地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

出典: kyofu.info

怪木(上)。

植物の中でも、特に強い意思と感情を持った大木。自分を切り倒そうとする人間への憎しみから暴れ出した。水から土の中から抜け出し、根を這わせて自立歩行する。妖怪化したわけではない。近くを通る人の血を吸い、重傷を負わせるなどした。自分を蹴った晶をどこまでも追いかけ、ぬ~べ~共々触手でとらえる。晶のペットであるドラセナのドラちゃんの説得で、共に山に帰った。

ドラちゃん

晶のペットのドラセナ。「植物には意思がある」との晶の自由研究で、色々な機械を取り付けられている。感情の動きによって機械から発せられる音で晶と意思疎通をする。怪木にとらわれた晶、ぬ~べ~を救う為に怪木を説得。共に山に帰った。

マンドラゴラ

出典: blog.livedoor.jp

処刑場跡地に生える植物。罪人の血を吸って成長する。塩をまくとマンドラゴラが光るので、塩をまいて探す。惚れ薬の材料として、美樹がまみと共にはたもんばで捕獲した。地面から引き抜くと凄まじい悲鳴を上げ、その悲鳴を聞いた者は死んでしまう。この情報を得ていた美樹は大音量で音楽を聴いていた。木の根でイヤホンが飛ばされるが、とっさに首を長くのばしていた為、美樹は悲鳴を聞かずに済んだ。美樹はそのまま学校の調理室で惚れ薬を作っていたが、少し離れている間に校長が料理の失敗作と思い込んでウサギ小屋で煮汁もろともマンドラゴラを処分。翌日、マンドラゴラにかじりついたウサギがモテモテになっていた。

アニメオリジナルキャラクター。白い毛並みの小猿。元は人間の飼い主がいたが、恋人ができた飼い主に捨てられてさまよっていたところを悪霊に取り憑かれ妖怪化。連続辻斬り魔となっていた。ゆきめを人質にするなど高い能力を持つが、ぬ~べ~に成敗され悪霊から解放される。その後はゆきめに飼われていた模様。

パラちゃん / ミキチャンビューティフルグレートリュウ

出典: blog.livedoor.jp

5年3組児童にパラちゃんと名付けられたパラサウロロフス(左)。

理科の実習の時、化石発掘で美樹が掘り当てた生身のパラサウロロフス(恐竜)。岩の中で長らく冬眠状態にあったが、掘り出されて目覚めた。当初赤ん坊だった為クラスで飼われていたが、時の反動で急成長を始める。街に飛び出して騒ぎとなり、ぬ~べ~たちが駆けつけた直後苦しみ出し、皆に看取られながら骨になって死亡した。
「パラちゃん」は5年3組一同から呼ばれていた名前。「ミキチャンビューティフルグレートリュウ」は美樹がつけた名前だが、浸透はしなかった。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~『NEO』の生物・怪生物~

ラオ

出典: 3f.blog.jp

百合愛の飼い猫。百合愛の代わりに怪我をしたり、病気になったりしている。幼少時の百合愛に死から救われたことへの感謝の念から、無意識に身替わりの契約を結んでおり、彼女の怪我や病気を引き受けていた。交通事故に遭った百合愛の怪我を一手に引き受けようとした。ぬ~べ~によって百合愛との霊的な繋がりを断たれた為、百合愛とは怪我を分かち合う形で生存した。

モスマン

出典: www.mangajunky.net

アメリカのウェストバージニア州で生まれた都市伝説に登場する。いわば蛾人間。妖怪でも霊でもない、れっきとした生物。またの名をフライングヒューマン。成体の体長は2mほどで、時速150㎞で人に襲い掛かる。幼虫は大きなイモムシのような見た目だが、優れた擬態能力で人間に擬態することもできる。狙いをつけた女子大学生の体に蛾の形の痣をつけ、卵を産み付け繁殖する。卵を産み付けっれると幼虫に腹を食い破られて死亡する。
作中では、あめ理科に留学していた女子大生が卵を産み付けられ帰国後に腹を食い破られて死亡した。幼虫は丑光がほとんど撃ち殺したが、1匹だけ逃げ出して童守町に潜伏。その幼虫は瑠海が大きなイモムシを思い込んで連れ帰った。翌朝、幼虫は瑠海の母に擬態して瑠海にマーキングをつける。蛹となり、羽化をして瑠海を警護したぬ~べ~を襲撃。鱗粉でぬ~べ~の視界を奪った。瑠海に卵を産み付けるべく猛スピードで追い回すが、ぬ~べ~にさすまたを刺されそこに雷を落とされて焼死した。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~霊・悪霊~

千鬼姫(せんきひめ)

出典: blog.livedoor.jp

平安時代、自らの美貌を保つために何百人もの女を殺し、その血で体を洗った稀代の悪女。守護霊交替で強制的に郷子の守護霊にされた。妖鬼と化した悪霊で、守護霊としての力は皆無。千鬼姫が憑いてから郷子は性格が大人しくなったが、トラックにはねられそうになるといった事態に見舞われる。
通常は生前と同じく美しい女性の姿だが、本気を出すと口が悪くなり、姿も化け物じみたものとなる。郷子を襲い、血を奪い取ろうと執拗な攻撃をし、コンクリートの地面に落下させた。ところが、郷子を救うべく戻ってきた元の守護霊の力により、郷子、並びに彼女を守ろうとした広はトラックの荷台の上に落ち無事だった。
白衣観音経で霊力を封じられ経文に封じられる。

稲葉小次郎宗忠(いなば こじろう むねただ)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents