地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

水神の一種。取り憑いた人間を雑巾のように締め付けて殺す。無限界時空曰く「たちの悪い」存在で、小指で百貫(375kg)もの大岩を持ち上げるなど強い力を持つ。下手に戦えばものの数秒で肉の塊にされる為、百晩百日結界に閉じ込め、弱らせていたところに大学時代のぬ~べ~が通りかかった。
エンコの除霊期間中、時空は獣の皮をかぶっていた為ぬ~べ~から父だと知られることはなかった。ぬ~べ~は一撃で一時的にとはいえエンコを鎮めた時空に弟子入りを頼み、厳しい修行に耐え抜いた。
百晩が経ち、本格的な除霊が始まったが、伝承とは違いエンコは百晩閉じ込められても尚すさまじい力を持っており、時空とぬ~べ~、二人がかりの霊力でようやく撃破できた。

うわん

出典: blog.livedoor.jp

うわん(上)。

番外編『妖怪絵師・鳥山石燕』(*)に登場。廃墟の辺りで「うわん」と声をかけ、「うわん」と返さなかった人間を引き裂く。
石燕の教え子である市太郎が道を歩いている時に現れる。立て続けに「うわん」と声を出し続け、答えが追い付かなくなり、市太郎を引き裂く為に姿を現した。助けに入った石燕にも攻撃を加えるが、石燕に「描き方を見切った」と言われ鬼の筆で絵として封印ならぬ「描印」される。

*実在の絵師・鳥山石燕をモデルにした番外編。石燕にぬ~べ~、その弟子となる市太郎に広、石燕の教える寺子屋の教え子に5年3組メンバーを配したいわば『江戸時代版ぬ~べ~』である。律子は石燕憧れの芸者・律奴(りつやっこ)、玉藻は化けタヌキの玉三郎、ゆきめは河童のかわめとして登場した。

オロチ

出典: blog.livedoor.jp

オロチ(中央)。

超古代文明により生み出された人工妖怪。悪の究極妖怪とも言われる。妖怪博士こと百鬼久作により呼び出された。三日で日本を廃墟にしてしまえるほどに強い力を持ち、ぬ~べ~、玉藻をして「この世の終わりを告げる天変地異だ」と圧倒的な力の差を評した。
広、郷子、美樹、克也、まことにより善の究極妖怪・ケサランパサランが呼び出されてオロチは撃退された。

ケサランパサラン

出典: blog.livedoor.jp

またの名をケセランパサラン。空から降ってくるフワフワの白い毛の玉で、ふわふわと勝手に動く。ケサランパサランを手に入れると幸せになる。70年代の子供たちの間でかなり話題になった。天使の毛玉との説や、おしろいと一緒にしておくと増えるなどの噂がある。
美樹がケサランパサランを見つけ、皆に売りつけようとするが大漁に増え、町中に広まった。売りつける価値はなくなったが、美樹は「自分にはクラスのみんながいる」と幸福感をかみしめ、クリスマスの街に広まったケサランパサランを追うことはしなかった。ぬ~べ~曰く「一つ一つがわずかな妖力を持った意思のない小妖怪」。集まれば雲のようになり、人を乗せてゆっくりと浮くこともある。

妖怪博士こと百鬼久作の呼び出したオロチに対する唯一の対抗策であり、超古代文明が作り出した究極の善の妖怪。オロチを消滅させた後復讐心に歪んだ久作の魂を浄化し、復讐のきっかけとなった妻共々生前の姿を取り戻させ、共に成仏に導いた。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター ~生物・怪生物~

寄生虫(きせいちゅう)

出典: blog.livedoor.jp

ごく普通の虫で、妖怪でも悪霊でもない。童守小の郷土資料室にあった乾燥に幼虫が入っており、それを食べた広の体内に寄生、成虫となった。広の消化器官を占拠するほどに巨大化し、広の体を突き破って外に出ようとするも、鬼の手と美奈子のヒーリング能力の合体技で広の体から弾き出された。それでも郷子たちに向かっていくが、ぬ~べ~の蹴りで机と壁の間に挟まり、郷子の蹴りでとどめを刺された。
一度寄生をすると現代医術でも手の施しようがなく、凄まじい繁殖力も相まってぬ~べ~に「二度とお目にかかりたくない」と言わしめた。

タマコ

出典: blog.livedoor.jp

タマコ(上)。

栗田家の飼い猫。15歳・雌の白猫。長い年月により、猫又化している。他の猫又よりも格は上。猫又は霊力の強い高等な妖怪だと語る一方で、脳の大きさだけで生物の優劣を決める人間に少なからず不満を抱く。飼い主のまことでさえ信用していない。
猫又の集会を目撃したまことにより、家を追い出される。その直前に見た未来予知でまことの祖母の死期が近いことを知るが、黙っていた。その後、祖母がタマコを擁護し、まことを諭してくれたところを見たことで気が変わり、線路の上で動けなくなっていた祖母の下へまことを導き、体を張って列車車両から二人を守った。この一件でまことと和解するが、一言もしゃべらずただの猫として振る舞う。

『NEO』では27歳になって登場。童守町周辺を占める猫又の総番となっている。相変わらずの人間不信で、久しぶりに再会したぬ~べ~にもつれない態度をとるがマタタビの誘惑に勝てずはしゃぎまくり、恥ずかし気に百合愛の愛猫・ラオが百合愛の代わりに彼女の痛みを引き受けている理由を話した。

ハツカネズミ

出典: blog.livedoor.jp

怪しい行商人から、広が購入したもの。普通のハツカネズミで、雌雄のつがいが二匹のみだったがネズミ算式に増え、他のクラスに配るなどしても繁殖力故に更に増えていった。最終的には保健所に引き取られたが、逃げ出した二匹が非常食準備室に逃げ込み繁殖。不審に思った律子が扉を開けた為、学校になだれ込んだ。鬼の手で学校が洪水で水没する幻覚を見せられて地下道に逃走。その後は自然淘汰されていくだろうと語られた。

タヌキ

出典: blog.livedoor.jp

霊能力を持つタヌキ。エクトプラズムを吐き、近くにいる人間の思考を読み取って、その思考通りの姿に変身できる。学校に入り込んで騒動を起こし、捕まった後は訓練を受けて元の森に返される。

怪木

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents