地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

桜(さくら)

出典: aoidiary.com

童守小七不思議の一つ・送らずの桜(*)と関わり深い少女。進級を拒む児童を誘い出し、送らずの桜に名前を彫らせて自分たちの仲間に引き込む。1年前の5年3組の時間軸をほぼ忠実に再現し、「自分と別れることを何とも思っていない前のクラスメイトは忘れろ」と言う。郷子は桜たちの仲間になることを拒んだ。
本物の5年3組一同が桜に名前を刻んで郷子を救いに来たこと、広が「クラスが変わってもずっと友達だって信じてる」と言ったことから、桜は同じ時間を繰り返して楽しむだけではなく前に進むことが怖かったとの自分たちの過ちを認め、全員を解放した。

*童守小の七不思議の一つ。一本だけ花の咲かない桜の木が校庭にあり、その木の幹に名前を刻むともう一年同じ学年を繰り返せる。元々この桜はとても仲のいいクラスが植えたもので、最後の思い出にと皆で遠足に行った際事故で全員が死亡している。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~鬼・悪魔関係~

地蔵虐(じぞうぎゃく)

出典: blog.livedoor.jp

地蔵虐(中央)。

賽の河原の鬼。親より先に死んだ子供に石を積ませ、積み上がる前に崩すことを繰り返す。幼い頃、海で溺れて死にかけた晶が蘇生する時地上までついて来てしまった。その後は、目に見えないながらも石を崩すように晶の努力を邪魔してきた。鬼としては下級らしく、知性は皆無で力もさほど強くない。鬼の手で撃破される。

悪魔(あくま)

出典: kyofu.info

黒井まみが意図せずに呼び出してしまった悪魔。まみを魔女にしようとしたが、ぬ~べ~に阻止される。強力な悪魔ではあるが、覇鬼の方が実力は上回っており、少しだけ解放した覇鬼の力を感じ取って逃げ帰った。

ベベルブブ

出典: blog.livedoor.jp

召喚されたベベルブブ(右)。

黒井まみが魔女になるために呼び出した悪魔。わずかに経文を唱えただけで死にかけるほど弱い。魔女になるには悪魔との契約(婉曲に言えば男女の仲になること)が必要だが、魔女の強さは契約した悪魔の強さによって決まる為、ベベルブブはまみに契約を断られた。
実際には潜在的に強い魔力を持っており、まみが謝って召喚したケルベロスを一撃で倒した(ベベルブブ曰く、ケルベロスは「地上で言えばライオンのようなもの」)。この一件でまみに見直されて契約を持ちかけられる。ところが800年間女っ気がなかったベルゼブブはウブな精神となっており、すぐに契約を行おうとしたまみに「いきなりはないだろう」「もっとお互いをよく知ってからにしよう」と言い聞かせ、文通から始めることとなった。

『NEO』では、まみと結婚し息子の蛇魅暗(だみあん)を授かっている。童守小に入れた蛇魅暗が悪魔としての力を発揮し、悪さをした時には夫婦で召喚され「先生に迷惑かけちゃ駄目だって言ったでしょ!」と息子を叱った。

覇鬼(ばき)

出典: twitter.com

声:江川央生(OVA版)
演:坂上忍

ぬ~べ~の左手に封印された鬼。絶鬼、眠鬼の兄でもある。あまりに強すぎたために退治ができず、封印するしかなかった。この封印も、美奈子とぬ~べ~が内外から二人がかりで行っている。どちらかの霊力が下がるなどした場合は即座に覇鬼の妖気が染み出し、ぬ~べ~の肉体を侵食するほど、覇鬼の力は強力である。大物の悪魔ですら、覇鬼との戦力の差を実感、冷や汗を流し戦うことなく逃げ帰っている。侵食を抑える為、また美奈子の解放の為、鬼の力を制御する御鬼輪(ぎょきりん)なるアイテムがたびたび登場するが、偽物だったり耐えきれずに破壊されるケースが多かった。尚、最初にぬ~べ~と戦った時、ぬ~べ~の左手を吹き飛ばしている。邪悪な心に同調して妖気が暴走することもある。霊符師・ヤン=カイルンにより鬼の手が奪われた時は、鬼の手の力に酔いしれるあまり無害な妖怪や人間まで手にかけ始めたヤン=カイルンの邪悪な意思に反応し、彼の体を化け物に変えた。

覇鬼自身は残虐な性格で、復活後は人間を皆殺しにしようとした。この残虐さは「人間は虫けら」という鬼としての価値観から来るものであり、飽くまで人間に向けられたもので、妹の眠鬼を大事に思う意外な一面を持つ。また恐ろしい風貌に似合わず子供っぽく単純で、子供のおもちゃやアイスクリームなどに気を取られる描写があった。覇鬼の単純な性格を利用したぬ~べ~らによる陽動作戦がとられる。ところがこの作戦が元で眠鬼が傷を負い、結果的に覇鬼を怒らせ、最強の鬼としての戦力を発揮させることになった。覇鬼の圧倒的な力の前には経文をはじめとするぬ~べ~の術が効かなかった。

しかし、人間に対する気持ちに変化が生じていた眠鬼がぬ~べ~の左手となったことで動揺。ぬ~べ~は、眠鬼を庇い覇鬼の攻撃に倒れた。眠鬼は、泣きながら「人間は温かいものを持っている。地獄では得られなかったものが人間界にはあった」と言い、人間の良さが分からない覇鬼への絶縁宣言までした。覇鬼は美奈子が体内にいた時に覚えた鬼族にはない治癒能力で、眠鬼を庇い負傷したぬ~べ~の怪我を治す。この時ぬ~べ~に「お前の勝ちだ」「自分は人間を素晴らしいとは思わないが、一番大事な眠鬼が言うことは守る。もう人間は殺さない」と誓い、和解した。

一度は眠鬼と共に地獄に戻ろうとしたが、人間界に残りたい眠鬼の意思を尊重。同時に「眠鬼を一人で人間界に残すのは心配だ」と言ってぬ~べ~の左手に戻り、鬼の手としての生活を続行する。その後はお調子者の面が前面に出て授業中にぬ~べ~と喧嘩する、チョークでいたずらをするなどのお茶目な描写が増えた。人間に害のない存在になった為封印の必要がなくなり、美奈子は解放された。100%覇鬼の力を使えるようになった為、戦闘時には頼もしい存在となる。語尾は「うが」。
OVA版では、絶鬼の敗北の際一言だけ喋っており、無間地獄に落とされる弟を救おうとする描写がある。

『NEO』ではぬ~べ~の吸収転勤から5年後に眠鬼と共に地獄に戻り、鬼天帝と戦っていた。先に地上に戦いに出た絶鬼を追って眠鬼と一緒に地上に向かう。弟妹共々ぬ~べ~と合体し、鬼の鎧として戦闘に参加。戦いが終わった後は弟妹と共に地獄に帰った。

絶鬼(ぜっき)

出典: blog.livedoor.jp

絶鬼(鬼形態)。

声:緑川光(OVA版)
演:山田涼介(Hey!Say!JUMP)

鬼三兄妹の次兄。妹の眠鬼に先駆けて登場した。ぬ~べ~の世界観では仏教における八大地獄が存在しており、より深い地獄にいる鬼ほど力も高いとされる。絶鬼は上から六番目の焦熱地獄から3年かけて這い上がって来た。

人間形態は知的な美少年(いずな曰く「ジャニーズ系」)だが、性格は鬼らしく残虐非道。自分より弱い人間を痛めつけ、いたぶり殺すことを「面白い」と表現する。人間界にやって来た目的は兄の解放だった。頭はともかくけた外れの力を持つ兄の力を必要とした為。鬼の手の力を解放する以外に絶鬼を倒す手段がなかったが、覇鬼の力の解放は封印解除の恐れもあった。そこで、鬼門という穴を開け、そこから地獄の最下層・無間地獄に落とす作戦が取られる(亜空間法則で、一気に無間地獄まで落ちる)。

ゆきめ、玉藻共々御鬼輪をはめさせることで力絶鬼の力を抑えさせる作戦が取られるが、想像以上の力により、作戦は失敗。ところが、絶鬼はハンデと称して自らの腕に御鬼輪をつけた。元より50%も力を出していない状態で力を封じられた為、ほぼ無力と言っていい状態になり、格下の妖怪や人間の攻撃すら受け付けてしまう状態にあった。
白衣霊縛呪で縛りつけ氷漬けにし、鬼門に押し込んだが絶鬼は怒り、御鬼輪を破壊して本来の鬼の姿で攻撃を加える。ただの唾棄でさえ凄まじい貫通力を持っており、覇鬼の能力を解放しないことには勝てないほどの力を見せた。
ぬ~べ~は、児童や仲間を傷つけられた怒りによって覇鬼の力を解放させる。覇鬼の完全解放ではなく、御鬼輪なしでのコントロールであった。絶鬼は、兄の力を制御したぬ~べ~や、それを可能にした人間の絆の力に慄きながら、体をバラバラにされて無間地獄へと落とされた。アニメではOVAにのみ登場。覇鬼が赤い体色をしているのに対し、絶鬼の体色は青になっている。
『ぬ~べ~』番外編の『妖怪絵師・鳥山石燕』で、石燕が使用する鬼の筆は絶鬼の髪から作られたと言及される。

『NEO』では、無間地獄に落とされて再起不能状態だった。地獄に戻ってきた覇鬼と眠鬼に助けられて復活。三兄弟で大羅刹鬼天帝の地上進出を食い止めるべく闘っていたが、眠鬼を庇い負傷。覇鬼から鬼天帝を呼び出そうとしている地上の者を叩くように言われて不本意ながら地上へ出た。覇鬼、眠鬼と共にぬ~べ~と渋々ながら合体し、鬼の鎧となってラミアを撃破。最後は兄、妹と共に地獄に帰った。

眠鬼(みんき)

出典: blog.livedoor.jp

覇鬼の妹で、鬼三兄弟の末っ子。容姿と精神面は小学校高学年程度。絶世クラスの美少女でスタイルも良い。兄たちのような完全鬼形態は存在しないようで、本気モードでは露出度の高い鎧を身に纏ったような姿となる。下半身丸出しという強いインパクトを持って登場し、人間界に来る時に脱げてしまったパンツを探すべく、広と克也に「一緒に自分のパンツを探せ」と命じるなど、登場時は人間に対し高圧的であった。
兄たちよりも潜在能力は高いが操りきれておらず、霊力の高い人間に触れていないと100%力を発揮できない。鬼のパンツは霊力の高い人間から作ったものであり、眠鬼は鬼のパンツを身に付けることですさまじい能力を操れる。地獄から来た理由は兄の解放ではなく、ぬ~べ~をパンツにする為だった。
パンツがない状態のまま気絶したこともあって一度は5年3組に編入させられるが、隙を見てパンツを奪い返す。しかしパンツには細工が成されており、片手で押さえていなくては力を発揮できないようになっていた。人間との格の違いを見せつける為に巨大な妖力の玉を作り出すが、それを支える為にパンツを押さえていた手を離してしまう。パンツが脱げたことで力が抜け、自らの力により死にかける。そこをぬ~べ~に救い出されて、「虫けら」と教えられてきた人間の本当の姿を知る為にそのまま地上にとどまった。
「血も涙もない冷酷な鬼」を自称するが、実際には他者を思いやりや弱者を憐れみ、思いやる心根を持った優しい性格の主。

ぬ~べ~最大の敵・覇鬼の妹という立場はシリアスなものだが、ややコミカルなキャラクター像となっていった。力が落ちた状態でも常人の5倍の力を持ち、やくざの構成員を半殺しにしたり、軽く殴っただけでぬ~べ~に流血させる描写がある(いずれも悪気があってのことではない)。

鬼とはいえまだ子供であり、兄を恋しんで人間界での兄弟のやりとりの真似事をしたがる描写もあった。覇鬼が解放された時は「兄が解放された以上、人間の味方をする理由はない」と兄妹で人間の抹殺を目論むが、結局は人間側に寝返りぬ~べ~の左手として兄と戦闘。ぬ~べ~が自分を庇って瀕死の重体を負ったことに哀しみ、泣きながら覇鬼との絶縁宣言までした。これにより覇鬼自身は人間を素晴らしいと思わないものの、大事な妹の哀しむ姿を見たくないと人間と和解する。

『NEO』ではぬ~べ~が九州に転勤してから5年後に覇鬼と一緒に地獄へ帰った。地上への進出を目論む大羅刹鬼天帝を止めるべく絶鬼を救出し、鬼三兄弟で戦った。覇鬼と共に先に地上に向かった絶鬼を追い、真・鬼天帝と戦いあぐねているぬ~べ~の下へと駆け付ける。逆上し、本気を出したラミアを止めるべく、三兄弟でぬ~べ~と合体して鬼の鎧となる。
戦いの終結後は兄たちと地獄に戻った。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~『NEO』の妖怪・悪霊・悪魔~

わいら

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

目次 - Contents