地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

出典: twitter.com

北海道から童守小に転入してきた女子児童。小悪魔を自称するトラブルメーカー。前の学校では正体がバレて警戒された為、童守小ではバレないように慎重にいたずらを行っていた。東京の私立中学受験の為、親戚の叔母の家に住んでいる。
転入してきた当初は、猫をかぶってお淑やかな少女を演じてクラスメイトはおろか、担任のぬ~べ~、郷子にまでいたずらを仕掛けた。調子に乗りやすく自制心が効かない面があり、悪乗りをした結果早くに正体がバレて保護者の呼び出しを受ける。その保護者とは、かつてのぬ~べ~の教え子で郷子のクラスメイト・美樹であった。美樹のことは「美樹姉(みきねえ)」と呼んでいる。
妖怪騒動の際、自分を守ってくれた健斗に心惹かれるようになる。正義漢の百合愛とは犬猿の仲だが、妖怪に襲われた時には渋々ながら協力している。お金に汚い面を持ち、自分が教えたおまじないで衛がお金を拾い、落とし主から礼金を得た時は分け前を要求したことがある。
「いたずらができれば友達なんかいらない」と言っている一方、情に厚い面もあり、子育て中のハクビシンが学校菜園で育てた野菜を盗んでいたと知った時には自分が罪をかぶり、彼らに野菜を差し入れ、野鳥の雛を野良猫から庇うなどした。鉄砲水にぬ~べ~たちが飲み込まれた時は、いたずらに使おうとしていた遊具で救助している。
一度幽体離脱を試そうとした際重いものが頭に当たって昏睡状態に陥り、シルバーコード(体と魂を繋ぐ線)が切れかかった時には5年3組の児童やぬ~べ~の思いに救われて魂が肉体に戻った。

諸星はずる(もろぼし はずる)

出典: dokusho-ojikan.jp

ナス顔とほくろが特徴。初期から登場しているが、作者からも忘れられるほどに影が薄く、登場こそするものの脇役のまま放置されていた。初主演エピソードは第32話。クラスメイトの穂奈美のことが好きで彼女に告白するが、すぐに忘れられてしまう。後に穂奈美に憑いていた妖怪おとろしから助けたことで恋が実る。相変わらずすぐに忘れられてしまうが、陰ながら彼女を守ると決意した。

帆中穂奈美(ほなか ほはみ)

はずるが恋をした花壇係の女子児童。読書が好きで図書室で本を読む。体育では跳び箱が得意。いつも誰かに見られている気がするとぬ~べ~に相談していた。後にはずるに告白され仲良くなり、妖怪おとろしから救われた際に相思相愛になるが、すぐに彼を忘れてしまう。
実は隠れ腐女子で、クラスメイトのあさみとBLの同人誌を貸し借りしている。

あさみ

眼鏡をかけている。穂奈美の腐女子仲間で、よくBL本の貸し借りをしている。

花札大(はなふだ だい)

金持ちの息子で肥満体型。有名ブランド商社の社長の息子。「僕のステータス」と称してブランド品を持ち、自慢ばかりするので友達がいなかった。ブランド品を学校に持ち込むことで説教をしてくるぬ~べ~のことも嫌っていた。
暇な時にはスマホゲームをしており、突如現れたアプリ「フレンドクエスト」を新ゲームだと思って課金。衛や星蘭が「友達になってほしい」と寄ってきた。やっと友達ができたと喜び、調子に乗って課金をしまくり、勇樹、瑠海、茉莉、百合愛と強制的に友達を増やしていった。最後に健斗を友達にしようとしたが、ぬ~べ~が大の両親に電話をしてスマホのアプリを停止してもらった為に操作ができなくなる。スマホから「フレンドクエスト」を作った妖怪・有財餓鬼が現れ襲われそうになったところをぬ~べ~に助けられる。
鬼の手の衝撃で窓から落ちかけるが、健斗らに助けられて友達になった。事件解決後、友情の印にとスイスの有名ブランド・シュプルングルのチョコを振る舞った。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~その他脇役~

木村愛美(きむら まなみ)

出典: animeperson.com

声:鈴木富子

克也の妹。小学2年生。共働きの両親に代わり、幼い頃から克也が面倒を見てきた。その為、克也を「世界一のお兄ちゃん」と慕っている。はたもんばなど、何度か妖怪関係の事件に巻き込まれている。

山口圭介(やまぐち けいすけ)

晶の弟。小学1年生。

篠崎愛(しのざき あい)

出典: ameblo.jp

声:及川ひとみ
演:中村ゆりか

童守小学校6年5組の女子児童。良家の令嬢。コンクールで入選するほどのバイオリンの腕前を持ち、英語も含め四か国語を話せる才女である。周りからは一目置かれているものの、「近寄りがたいお嬢様」と言われ遠巻きに憧れられるだけで、仲の良い友人がいなかった。まことはそんな愛に臆せず話しかけてきた初めての友達であった。
目玉の妖怪・百目鬼(どどめき)に取り憑かれており、登場時は片手の甲に現れた目玉に悩まされていた。いくら潰しても出てくる百目鬼に困り果てぬ~べ~に相談するが、「百目鬼は特定の行動を取った人物にしか出ない」と言われた上で目が出始めた時期を聞かれるや「忘れました」としか答えなかった。
周囲の羨望や期待の目に疲れ果て衝動的に万引きをし、そのまま「自分も悪いことをする」「他の人と同じ」との安心感を得るために盗みを続けたところ百目鬼に取り憑かれたのだった。まことに嫌われることを怖れ万引きの事実を隠していたが、全身に百目鬼が広がりぬ~べ~に事実を告白。百目鬼は罪悪感や後ろめたさが目となって現れる妖怪で、本当のことを話した途端に消え去った。

風間守(かざま まもる)

出典: animeperson.com

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents