地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

出典: 3f.blog.jp

長野県の山中にある次元エネルギー研究所の職員。研究チームのサブリーダーでもある女性。丑光の恋人で、彼を「みっくん」と呼ぶ。容姿は少し郷子に似ており、丑光は郷子を見る度襟を思い出していた。
「人間の思念が次元を作る」との持論があり、量子力学を通じて天国や地獄といった異次元を観測する研究に情熱を捧げていた。その研究の内容から、オカルト研究者の意見も聞くべきと考え、オカルトの専門家として研究所に招かれた丑光と出会った。最初はオカルトマニアにしてオネエ口調というややクセのある丑光に引いていたがともに研究を続けるうちに打ち解けてデートをするようになり、いつしか研究所公認のカップルとなった。
大規模な実験装置に自ら乗り込み、異次元・地獄を見に行こうとしたが、逆に地獄からやってきた地獄人・ラミアに身体を乗っ取られてしまう。その後はラミアの肉体として使役されており、丑光がヴィムクに従う原因となった。
ラミアの憑依は不安定な時があり、ラミアが丑光を殺そうとした時、一瞬だけ絵里の自我が戻って彼を救った。また一時、完全に自我を取り戻して丑光から地獄人の企みを聞かされ、丑光が自分を救う為に悪に加担していることを知って自責の念に駆られる。同時に、自らの内に巣食う悪しき存在(ラミア)に気付く。ラミアがこれ以上自分の体で悪事を働かないよう投身自殺を図るが、再び自我を乗っ取られ失敗に終わった。
ラミアが鬼天帝の肉体を乗っ取り、真・鬼天帝となったことで完全にラミアから解放された。戦いの後は呪縛から解かれた仲間たちと共に研究所に戻り、研究を再開する。

梅澤(うめざわ)

出典: komicolle.org

ゆきんこ製菓の執事。常に眼鏡とタキシードを着用するイケメン。カルラにゆきめからの指令を伝えたり、カルラの世話役兼お目付け役として、彼の戦力を落とさない為食事へのダイエットサプリの混入やカロリー計算などを行う。沈着冷静な性格で、感情任せに怒鳴ったり暴れたりするカルラに対しても落ち着いて対処する。武術の心得があるが、五徳猫が現れた時ゆきめに「相手が妖怪では、あなたでは無理」と制止されている。カルラが童守アリーナに潜入した際、梅沢も別ルートで潜入し、ヴィムクの工作員のみならず、地獄人に見つかることなく爆薬を仕掛け、アリーナの爆破を成功させた。

ハニートラップ

児童養護施設「ゆきんこ学園」で暮らす幼女。「ハニートラップ」の名はカルラがつけた呼び名で、本名は不明。「床下に大きな猫がいる」と言って床下に潜った際、境壊法術で召喚された五徳猫に捕まり食べられそうになる。危機一髪のところを、麒麟の角を用いたカルラに救われた。

アデリーナ

出典: ptt.islander.cc

広の所属するセリエA「ペペロンチーノ・ハバネロ」のイタリア人チーム秘書。ぬ~べ~が一目惚れするほどの美人。広曰く「郷子の10倍はオッパイがでかいし色っぽい」。カタコトではあるが、日本語を話せる。広が日本に帰国した際同行し、広の行き先に車で迎えに現れる。広のお目付け役のような存在で、膝の容態に構わず外出を繰り返し、膝のことを恋人の郷子に打ち明けないヒロシに頭を悩ませていた。
郷子からは、イタリアでの広の恋人と誤解されてしまう。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~妖怪・ぬ~べ~の仲間~

ゆきめ

出典: ameblo.jp

ぬ~べ~に恋する雪女。自称「鵺野先生のフィアンセ」。幼少の頃人間の猟師に「氷の化け物」として撃ち殺されかけた。そこを学生時代のぬ~べ~に救われており、それから恋い慕うようになった。熱いものが苦手で、食べ物は凍らせて食べることが多い。また夏の外気温に耐えられない時は雪だるまとなる。
山にいた頃は雪を降らせ妖力を発散させていたが都会ではそういうわけにはいかず、ぬ~べ~とゆきめの特徴を受け継いだ子供「ゆきべ~」を生み出してしまう。これは正確には雪ん子という妖怪で、雪女が単体でも生み出せる生理現象のような物であった。
ぬ~べ~の気持ちが律子にあると思われていた頃から猛アタックをしていた。人間に思いを寄せ、恋仲になることは山の掟に反すると山の神に咎められ殺されそうになる。ぬ~べ~は自分が本当に愛しているのがゆきめだと知り、彼女を救出して想いを口にするが、拷問にかけられたことで参っていたゆきめはそのまま溶け去った。

山の神に体を復元されるが記憶をリセット(封印)され身も心も冷たい雪女としてぬ~べ~を凍り付かせて殺そうとした。鬼の手の力で封印された記憶がよみがえり混乱する。やけになって町に降り、片っ端から男性を凍り付かせ連れ帰ろうとの暴挙に出た。その後紆余曲折を経て消え去る前のゆきめに戻る。
またも山の神たちの妨害に遭うが、ぬ~べ~の父・無限界時空が人柱となり山の神は封印された。人間と妖怪との恋路には数多の障害があることが示唆されるも、共に乗り越えると決めたぬ~べ~の言葉もあり、皆に祝福されて結婚した。

『NEO』では、28歳になって登場。九州に本社を持つ「ゆきんこ製菓」の社長。この会社は設立当初は趣味での個人経営だったが、発売したアイスが大ヒット。現在では雑誌で特集が組まれるほどの大企業となった。ぬ~べ~と共に九州に渡ってから8年後に霊力病(長年にわたり、人間の強い霊力を浴びることで発症する妖怪の不治の病)を発症し、ぬ~べ~と離れて暮らしている。ぬ~べ~の強い霊力を浴びたのが原因であり、ぬ~べ~はなるべくゆきめに会わないようにしている。
『NEO』5巻でゆきんこ製菓の見学に来ていた5年3組児童、郷子、そしてぬ~べ~と出会う。ぬ~べ~からは突き放した態度を取られていたが、工場に現れた悪霊を倒す為共闘し、いつかまた一緒に暮らせると信じて別れた。
後にヴィムクの存在と目的を知り、ぬ~べ~の力になりたいと社長という立場を利用してヴィムクに出資を行う企業に潜入捜査を行う。同業の冥土製菓に潜入していた折、地獄人(ヴィムクの幹部)・ジルド。霊に襲われていたヴィムクの霊能者・カルラ・シンを見つけて保護し、共にヴィムクに立ち向かう決意をした。カルラに「ボス」と呼ばれ、彼に指令を与えていた。二人で幾多の企業に潜入捜査を行い、ヴィムクの息がかかっている企業をリストアップした。
後にかつて自分を半殺しにし、退けられた絶鬼(覇鬼の弟)が再び地上に現れ地獄人と戦うさまを見て鬼天帝降臨の阻止になると考え、傷を負い倒れた彼を妖力で手当てした。鬼天帝復活後はぬ~べ~の戦いを見守り、追い詰められながらもしぶとく抵抗を続ける鬼天帝を足止めするために、大天狗から教えられた吸気法で鬼天帝の容器を吸収する。戦いの後、鬼天帝の膨大、かつ絶大な妖気の影響で霊力病が完治し、ぬ~べ~とまた一緒に暮らせるようになった。

玉藻京介(たまも きょうすけ)

出典: game8.jp

声:森川智之
演:速水もこみち

400歳の妖狐。妖怪としての正式な名前は「荼吉権現天狐(だきごんげんてんこ)」。妖狐としては高いくらいと能力を持ち、炎や幻術を用いた術を使う。沈着冷静かつ真面目で高いプライドを持ち、格下の妖怪を小物と呼ぶこともあるが、妖怪に関してはいくらかの仲間意識を見せることもある。

妖狐族の掟に従い、人化の術を完成させる為、自分に最も適した髑髏を奪うべく人間界に現れる。最適の髑髏である広に近づくべく、童守小学校の教育実習生として近づいた。ぬ~べ~との戦闘の果てに敗北する。この時、爆発的な霊力で自分に打ち勝ったぬ~べ~に興味を持ち、そのまま人間界にとどまってぬ~べ~や人間の観察を始める。初めは人間に敵対する者として現れたが、対決や共闘を経てぬ~べ~のライバル的な存在へ変貌を遂げた。
大学の民俗学部生・南雲明彦の髑髏を使用しており、人間界では南雲の容姿を引き継いで生活している。かなりの美形なので、女性にはモテる。

人間界に来る前にあらゆる知識を会得しており、ぬ~べ~に敗れた後は童守病院で外科医を務めている。ぬ~べ~の力の源である「愛」を研究するのが目的だが、次第に自分の中にも愛が芽生えつつあることに煩悶を覚える。受け持ちの患者の脳に寄生型の妖怪が腫瘍として取り憑いた時には「この子を絶対に助ける」との意思を持って外科的な手術を決行した。本人はなかなか認めなかったが、絶鬼(鬼の手として封印されている覇鬼の弟)との戦いの時には倒れたぬ~べ~に代わって児童たちを守った。この時、玉藻の妖力は無限に膨れ上がり、絶鬼から「半分人間の匂いがする(人間に近づいている)」と評された。

自分に最適ではない南雲明彦の髑髏を使い、ぬ~べ~たちとの共闘を続けた結果体を壊し、人間で言えば廃人のような状態になってしまう。玉藻を救うには、陽子たちの神・九尾の狐の助力が必要だった。ぬ~べ~は玉藻を救いたいと九尾に願うが、一蹴されて焼かれそうになる。玉藻は無意識にぬ~べ~を庇い、九尾によってぬ~べ~もろとも試練の壷に放り込まれた。一時的に意識を戻された玉藻は、壷の中でぬ~べ~と共闘し、怪我をしたぬ~べ~を庇いながら共に試練の壷から出る。
九尾は玉藻に愛や思いやりの心が生まれつつあることを認め、「愛」という新たな力を得た玉藻に妖狐族の未来を託す意味で自らの尾を一本与えた。九尾の尾の力で、人化の術を完成させずとも廃人化することはなくなった。

妖怪博士との戦いの際攻撃を受けたが、とっさに陽神の術で気を練り上げて分身を作った。十分な気を練り出す余裕がなく、子供の姿で現れることとなり「南雲京太(なぐも けいた)」と名乗った。

『NEO』ではわけあって九尾のそばを離れられない状況にあり、鬼天帝との戦いの協力を要請されるが断った。最終回で、衰弱した九尾に付き添う形で登場した。「お前は本当に行かなくてよかったのか?」との九尾の問いに「鵺野先生なら勝つ。そう信じていましたから」と返している。

速魚(はやめ)

出典: twitter.com

速魚(左)。

童守町の周辺に住む人魚。推定800歳以上。
200年前村祭りの灯りに惹かれて陸に上がり、ミイラになった後、ぬ~べ~の霊力で蘇った。その恩を返す為に自分の肉を食べさせ、ぬ~べ~を不老不死にしようとするが、ぬ~べ~がそれを望んでいないため、恩を返し終わるまで童守町の沖合に居ついた。八百比丘尼(*)の伝承に登場する人魚は、速魚である。
頭が弱くドジだが、人の感情に敏感で純粋な性格で、血液による怪我の治癒や、感情を伝える妖力のこもった歌を歌うなど優れた能力を複数持つ。彼女の能力で救われた人物も多い。自在に人間に変身できるが、水に濡れると人魚の姿に戻ってしまう。
速魚の血を浴びたり肉を食べると副作用として知性が低くなってしてしまう。血を浴びた程度なら知性の低下は一時的なもので済むが、肉を食べ、不老不死になった場合は彼女の肝を食べない限り人間に戻れない。

*人魚を食べ、不老不死となった比丘尼(尼僧)の伝説。全国28県89市区町村に八百比丘尼にまつわる伝承があり、細かい内容は地域によって異なる。

座敷童子(ざしきわらし)

出典: www.manga-diary.com

童守町に現れた妖怪。近くにいる人々を幸福にする。ぬ~べ~から与えられた塩せんべいが好物。ぬ~べ~に懐き、童守小学校5年3組に居ついたことがある。滞在中は児童に幸福を授けていたが、勉強をしないで満点を取るなどの幸運が続いたことで、児童たちが努力を怠り始める。ぬ~べ~は、座敷童に「幸せ過ぎると、人は努力をしなくなってしまう。これ以上は幸せの押し売りだ」と座敷わらしにに学校から去るよう諭した。交通事故から児童を守るために力を使い、消滅したかに思われたが、ぬ~べ~のポケットから塩せんべいを抜き取り走り去る描写があった。その後もたびたび登場している。
基本的には温厚だが、怒らせると逆に不幸を与える。ゆきめに怪我をさせられたと勘違いし、散々な目に遭わせたことがある。
ある程度の年齢になると人間には見えないが、実年齢以上に幼い精神を持つまことには見えていた。

元は人間の少女・春子。戦時中、物がない中でも少ない自分の食料を他の子に分け与えるなどしていた。他者の幸せを願いながら亡くなった経緯を持ち、そこから周りに幸福を与える妖怪になったと思われる。生前の記憶は消えていたようだが、ぬ~べ~の力で若返った母と再会した時に一時的ながら記憶を取り戻した。

ゆきべ~

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents