地獄先生ぬ~べ~(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

鬼の手で相手の頭を覗いたり、思考の止まった霊との会話ができる。意識体や霊との交信に使われる。対象者の記憶を他者に見せることも可能。特定の記憶を忘れさせることもできる。プライバシーにかかわるので、人間相手には多用しない。
尚、この術は元々鬼が備えているもので、絶鬼や眠鬼も使用している。

霊波封印の術

鬼の手でぬ~べ~自身の霊力を物体に移し、霊や妖怪に物理的に働きかけることができるようにする技。

強制成仏(きょうせいじょうぶつ)

出典: twisave.com

説得が通じない悪霊を強制的に成仏させる。観音経を使う時もあれば、鬼の手で強制成仏させることもある。作中ではブキミちゃん、壁男などが強制成仏させられている。ぬ~べ~曰く「妖怪化した悪霊はそう簡単には成仏できない」らしく、基本的には鬼の手で滅することが多い。

幽体摘出(ゆうたいてきしゅつ)

出典: www.mangajunky.net

「A」(中央)の幽体を引きずり出すぬ~べ~(右)。

生きた人間の幽体を無理矢理引きずり出す。かなりの荒業で、幽体摘出を掛けられた者は激痛を味わう。怪人「A」の幽体を引きずり出し、地獄に送り込もうとしたが「A」の怪力で振りほどかれた。

妖力波(ようりょくは)

鬼の手を利用して手から妖気を放ち、敵を吹き飛ばす。妖怪や霊のみならず、実体のあるものも破壊できる。眠鬼と合体している時に初めて使った技。

鬼の手NEOを使用した技

畜気法(ちくきほう)

胎内の丹田(*)を修行で鍛え、丹田を自由に圧縮できるようにする技。天狗族秘伝の秘術で、畜気法で気を溜めて圧縮することを繰り返すことで、何百何千人分の気を体内に蓄えることができる。覇鬼が地獄に帰ったことで鬼の手を失ったぬ~べ~がそれに代わる力を得る為に大天狗・アマノギコ神に弟子入りして身に付けた。畜気法の習得は、死にも値する壮絶な修行に耐え抜かなくてはならない。
基本となる下腹部の丹田の他にも2か所存在する丹田を利用して膨大な気を溜め込む「三丹田」なる技が存在するが、大天狗でも会得するのは困難だとされる。尚、残り二つの丹田は気を溜め込む構造になっていない為、無理な使い方をすると体にかなりの負荷がかかってしまう。

*丹田とは、人間が気を溜める場所である。

鬼の手NEO

出典: 3f.blog.jp

畜気法で体内に蓄積した気を瞬間的に鬼の手に送り、その気を大砲のようにして放つ技。鬼の手NEOの発動には大天狗から授かった宝玉が必要で、宝玉がないと気が鬼の手にスムーズに流れず鬼の手から気を放った瞬間に体が爆発する。また、体内の気を瞬間的に大量消費、場合によっては全消費するため、原則として一度の戦いで放てるのは一発のみである。大天狗によると畜気法の鍛錬を行い、気を超人的に溜められるようになれば、以前の鬼の手をはるかに超える力を出せるようになるという。

霊体裂斬(れいたいれつざん)

鬼の手NEOで相手を切りつけ、肉体と霊体を同時に傷つける技。鬼の手NEOは霊気であるので、直接人体に傷をつけることができる。「A」との戦いの時、ぬ~べ~は「できれば使いたくなかった」と言っていた。

霊力全開(れいりょくぜんかい)

鬼の手NEOで体内の全霊力放出する技。この技を使った後は完全に霊力を(一時的にだが)失うので、霊力病(*)のゆきめとも触れ合うことができる。

*霊力の強い人間の近くにいることで、体組織が破壊される妖怪の病気。ゆきめはぬ~べ~との結婚生活で彼から出る霊力を浴び続け、霊力病にかかってしまった。

遷霊移魂(せんれいいこん)

鬼の手NEOの霊力で、生物と融合する霊や魂を別の生物に移動させる技。外来種のカミツキガメと融合して凶暴化した沼の神・すっぽん和尚に使用した。魂を在来種のイシガメに移し、すっぽん和尚を本来の姿に戻した。

その他

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents