地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

声:まるたまり

5年2組在籍の男子児童。広の親友で、サッカー部員。原作ではDF、アニメではGKを担当している。甘いマスクで、女子児童から羨望のまなざしを向けられる。初登場時、妖怪に取り憑かれていた。律子よりもぬ~べ~を理解しており、信頼を向けている。アニメでは、妖怪に取り憑かれるまでの経緯や、広との関係、日常生活が詳しく掘り下げられていた。

北村薫(きたむら かおる)

5年6組に転校してきた男子児童。サッカーの腕前は素晴らしいが、練習中に親友を怪我させてしまい、サッカーをやめて自分の殻に閉じこもるようになった。ぬ~べ~にいる妖怪セラピー(*)と広の積極さに触発されて、サッカーに復帰した。

*薫に施されたのは、サトリという心を読む妖怪を取り憑かせるもの。薫にサトリの姿は見えないものの、声を掛けられ背中を押されて再びサッカーを始める決意をしたのだった。尚、サトリは以前ぬ~べ~が捕らえていたもので、山に返すことを条件に薫に取り憑かされていた。

鮎原みどり(あゆはら みどり)

6年2組の児童。友人の気を引くため、霊が見えると吹聴していた。実際には霊能力はなく、霊力を上げる修行を行ったところ本当に霊が見えるようになった。ところが、霊の大部分は自分たちが見える人間に救ってもらおうと縋り付き、危害を加えようとまでする存在であった。ぬ~べ~により霊能力が元通りになり、菓子作りの才能で皆にアピールをする事にした。

沙知代(さちよ)

出典: jumpmatome2ch.biz

6年2組の児童。親友の尾崎信子に先立たれる。信子とは「どちらかが先に死んだら、もう片方が生き返らせる」との約束をしており、ゴーレムの秘術を使って彼女を生き返らせようとした。信子は復活したと思われたが、土の塊の化け物でしかなく、沙知代を食い殺そうとした。ゴーレムの口にある「emeth(ヘブライ語で真理)」の札の「e」を切り取り、文字が「meth(ヘブライ語で死)」となったことで、ゴーレムは崩れ去る。この光景を見たさ沙知代は、ゴーレムが信子の姿を借りただけの化け物であること、信子の死を受け入れた。

村田正和(むらた まさかず)

出典: ameblo.jp

5年2組の男子児童。幼い頃家が火事になり、そのトラウマから「アライグマ」とからかわれるほどの極度の潔癖症になった。小豆を洗う妖怪・あずき洗いに取り憑かれていると思い込んでいた。ぬ~べ~に本物のあずき洗いに会わされて、火事のトラウマとあずき洗いの幻覚を洗い流され潔癖症を克服した。

緑川詩織(みどりかわ しおり)

田園調布のお嬢様。異常な帯電体質の主で、常時ゴム製のレインコートを着ていなくてはならない。砂場では全身に砂鉄がまとわりつき、蛍光灯に明かりがともる程、全身から出る電気は強い。その強い体質のせいで叔父を感電させてしまい、口がきけなくなってしまった。ぬ~べ~に相談するため、童守小を訪れる。帯電体質の原因は力の強い霊が守護霊としてついていた為だった。守護霊交替で帯電体質が収まり、口も利けるようになった。

新島兼太(にいじま けんた)

出典: blog.livedoor.jp

束縛のない大自然の中で育ち、空を飛ぶ能力を身に着けた少年。大商社の社長・木所太一の養子となり、人間社会のルールを学ぶために童守小に入れられた。ルールの多い人間社会、木所の教育法に窮屈さを覚え、空を飛べなくなる。ぬ~べ~により、大自然の村に戻され飛ぶ力を取り戻した。

鈴木蘭太郎(すずき らんたろう)

3年4組の男子児童。交通事故で父親を失い、あの世回線と呼ばれる電話で父と交信しようとしていた。あの世回線(糸)を作っていた蜘蛛の妖怪に襲われるが、ぬ~べ~に救われ、ぬ~べ~の力を借りて父とも会話ができた。

亀山(かめやま)

5年5組の男子児童。図書委員所属。法子に想いを寄せており、デートに誘おうとするが彼女からは何とも思われていなかった。人をいやらしく大胆な気分にさせる精霊・パウチに取り憑かれた法子と急接近するが、パウチが除霊された為その後の中は進展しなかった。とはいえ、法子の方は除霊後も亀山に対しまんざらでもないような表情を見せている。

吉岡慎介(よしおか しんすけ) / アニメ版:忘田多郎(わすれた たろう)

出典: girlschannel.net

吉岡慎介(奥)。

20年前、童守小に通っていた児童。
用水沼の近くで川に落ち、行方不明になっていた。彼を知る校長の話によると、まことと同じくらいに忘れん坊だったという。机の中に残されたまことのノートを利用して、自分の体を見つけてもらおうとしたが気付かれず、しびれを切らす。まことを用水沼に引き込み、「忘れ物…まこと君の体」と言いながらしがみついたが、ギリギリで駆け付けたぬ~べ~に成仏させられる。
まことがぬーべーに渡したノートの紙は血でべっとりと張り付いており、「忘れ物:僕の体、用水沼」と書かれていた。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~『NEO』の児童~

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents