地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

出典: twitter.com

ぬ~べ~に襲い掛かる陰摩羅鬼(右)。

間違った経文や、いい加減な供養により、成仏できずに妖怪化した死者の霊魂。生前の面影をいくらか残している。童守寺の和尚がいい加減な気持ちで経を唱えた為、供養中の老人が妖怪化した。ぬ~べ~のサポートの下、和尚がしっかりと正しい経を唱えた為、成仏に至った。

精霊パウチ

出典: blog.livedoor.jp

取り憑いた人間をいやらしい気持ちにさせる妖怪(元はアイヌ民話の神。邪神と見る向きもある)。北海道に転任した教員から届いたジャガイモの袋の中に紛れており、律子、法子に取り憑いた。単に色気が出るだけではなく性格も変わる。おとなしく天然ボケの気質があった法子だが、パウチに取り憑かれてからは男子児童を侍らせ、大胆な衣装を着るようになった。今まで何の興味もなかった亀山に胸をときめかせる法子は、この気持ちが妖怪のせいだと勘づいていたが、同時に幸福な気持ちも味わっていた。パウチは除霊され、同時に法子は元に戻るが、パウチに取り憑かれていた時の気持ちは忘れていないようである。

手作り絵本の付喪神(てづくりえほんのつくもがみ)

出典: blog.livedoor.jp

美樹(左)を人質に物語の完成を催促する付喪神。

童守小学校の図書室に保存されていた手作りの絵本が付喪神化したもの。作者は、20年前在籍していた童話好きの児童。作者の愛が詰まっての付喪神化であった。物語は未完であり、たまたまこの絵本を手に取った美樹に続きを書くよう細則するが、気味悪がられ報られたことで怒り美樹を本に閉じ込める。結果、美樹が物語の主人公の姫となり、その後書き加えられた物語の内容に合わせて絵も変化する現象が起きた。
広たちがいたずら半分に続きを書いたことで激怒し、美樹を人質に正しい続きを書くよう要求してくる。たまたま本の作者が童守小に来ており、本来の結末を執筆する。絵本の付喪神はやっと完成したことに感動して成仏し、美樹のことも解放した。

式鯰(しきなまず)

出典: blog.livedoor.jp

文庫版の書き下ろし「9月のレクイエム」に登場する。呪殺に用いられる強力な悪霊。ぬ~べ~が教生時代に教え子だった松山恵の7代前の先祖にかけられた呪いが顕在化したもの。人体に寄生し、鯰の形で現れ宿主を衰弱させて殺す。
強い呪いの力を持つ為、数日がかりの除霊でようやく引きはがし、白衣観音経の力で完全に除霊できた。ところが衰弱が激しかったため、恵は命を落とす。

天狗塚の悪霊

出典: www.toei-anim.co.jp

声:内海賢二

劇場版第一作に登場した悪霊で、連続殺人鬼・櫻田博之(声:梅津秀行)が逃走中の事故で天狗塚を破壊した為に天狗塚の亀裂から出現した。警察病院で昏睡状態の櫻田に憑依し、彼の憎しみに同調して櫻田を通報した久美子を追い詰める。最初は黒マントの姿だったが、霊水晶を投げつけられて緑色の天狗のような姿を現す。その後、怒りで本来の鬼のような姿となってぬ~べ~を追い詰めるが、久美子の援護で天狗塚が開く。その場にいた全員を道連れにしようとしたが、鬼の手の一撃を受けて、自分だけが天狗堂へと落ちて行った。櫻田は騒動の後意識を取り戻している。

黒マント(くろまんと)

出典: gyao.yahoo.co.jp

声:曾我部和恭

天狗塚の悪霊が変化した姿。櫻田の恨みに共鳴し、黒マントに変形して彼を通報した久美子をつけ狙う。様々な女子児童に名前を聞いて回っていた。名前を聞くだけで、危害は加えていない。「赤いリボンは呪われる」が口癖。
本来の悪霊の姿で活動していないのは、復活直後で長時間の活動ができなかった為。

妖怪ピエロ(ようかいぴえろ)

出典: twitter.com

声:中尾隆聖

劇場版二作目に登場。友達ができない潤の心に付け入り、潤を自分の影として広や郷子にピエロ化の術をかけて操り無理やり潤の友達にしたりぬ~べ~を殺させようとした。最終的に広たちの説得で潤の目が覚め、抵抗した潤と体が融合したまま鏡の中に戻された。鏡の中に閉じ込められたぬ~べ~が潤とピエロを分離させて救出し、ピエロは鬼の手で引き裂かれて消滅した。
「自分を殺せば潤も死ぬ」と脅していたが、実際にはピエロ自信が潤の分身であり、ピエロを消しても潤に影響はない。

渚(なぎさ)

出典: hdfdatabase.blog.fc2.com

声:岡本麻弥

劇場版三作目に登場。ぬ~べ~たちが海水浴に行った際に仲良くなった少女。気さくで明るい性格。正体は伊豆の離島・蜘蛛島で生まれた齢数百年の海蜘蛛が妖怪化した女郎蜘蛛なる妖怪。人を食わねば完全な妖怪になれず、理性を失う定めを持つ。ぬ~べ~たちの説得で自らの宿命を拒絶し、成仏させてくれるよう懇願。成仏した後に人魚に生まれ変わった。

ピアノのつくも神

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents