地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

美樹と克也の前に現れた、ウジのわいた男。自分が死んだことに気付かず、さまよっていた。キャバ嬢に貢ぎ続けて自己破産をし、貢いでいたキャバ嬢に冷たくあしらわれてそのまま亡くなった哀れな人物。克也が美樹を守るために何度も殴り続けたが死体である為に効かなかった。ぬ~べ~により成仏させられる。

悪食鬼(あくじき)

健斗に取り憑いた悪食鬼(後ろ)。

心が欠けた人物に取り憑き、悪食をさせる。母親の愛に飢えている健斗に取り憑いて悪食をさせようとしたが、ぬ~べ~の経文に縛られた。愛情のこもった料理を食べさせれば離れるが、健斗の両親は既に離婚していた為に母の手料理を食べさせることができなかった。これにより、ぬ~べ~は危険を覚悟で除霊をしようとしたが、除霊の協力に自ら名乗り出た百合愛による手作りオムライスにより健斗の心が戻ったことで祓われた。
悪食鬼が払われた後も、健斗の悪食癖は特に治っていなかった。

すねこすり

星蘭を転ばせるすねこすり。

犬に似た外見で、何本もの足を持つ妖怪。いたずら好き。人の足を絡ませ、転ばせる能力を持つが、子供である為力が弱く、幼い子供鹿点灯させることができない。
元は兄弟妖怪の弟で、揃って道に迷い、兄が車に轢かれて死亡。弟はそれ以降人間を恨んでいた。霊力の低さから星蘭に取り憑き、何度も転倒させるが、ぬ~べ~に見つかってこれ以上被害を広げないようにと成仏させられそうになる。これに百合愛が反対し、先の理由を知ったぬ~べ~により山に返すことが決まった。
捕獲されてからは経文に縛られていたが、郷子が机の上に資料を置いた表紙に抜け出し、またも星蘭に取り憑く。星蘭は、すねこすりの気が済むまで何度も転ばされることを覚悟した。境壊法術で発せられた強い霊気を浴びてパワーアップ。人間のみならず車までをも飛ばして町をパニックに陥れた。ぬ~べ~に除霊されそうになったが、星蘭の必死の呼びかけで元の姿に戻り、ぬ~べ~たちに連れられて山に山に帰って行った。星蘭の呼びかけで人間への恨みは消えたが、時々いたずらで登山客を転ばせている。

怒髪(どはつ)

怒っている者に取り憑き、怒りの力で暴れる鬼のような妖怪。雷を操る能力を持ち、この能力は憑依された人間にも使える。取り憑かれた者は角が生え、顔が赤くなる。登下校中にふざけていた児童たちを叱り飛ばして注意したが為に、児童たちやその親から非難された初老男性の井狩に取り憑いた。健斗や衛に襲い掛かるが、井狩が自分で怒髪を引き剥がし、児童への想いや自分で子供らを守るとの意思を伝えた。その後、怒髪はぬ~べ~に成仏させられる。

あやののストーカーの霊

生前あやの(石川校長の知人の娘)にストーカーをし、フラれて自殺した男。あやのに近づいてきた男を襲い、怪我を負わせ別れさせていた。あやのとぬ~べ~の芝居に引き寄せられて現れ強制成仏させられる。

神隠子(かみかくし)

鏡の形をしている。体全体がこの鏡に入ると異空間に閉じ込められる。境壊法術で校内に出没していたところをぬ~べ~に捕縛されるが、茉莉に持ち出されていたずらに使う道具として利用されてしまう。ぬ~べ~たちに本性が暴かれて逃走を図ろうとした茉莉を異空間に引き込もうとしたが、ぬ~べ~によって破壊された。
後に、健斗と父親を和解させる為に霊水晶の水晶玉の記憶から呼び出健される。健斗を吸いこもうとしたところを健斗の父が救い、神隠子は再び鬼の手で破壊された。

タレント霊能力者の霊

マツコ・デラックス(実在のタレント)に似ている。スマホに映っていた。霊能力者の矢で相手を射ると、その相手に恋をしてしまう。一台ではなく、様々なスマホを移動していた。自分を拾った茉莉を矢で射貫こうとしたが、ぬ~べ~に強制成仏させられ破壊された。

ミヅチ

境壊法術で現世に現れた。たこ焼き屋の店主が法術で操ろうとしたが、彼の能力を超えていたためコントロースしきれず店主を食い殺す。鬼の手NEOで倒された。

はらだし

屋敷でおもてなしをする妖怪。江戸時代、武家屋敷で客人の接待を担当していた武士が妖怪化した。重要文化財として残る武家屋敷で健斗たちを招待し、もてなそうとしたが、妖怪化して久しい為か人間と感覚がずれてしまい、どれもうまくいかなかった。人間としての心は残っており、ぬ~べ~に妖気を吸い取ってもらって本来の姿を取り戻した。もてなしに成功し、満足して成仏する。

算盤小僧(そろばんこぞう)

出典: komicolle.org

近畿地方出身。計算に困っている人を助けに現れる。大きな箱の下に潰されていたところを茉莉に助けられ感謝して彼女の頭の上に乗る。自分を頭に乗せた人に計算を教える他、その人の心を読むこともでき。テレパシーが使える。茉莉の本心を知っており、彼女に友達がいなくなることを心配していた。
童守小の校外授業で上流にあるダムが放水して逃げ遅れたぬ~べ~、健斗たちを茉莉がいたずらで使う予定だったからくりを利用し、救出したことで彼女がみんなの仲間になれたことに安心して成仏した。

川赤子(かわあかご)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

目次 - Contents