地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

蛤女房(はまぐりにょうぼう)

出典: blog.livedoor.jp

海で暮らしていた巨大な蛤。広の父に食べられそうになっていたところを広に救われ、恩返しの為に学校にやって来てて料理を振る舞った。伝承では料理の中に小便を入れるとされていたが、作中では顔を煮る、自分の体を煮たり揚げたりすることでだしの汗を出し、汗に交じった愛情を味にする。料理風景は凄まじいが、味は良く皆を喜ばせた。ちなみに、どんな調理を行おうが彼女自身は傷一つ負わない。
蛤女房の汗は、誰が作った料理に入っても作用する。郷子の作った料理に蛤女房の汗が期せずして入り、見た目は散々だが広には想いが美味として伝わる料理ができた。これにより郷子の広に対する思いの強さを知り、負けを認めて海に帰った。

男鹿桃太郎(おが ももたろう) / なまはげ

出典: blog.livedoor.jp

集英新聞社の記者。しょうもないゴシップ記事しか書けず、いつも上司に怒られている。優しいだけの頼りなさげな若い男性にしか見えないが、男鹿桃太郎とは仮の姿で、正体は大晦日を象徴する鬼・なまはげだった。彼の一族は鬼の中でも人間に対して好意的で、人間と共存している。
大晦日に正体を現し、悪人を懲らしめる。強い正義感を持つが故に悪を決して許さない性格で、広たちを縛り上げた強盗を殺そうとした。鬼の手をも傷つける出刃包丁と高い戦闘力を持つ。

かみきり

出典: blog.livedoor.jp

人間の髪をカットするかみきり。

夜に忍び寄り、髪の毛を切る妖怪。伝承では鳥のような姿だが、本作では人型をしている。両手がハサミと一体化した男性の姿。髪の毛を切るのも元の長さに戻すのも自由自在にできる。髪を切られた人は人格も変わる。
江戸時代から生きており、かつては髪の毛を斬るしか能のない妖怪(本人談)だったが、人間の恋人に美容師になる為留学をさせてもらった過去がある。現在は流しの美容師として、行く先々でヘアカットを行い流浪している。
「留学を終えて戻ったら、一番に恋人の髪をカットする」との約束をしていたが、彼女が死亡した為に果たせずにいた。郷子の風貌、髪質が恋人と同じであった為、妖力を用いて郷子を生前の恋人と同じにしてしまう。郷子を別人にしたと広に殴られるが、「髪をカットする」との約束を守ろうとしただけで記憶まではいじっておらず、郷子の髪を元に戻して町から去った。法子、美樹も髪型と性格を変えられたが、こちらは放置されたままであった。

子泣きじじい(こなきじじい)

出典: blog.livedoor.jp

800歳の妖怪。老獪かつ破廉恥極まりない性格。かわいらしい赤ん坊を装い、スリや女性の体を触るといった行為に及ぶ。煩悩をみなぎらせて体を石のように硬化させる力を持つ。硬化すればするほど移動速度も速くなる。金属のロッカーをへこませるほどの強い力を持ってぬ~べ~を追い詰めるが、機転を利かせて女性用下着をつけたぬ~べ~の姿を見て煩悩が解け、女性用下着をくっつけた全裸の男性像とともに海に沈められた。

両面宿儺(りょうめんすくな)

出典: blog.livedoor.jp

信州の山奥の洞窟に、御鬼輪(鬼の力を封じるアイテム)で封じられていた妖怪。両面宿儺を封じるためだと知らなかったぬ~べ~が御鬼輪を外した為に解放された。ぬ~べ~たちが泊まっていた宿に現れるも一度は撃退される。翌日、山の気を吸ってパワーアップを遂げ、スキー場にいた人々を襲う。巨体ながら素早い身のこなしと持ち前のパワーでぬ~べ~たちを翻弄したが、「律奈子先生」(*)により、鬼の手の力を解放され倒された。

*鬼の手に封じられているぬ~べ~の恩師・美奈子先生の魂が律子の体に宿ったもの。

ボゼ

赤ん坊の元となる魂。既婚女性の腹に入り、赤ん坊になる。作中ではぬ~べ~が妊婦に憑いた動物霊を祓った際、一緒に抜け出し、いずなの腹に入ってしまっていた。ボゼは非常に弱い霊である上、大気中にはボゼを狙うボゼ喰いなる妖怪もいる為、母親を見つけ出して戻す必要が生じた。
ボゼが入ると年齢や性別に関係なく腹部が妊婦のように膨らみ、つわりやすっぱいものをほしがる妊娠時の症状が現れる。いずなは自分も母親を探しに行った際、ボゼの要求でミカンをドカ食いし、マタニティスイミングを行う羽目になった。ボゼと過ごすうち、赤ん坊が嫌いないずなの心境にも母性が生じ、ボゼ喰いから守るために自身の体を盾にした。
ボゼは見つけ出した母親の胎内に戻り、無事赤ん坊が誕生した。

ボゼ喰い(ぼぜくい)

出典: blog.livedoor.jp

ボゼ喰い(右)。

赤ん坊の魂の元となるボゼを食う妖怪。大気中に存在する。ひょんなことからボゼをもらってしまったいずなごとボゼを狙うが、ぬ~べ~に退治される。ボゼは元の赤ん坊の中に戻された。

火車(かしゃ)

出典: blog.livedoor.jp

死者の魂を奪う妖怪。死んだふりをしていたお福婆さん(童守町の住民)の魂を奪おうとするが、ぬ~べ~に倒された。

あぎょうさん

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents