地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

天井なめ(てんじょうなめ)

出典: blog.livedoor.jp

長い舌を持つ凶暴な妖怪。舐めることで人間の重力を逆にする能力を持つ。童守中学に現れて見回りの体育教師を空に突き落として殺した。天井舐めを退治しに来たいずなを圧倒するが、彼女の口寄せでいずなの体に憑依させられて窓から落ち、空の彼方へと消えた。

レム

出典: blog.livedoor.jp

レム(右)。

ウェアウルフ(人狼)の少年。タイの山奥で暮らしていたが、狼に育てられた少年として誤解されて山から連れ出された。幼い頃両親とはぐれた為に自分の出自も親の顔も知らず、発見者の柏教授の洗脳に近いリハビリ教育で自分の正体と偽りの姿の間で苦悩していた。
満月の夜に目の前で玉藻が妖狐の姿を現したことに感化されて妖怪の血を呼び覚まし、狼の姿で山へと帰った。

濡れ女子(ぬれおなご)

出典: www.manga-diary.com

濡れ女子(右)。

じめじめした所を好む女の妖怪。男に取り憑き、極度の湿気で不健康にして取り殺す。ある時取り憑いた男が極端なまでに不潔な環境にいても平気なバイタリティと変態性を持っていた為に散々な目に遭っていた。取り殺すのではなく、自力での殺害を試みるが、互いに離れられない状態の為階段から突き落とそうとして自分も落下してしまい、揃って交通事故に遭う。
ぶつかったトラックに積まれていた塩がかかって瀕死に陥るが、男が重傷なのにもかかわらず自分を助けて「君の為なら死ねる」と言ったことに感銘を受ける。「一生かかってもあの男を取り殺す」と言いながら、男に愛情を示していた。

ヤコオ憑き

出典: blog.livedoor.jp

傷口に取り憑き、そこを舐めて化膿させ傷を悪化させる妖怪。憑かれた人を吉報に寝かせて体に浄水をかけ、胸に呪字を書き、腹に剣を置いて経文を唱え左に3回回転させることで除霊できる。
童守小の男子児童に取り憑いていたが、無限界時空に除霊されそうになり暴れ出した。近くにあった刀で時空を傷つけそちらに移ろうとしたが、ぬ~べ~がより深い傷を左腕に着けたため、ぬ~べ~を標的に変更。取り憑く前に、鬼の手で吹き飛ばされた。

チャブクロ

出典: storyneta.com

チャブクロ(左)。

巾着袋の形をした妖怪。触れた者の気を吸い取って殺す。邪心のない人物がチャブクロに触れると過去へと遡り、やり直すチャンスをくれる。ビデオのピクチャーサーチのように、やり直したい場面を探すこともある。
ぬ~べ~がチャブクロに触れた際、霊能力が元でいじめられていた少年時代へとタイムスリップした。ここで、恩師にして最大の理解者である美奈子先生と再会したぬ~べ~は、蛇神の一種である妖怪・トウビョウに取り憑かれる。ぬ~べ~のやり直したい過去とは、トウビョウを除霊しようとして逆に殺されてしまった美奈子を救うことだった。
時空を超え、鬼の手でトウビョウを倒そうとしたぬ~べ~だったが、途端に現在に引き戻されてしまう。チャブクロが救うのは邪心のない者のみで、邪悪な鬼の力は弾かれてしまったのだ。その場に倒れ込むぬ~べ~だったが、児童たちの必死に呼び声で目を覚まし、「美奈子先生の存在が今の俺を作ったんです。あなたの教えてくれた強さと優しさは、俺の中にあって永遠に変わらないのです」と児童らを守り続けることを誓った。

トウビョウ

幼いぬ~べ~に取り憑いたトウビョウ(中央)。

蛇神の一種で、非常に強力な悪霊。小学生時代のぬ~べ~に取り憑いた。トウビョウを除霊しようとした美奈子に移動し、そのまま彼女を殺した。チャブクロの力で過去に戻っていたぬ~べ~は、鬼の手でトウビョウを倒そうとしたが、邪心のない者のみを受け入れるチャブクロにより鬼の邪悪な力をがはねのけられてしまい、元の時代に戻された。

河童(かっぱ)

出典: twitter.com

鉄棒からまことを引き離すべく姿を現す河童。

童守小学校の鉄棒に現れた河童。当初はまことにしか姿が見えなかった。「この鉄棒には河童がいる」とのまことの言葉を受け、ぬ~べ~は鉄棒を使用禁止にした。校庭に埋まった不発弾から児童を守るために姿を現し、児童を脅かしていたのだった。不発弾の爆発の後、ぬ~べ~に礼を言われてその場から去っている。

比翼の烏(ひよくのからす)

出典: www.hikaritv.net

童守小の伝説の一つ。童守小の校庭にある、大きな杉の木に住んでいたつがいのカラスの霊。この木の下で愛を告白したカップルは必ず結ばれるとの伝説がある。美樹が面白半分で広に告白した時、広と美樹には本当につがいのカラスの霊が憑き、席替えで隣同士になったり委員会や係でも何かとペアになるようになった。
郷子はぬ~べ~から「広と郷子にカラスの霊が憑いている」と聞き、比翼のカラスの伝説を気にするが、ぬ~べ~は「動物霊が感情にまで影響することはない」と言った。それでも、広と美樹の距離は急速に近づいていく。そんな中、郷子は放課後理科室のガス漏れに端を発する事故に巻き込まれる。広は郷子の助けを求める声を聴き、「あいつの声を間違えるはずはない」と煙が立ち込める理科室に飛び込んで郷子を救い出した。広と美樹からカラスの霊が離れていき、ぬ~べ~から「本当の気持ちまでは動かせなかった」と言われるが、美樹は「比翼のカラスの伝説は少しだけ効果があった」と広に未練を感じる素振りを見せた。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents