地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~『NEO』の童守町の住民~

井狩(いかり)

出典: emd2nd.blog47.fc2.com

自力で妖怪を引き剥がす井狩(左)。

童守小の通学路付近に住む老人(元々は井狩の住居付近は通学路ではなかったが、工事により急遽彼の家の近くが通学路となった)自宅の付近で悪ふざけをし乍ら登下校する児童たちを注意しており、「カミナリ親父」の異名で怖れられている。「子供は殴って育てるもの」との昭和風のしつけをモットーにしており、自分もそうやって育ったと語る。
信号無視をして道を渡ろうとした健斗、衛にゲンコツをして叱り飛ばすも、二人から反感を買い翌日には日ごろの恨みを晴らす意味もあっていたずらを受ける。二人を殴ろうと学校に向かうが、今まで叱ってきた児童たちの親から「児童虐待だ」と言いがかりをつけられて警察に連行される。ぬ~べ~が掛け合ったこともあり、「今後一切児童に関わらない」ことを条件に釈放される。それでも怒りが収まらず、妖怪・怒髪に取り憑かれてしまう。健斗、衛に襲い掛かるが、「子供たちが憎いのではなく、子供たちの将来を想って叱っていた」のだと自らの意思で怒髪を引き剥がした。工事が終わり、通学路が元に戻った後は、健斗、衛から感謝の手紙と大福がプレゼントされた。

あやの

出典: disp.cc

石川校長の知り合いの娘。自分をストーカーしていた男性の霊が取り憑いており、ぬ~べ~に除霊を頼む。その霊をおびき寄せるべく、ぬ~べ~と恋人同士の振りをしていた。除霊後本気で彼を好きになり交際を申し込んだが、ぬ~べ~からゆきめへの想いを告げられて失恋に終わった。

本条マサヨシ(ほんじょう まさよし)

健斗にスケボーを教えていた20代の男性。交通事故で死亡してしまうが、健斗を気にかけており、幽霊となってぬ~べ~の前に現れた。ぬ~べ~の力で短時間だけ健斗に見えるようにしてもらい、最後までスケボーを教えて「もう一人でも大丈夫」だと聞いて安心して成仏した。

死刑囚の男性 / This man(ディス マン)

出典: 3f.blog.jp

健斗を始め、5年3組の児童の夢に現れた。郷子は、皆が描いた「夢に出た男」の顔が、数年前ネット上で実際にはやった都市伝説「This man(この男)」に似ていると言う。世界各地で不特定多数の人の夢に現れたと噂されるこの人物は、他者の夢に入り込み、覗き込むネットサーファーならぬドリームサーファーとも呼ばれる存在であった。不安がる児童に対し、郷子は「一種のサブリミナル効果で、ポスターか何かの記憶が無意識のうちに刷り込まれたのだろう」と話す。ぬ~べ~も、特に妖気は感じず、児童に心配するなと告げた。
実際には、警察病院で昏睡状態になった死刑囚で、死刑から逃れるべく生霊となり、ドリームサーファーとなってThis manとして知られるようになった存在。夜眠れずにいた星蘭が昼休みに眠っている時彼女の夢に現れ「君の夢は居心地がいいね」と言った。「弾き出された自分の夢に戻る為に、人の夢を転々としている」と涙ながらに語って星蘭の同情を買う。「自分の夢に好きなだけいていい」と言われ一緒に遊んでいる最中、隙を見て星蘭の意思、体を乗っ取ろうとした。
鬼の手で星蘭の夢から追い出されて意識を取り戻した死刑囚は、苦しみの叫び声をあげて死亡した。

馬場すず(ばば すず)

床屋・バーバー馬場を営む老女。若い頃、夫が借金苦で自殺をし、火事で息子を失くしている。死んだ息子が衛にそっくりで、衛を息子のようにかわいがっている。亡くなった息子が与えてくれた妖力の宿ったおしろいを全身に縫って若い頃の姿に戻り、衛と共に盆踊り大会に出場した。

中谷(なかたに)

戸成野大学農学部在籍。長身の男子学生。恋人のよしのと泊まりがけで童守北の七尋山にキノコの採集に来た。食糧の購入のため一人山を下り戻ったらよしのがいなくなっていた為、山を探し回っていた。よしのと体型が釣り合わないことは気にしておらず、彼女を世界一大事な存在と心から思っている。七尋様の力で巨大化したよしのの口に飛び込み、毒キノコをかき出すなど、体を張って彼女を助けようとした。

吉田よしの(よしだ よしの)

戸成野大学農学部3年生。中谷の彼女。21歳だが、成人とは思えない小柄かつ幼児体型で童顔であり、長身の美男子である中谷とは釣り合わないとコンプレックスを抱いている。中谷が下山している間に七尋様の石仏におにぎりを供え、「中谷に釣り合うよう大きくしてほしい」と願った。その場に現れたお神酒を飲んだところ、七尋様のパワーが細胞レベルで注入された為、グラマラスにはなったが同時に巨人化してしまった。
中谷と再会したが、「こんな体では付き合えない」と絶望し、ドクオニタケを食べて自殺を図った。中谷の体を張った処置で救われて彼の自分に対する思いを再確認する。ぬ~べ~の鬼の手で妖気を吸われて元の体型に戻り、中谷と共に下山した。
後に童守町営プールで行われた水着コンテストに参加。客にコンプレックスを刺激されて再び巨人化してしまった。

パンツ大橋(ぱんつ おおはし)

水着コンテストの司会男性。「ゲヒヒヒ…」と笑う。ぬ~べ~と共にふんどし姿になり、カワエロを弱らせた。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~童守町以外の人物~

「A」

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents