地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

声:山野井仁

天地創造の神の末裔の巨人。漢字表記は大太法師。ビルの姿で街に潜む。周囲の建物や自然環境を傷つけることなく建物、地形そのものを自由自在に変える力を持つ。美樹を気に入ったのか、彼女の頼みで狭い道を広げ、鉄塔の場所を移動させた。

水熊(みずくま)

出典: dokusho-ojikan.jp

水熊と、その背に乗る秀一

水神の一種。工場の水害に怒り、姿を現す。水を自在に操り、嵐をも巻き起こす。水熊をUMAと思い込み、接触してきた秀一にだけは好意を示していた。街を水で洗い流そうとしたが、秀一に触れて考え直したのか、原因となる工場の水だけを流し、去って行った。

水象女(みずはめ)

出典: blog.livedoor.jp

秀一が幼い頃、誤って下水に流してしまった亀が用水路に会った罔象女神(ミヅハノメ。日本神話の水神)の御神体に触れて霊力を得、妖怪化したもの。御神体から霊力を得ているため、水象女を破壊してもすぐに再生する。秀一に復讐する為無差別に童守町の人々を襲撃。秀一は、半ば拉致に近い形で玉藻に連れて来られて、生贄として水象女に差し出されそうになった。
ぬ~べ~は、子供を生け贄として差し出す打算的な方法に怒り、人を救おうとする気持ちの尊さを説き玉藻の考えを改めるに至る。玉藻の協力で鬼の手の力を解放したぬ~べ~により、甲羅を破壊され御神体を取り出されたことで水象女は絶命、秀一は救われた。

死神(しにがみ)

出典: matome.naver.jp

あの世からの使いとして現れた。見た目には、大鎌と黒いローブといった定番の死神アイテムを除けば人間の少女と大差ない。本来人に姿は見せないが、霊能者には見えるようでぬ~べ~に口頭で寿命が近いことを告げに来た。寿命が来ると同時に、ぬ~べ~の命を奪い去る(*)。

*死神のエピソードは最終回ではなく、ぬ~べ~は「あぎょうさん」なる妖怪の力で復活する。

偶然の女神(ぐうぜんのめがみ)

出典: www.manga-diary.com

偶然をつかさどる女神。気まぐれな性格。世界を放浪し、色々な偶然を起こしてきた。電力会社が新たに設置した高圧電線が結界となり、童守町から出られなくなっていた。偶然を司るが、それは必ずしも幸運ばかりではなく、偶然の積み重ねで大事故も起きてしまう。ぬ~べ~の尽力で結界が消え、自由の身となる。事故に巻き込まれそうになった広たちを偶然の力で助け、笑顔で去って行った。

九尾の狐(きゅうびのきつね)

出典: blog.livedoor.jp

妖狐一族の神。年齢3000歳。殺生石の奥の洞窟に住む。地獄の鬼を超える力と、人間の弱さを見抜く洞察力と知識を持つ。ヨボヨボに老いた姿で現れたが、それは仮のもので本来は神々しく巨大な姿である。
人間を醜いものだと考えており、廃人同様になった玉藻を救いたいとのぬ~べ~の願いを一蹴。幻覚を見せ、ぬ~べ~の心に潜む嫉妬や傲慢といった醜い感情を見せつける。一方で妖力、戦力ではるかに劣る人間たちが自分と拮抗し、時に打ち負かした愛や絆の力に興味を持ってもいた。狐でありながら愛を知りつつある玉藻を危険視せず、妖狐族の未来に大きな力をもたらすと考え、玉藻に試練を課し、それを乗り越えた際に自らの尾を一本与えた。玉藻は、九尾の尾を得たことで人化の術を完成せずとも廃人化しないようになった。

厠神(かわやしん)

出典: twitter.com

厠神(中央)。

便所の神。作中では公園のトイレに住んでいた。右手で大、左手で小の便を受け止める。タンや唾を吐くと口で受け止めなくてはならない為怒る。勝が用を足したついでに唾を吐いた際に怒りの声を挙げた。ぬ~べ~が、「厠神は、皆の嫌がる厠の神の仕事を引き受けた心優しく偉い神様」だと説明し、汚いなどと馬鹿にしたことを児童たちに謝らせた。この時、「子供たちにわしが汚くないことを教えてくれてありがとう」と涙を流しながら便壷から現れぬ~べ~に握手をしようとしたが避けられた(最終的に彼を抱擁するも「汚ね~!」と叫ばれている)。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~山の神関連~

オオミズツ

出典: blog.livedoor.jp

山の神(上)

ゆきめの故郷である雪山一帯を治める。通称山の神。自然の掟を守るために存在しており、人間に対する理解は皆無。ゆきめが山の掟に背き、人間と恋に落ちたことに怒り、視覚を送り込んで抹殺を図った。挙げ句、山の麓にたたりを起こす。事情を知り、許しを請う為ぬ~べ~とゆきめが山に現れた時は二人を殺そうとした。無限界時空が人柱となり、封印され眠りにつく。封印状態でも、ある程度の意思はある模様。

一本ダタラ(いっぽんだたら) / 山颪(やまおろし)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents