地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

出典: blog.livedoor.jp

一本ダタラ。

声:青野武

山の神に送り込まれた刺客。「人間になるための条件」と嘘を吹き込んでゆきめに人を殺させ、雪女としての冷酷な魂を呼び起こそうとした。人間(律子)をさらったものの結局は殺せなかったゆきめを妖怪失格と称し、限界まで妖気を吸い取り、ぬ~べ~を氷の洞窟に追い込むも、鬼の手で抹消される。
アニメ版では山颪という別の妖怪が、原作での一本ダタラの役割をになっていた。

小玉鼠(こだまねずみ)

出典: dokusho-ojikan.jp

山の神の刺客。ゆきめの荷物に紛れ込み、監視をしていた。山の掟を人間に知らしめる役目を持つ。風船のように膨らみ、爆発する瞬間に凄まじい妖力を発する。ゆきめ、ぬ~べ~だけではなく5年3組の児童もまとめて抹殺すべく大爆発をしたが、皆を守ろうとするぬ~べ~の意思が宿った白衣霊壁呪により爆発を防がれた。

つらら

出典: renote.jp

声:喜多丘千陽(CR版アニメーション)

山の神が送り込んだ刺客。ゆきめの幼馴染みの雪女で、幼少期からゆきめをいたぶって遊んでいた。心の底ではゆきめを妹のように思っており、ゆきめをたぶらかした人間と見なしてぬ~べ~の命を狙ってきた。ゆきめに横やりを入れられて敗北し、ぬ~べ~からも情けを掛けられて立ち去る。その後和解したらしく、ぬ~べ~とゆきめの結婚式に出席していた。
見たものを氷の彫刻としてコピーする能力を持つ。外見だけではなく機能も再現でき、バイクや銃などを再現、使用した。

岩天狗(いわてんぐ)

封印された山の神の意思を受け、ぬ~べ~の抹殺に乗り出した。手の葉団扇で、さまざまな種類の風を引き起こす。不安の風を起こし、ぬ~べ~の不安を煽ってゆきめとの恋を諦めさせ、失意のまま踏切に追い込んで殺そうとした。
ところが、妖気によってぬ~べ~に存在を感づかれていた。実力で戦おうとするも、覇鬼との和解を済ませたことで想像以上のパワーアップを遂げたぬ~べ~の猛攻で押されていき、最後は覇鬼の一撃で倒された。
800年間恋人がおらず、いつの間にか憂さ晴らしでぬ~べ~に攻撃をしていた。

雪鍛冶(ゆきかじ)

文庫版第12巻の書き下ろし作品『二人のゆきめ』に登場。山の神お抱えの造形師で、ゆきめをはじめ、多くの雪女を作り出してきた。山の神の命により童守小に現れ、隙を突いてゆきめに冷たい炎(雪女を作る為の能力)浴びせ、復活前と復活後の二体に分離させる。復活後の冷たい雪女の方のゆきめを連れ帰ろうとしたが、ゆきめ(新)の裏切りに遭う。逆上して新旧共に溶かしてしまおうとしたが、ぬ~べ~の鬼の手で引き裂かれた。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~その他の霊や妖怪~

マクラノショージ

声:高戸靖広

アニメオリジナルキャラクター。視聴者に妖怪の解説を行う。二人のユーレイ(声:豊嶋真千子 / 宇和川美和)を従えている。外見のモデルは原作者・真倉翔。

肝狸(きもり)

声:幸野善之

漫画の特別読み切り版及び、アニメ第1話に登場した扇動霊。扇動霊とは、取り憑いた人間に影響を及ぼす霊である。作中に登場した肝狸は、人の心臓に寄生し、精気を吸い取るり宿主を死に至らしめる。人を苦しめるのを好むが、自分が苦しむのは嫌だという外道。広に取り憑いたが、ぬ~べ~に退治された。

二宮金次郎像

出典: blog.livedoor.jp

魂の宿った像。元は童守中学校に会った二宮金次郎像だが、工事の為童守小に一時預けられた。夜な夜な動き回って、まことを狙っているかに思われたが、実は別の悪霊からまことを守っていた。まことを守って悪霊を吸い込み、砕け散った。

弥々子河童(ねねこがっぱ)

茨城県出身の女の河童。勝手気ままな性格と怪力の主。「だっぺよ」とお国訛りでしゃべる。学校生活に憧れて童守小を訪れる。ぬ~べ~の計らいで5年3組に編入したが、自己中心的な振る舞いが多く、クラスメイトたちに嫌われたと知って落ち込む。ぬ~べ~から「学校とは、集団生活の仕方を学ぶ場所」だと教えられ、仲間たちが友達のいない彼女の懸命な気持ちを理解し手優しい言葉をかけてくれたことから、人間の気持ちが分かるようになるまで身を引いて川に戻った。
美樹が負けを認めるほどの巨乳の主。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

魔女見習いをさがして(おジャ魔女どれみ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔女見習いを探して』は1999年に放送開始した、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズの20周年を記念して制作された映画。本作は、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』を視聴して成長した3人を主人公としているため、小学生・春風どれみを主人公としたアニメシリーズとは異なる完全新作映画である。大学4年生で進路に悩む長瀬ソラ、仕事が思うようにいかず苦しむ会社員の吉月ミレ、夢のために奮闘するフリーターの川谷レイカ。3人が偶然にも『おジャ魔女どれみ』という共通点で繋がり、ゆかりの地を巡る旅に出かける。

Read Article

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説・考察まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

おジャ魔女どれみ(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ』とは、東映アニメーション制作のアニメ作品。以後シリーズ化し、コミックス・ゲーム・OVA・映画化などのメディアミックス展開をしている。春風どれみは、ひょんなことから魔女マジョリカの正体を暴いてしまい、素性がばれたマジョリカは呪いによって魔女ガエルにされてしまう。マジョリカを元の姿に戻すため、どれみは親友の藤原はづき、妹尾あいこ、妹の春風ぽっぷと共に魔女見習いとしての修行に励むことになる。魔法の力を借りながら周囲の人々の悩みを解決していく模様を描いたストーリーとなっている。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

おジャ魔女どれみ♯(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ♯』とは、東映アニメーション制作のアニメ作品。以後シリーズ化し、コミックス・ゲーム・OVA・映画化などのメディアミックス展開をしている。今作では、「ウィッチー・クイーン・ローズ」から生まれた赤ん坊・ハナちゃんを育てることが主なストーリー。おジャ魔女である春風どれみ、藤原はづき、妹尾あいこ、瀬川おんぷ、春風ぽっぷが彼女を育てることを通して愛情を知り一人前のママになっていく。また、一期と同じく魔法の力を借りながら周囲の人々の悩みを解決していく模様を描いたストーリーも顕在である。

Read Article

まもって守護月天!(初代/解封の章)のネタバレ解説・考察まとめ

『まもって守護月天!』とは1996年から『月間少年ガンガン』にて連載を開始した桜野みねねによるハートフルコメディ漫画及び、漫画を原作としたアニメ作品のことである。幼少期より家族の不在によって心に寂しさを抱えて過ごしてきた少年が、父からの贈り物によって呼び出された精霊たちと生活を共にして賑やかな日々を送るようになる。日常のドタバタ劇だけではなく、登場人物たちの恋模様や頼りなかった少年が徐々に成長していく姿も見どころだ。

Read Article

目次 - Contents