怪イラストたちw

アニメや漫画をよく見てみると、一部映像や背景、絵コンテ、そしてキャラクターの異常さなど、とにかく奇怪なシーンが結構あるものです。人間仕様なのに間接がおかしかったり、脇にいるからと油断しているときの逝っちゃってる顔、その他不気味な絵と様々あります。今回はそんな世にも奇妙なイラストたちを、様々な作品から集めてみました。

Read Article

『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

Read Article

一体全体ダレトクナンダ?『恐怖に震えるベジータ』が色々と気の毒すぎる。

現在放映中の『ドラゴンボール超』は、1986年にアニメ化した「ドラゴンボール」のリメイク作品です。すでに30年来といった根強いファンも多く、その関連グッズも多岐に渡り色々なものが発売されていました。ところが、バンダイから販売される『DRAGON BALL Z』HGフィギュア「恐怖に震えるベジータ」が発売されたことで、ベジータが色々と気の毒なことになっていたのをご存知でしょうか?

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

ドラゴンボール永遠のライバル!べジータのパパっぷりが面白いオススメTwitter!

ドラゴンボールの主人公・孫悟空の永遠のライバルと言えばやっぱりべジータ! 惑星べジータの王子として誇り高いべジータが、もしも家庭では子煩悩な親馬鹿だったら? そんな妄想を全力で漫画にして我々を楽しませてくれる方がTwitterにいらっしゃるので、是非ともご紹介したいと思います。

Read Article

《悲報》アニメ「ドラゴンボール超」で垣間見える作画崩壊まとめ

大人気アニメ「ドラゴンボール」の最新作「ドラゴンボール超」ですが、ところどころになにか違和感を覚える今日この頃です。そうです。実は、「ドラゴンボール超」には、至る所で作画崩壊を起こしていたのです(笑)。作画崩壊は、イラストがどこかおかしかったり、顔がイカレていたり、思わず疑問符を抱かずにはいられないものまで、とにかく多種多様なのです(恥ずかしながらw)!

Read Article

彩り鮮やかでより美しく!カラーで描かれたドラゴンボールのファンアートまとめ(前編)

度々ご紹介しているミイコさん(@miicooochan)のドラゴンボールのファンアート。どれも柔らかいタッチの絵柄で温かい雰囲気のある素敵なイラストでしたよね。 今回はミイコさんに再びご許可を頂きまして、Twitterで公開されている投稿の中からカラーイラストを厳選してご紹介!柔らかい絵柄に色彩が宿る事でさらに魅力的になるミイコさんのファンアートをお楽しみ下さい☆

Read Article

【ワクワクすっぞ!!】かめはめ波は実際に撃てるの?

1983年に原作マンガの連載が開始し、現在でもゲームの発売や劇場版の上映、アニメ最新作「ドラゴンボール超」が放映されるなど、もはや知らない人はほぼいないと思われる国民的人気マンガ「ドラゴンボール」ですが、中には「かめはめ波って実際に撃てるの?」と言う人もいるのではないでしょうか?そこで今回は科学的な視点からかめはめ波は撃てるのか、様々な情報を元にまとめていきたいと思います。

Read Article

独断と偏見による『ドラゴンボールGT』「邪悪龍」がもし味方だったら?

『ドラゴンボール超』が放送中ですね。さて、20年ほど前、『ドラゴンボールZ』の後日譚である『ドラゴンボールGT』が放送されていました。評判については・・・個人的には面白かったんですけどね。特に、最重要アイテム「ドラゴンボール」から現れる「龍」が敵になってしまうアイディアとか・・・まあ確かに残念な感じが漂ってるんですよね・・・案外味方だったらいい活躍したかなあ、と思いまとめてみました。

Read Article

もはやオワコン!?「ドラゴンボール」のカオス画像・ネタまとめ

最近の「ドラゴンボール」は、いろんな意味で話題となり、もはやカオス状態にあるといっても過言ではないかもしれません。特にオワコン化しているのが、アニメ。作画崩壊はもちろんのこと、近年では最新作を放送するたびにファンから罵詈雑言を浴びることは間違いなし。極めつけは、原作者の鳥山明先生ですら興ざめしてしまうほど、とにかく、もはや「ドラゴンボール」はオワコン化しているのです。

Read Article

僕らの永遠の主人公!孫悟空のTwitterでしか見れない家庭での素朴な素顔のファンアート(前編)

前回大好評だったベジータに続き、今度はドラゴンボールの永遠の主人公!孫悟空の原作では見れない貴重な家庭的な姿を描いたファンアートをご紹介したいと思います。 ファンアートを描いていらしゃるのは前回と同じくミイコさん(@miicooochan)。ミイコさんの優しい絵柄で描かれた孫悟空の愛らしいファンアートを是非ご覧下さい!

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

Contents