地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

豆腐小僧(とうふこぞう)

出典: bulublogpart1.seesaa.net

豆腐小僧(中央)。

豆腐を持った小僧の姿をした妖怪。父親である見越し入道の病気を治すべく、薬の代わりとなる豆腐を運んでいた。ドジな性格が災いして何度も失敗してしまうが、礼金目当てで健斗たちが手伝った為、無事見越し入道に豆腐を届けることができた。

べとべとさん

ジェットババアと同じく後引き神の一種。旅人の食料を奪うべく後追を付つけ、抵抗されると殺害する残虐な妖怪。豆腐小僧の豆腐を奪おうと現れたが、健斗たちに抵抗されて彼らを殺害しようとした。ぬ~べ~に倒される。

屏風のぞき

屏風の付喪神。元は吉原遊郭で、男女の睦事を隠す為に使われていた。時が経って付喪神となり、人の恥ずかしい行為を絵にする能力を得て、恥ずかしい行為を探しては絵にしてさらす妖怪となった。童守小に美術の教材として寄贈され、石川校長と始め児童たちの恥ずかしい秘密を次々と暴露する。
ぬ~べ~は「危険な妖気ではない」と言ったが、児童たちからは「過去最悪の凶悪妖怪」「まるでパパラッチ」と言われた。郷子の秘密をさらして逃げようとしたところを、ぬ~べ~の白衣霊縛呪でとらえられて鬼の手で引き裂かれる。空中で除霊が行われたが、フィットネスクラブの女子更衣室に落ちた為に激怒した女性たちに追い回されるぬ~べ~の姿を「変態教師」の文字入りでさらしたところでただの屏風に戻った。

豆狸(まめだぬき)

自身の玉袋で人を化かす狸の妖怪。健斗たちにいたずらを仕掛けて楽しんでいたが、ぬ~べ~に成敗される。「人間に住処を壊されたのでいたずらをしている」と嘘をつき、同情したぬ~べ~たちを穴に閉じ込めて去って行った。

華佗(かだ)

小さな老人の姿をした妖怪。病気を妖力で虫状にして取り出し、その虫を破壊することで治す能力を持つ。腕を羽に変えて飛ぶこともできる。「~だ」と、だをかなり強調して話す。昔の民間治療師が何かの原因で妖怪化した存在。
風邪を引いた瑠海が、低学年の間で痛くない魔法の医者の噂を聞いて華佗の住処である古小屋を訪れた際に現れた。瑠海の風邪を治し、彼女から「華佗先生」と呼ばれ慕われる。童守小で集団食中毒がが発生した際に現れて食中毒を無視に変化させて治すが、虫が多すぎてピンチになったところをぬ~べ~に救われた。
童守町に虫が少なくなったと言って街を去る。子供が好きで、子供の喜ぶ顔が見たくて治療をしているとのこと。何でも理屈で片づけようとする大人を嫌う。

のぶすけ

出典: komicolle.org

野衾(のぶすま)という妖怪。左目に傷がある。雪の中で仮死状態になっていたところをゆきべ~に救われた。人間の街を見物に行って道に迷い、凍り付いて一か月間行方不明になっていたことで、仲間の野衾からも心配されていた。
のぶすけは妖怪に詳しく、観察力が優れており、妖怪の弱点を見つけることに長けている。妖怪の言葉を通訳することも可能。手長足長の事件の後、命の恩人であるゆきべ~を「相棒」と呼び慕い、ゆきべ~のネクタイに変形してくっついている。布の体は伸縮自在で、マントにもなってゆきべ~をつかんで空を飛ぶことができ、高所から落ちた時のクッションにもなる。

送り狼

出典: komicolle.org

手長足長の手下妖怪。旅人の後をつけ、帰り道を送ってくれる狼(*)の姿をしている。人間が足を滑らせて転んだ途端に襲ってくる。骨がのどに刺さって苦しんでいた為に凶暴化した。
茉莉が面白いダジャレで衛をこけさせたことで、衛に襲い掛かる。ゆきべ~を食いかけるが、ゆきべ~が冷凍光線を出した際に彼を吐き出し、一緒に骨を取り除いてくれたことで命の恩人と感謝して仲間になった。のぶすけと協力して手長足長と戦う。手長足長の事件の後はゆきべ~と行動を共にする。嗅覚に優れ10㎞四方の妖怪の匂いをかぎ分けられる。シャイな性格で、ゆきべ~の影に隠れている。

*送り狼は妖怪としての伝承もあるが、実在する狼の習性でもある。ニホンオオカミの場合は自分の縄張りに入った人間を警戒して後をついてくる習性を持ち、それが「見送ってくれている」と都合の良い解釈になったのではないかとの説が存在する。

手長足長(てなが あしなが)

出典: komicolle.org

長野県の山中に住む凶暴妖怪。腕が長い手長、脚が長い足長の二体で一組。普段は山の神のような存在でおとなしいが、自分のテリトリーに人が入ると容赦しない。木に自分のテリトリーの証として、印をつけている。山の親分ではあるが、威張り散らすのでのぶすけからは良く思われていない。健斗たちを守るために戦うゆきべ~、のぶすけ、送り狼を追い詰めるが、駆け付けてきたぬ~べ~に、鬼の手NEOで倒される。とどめを刺されそうなところをゆきべ~に救われて、感謝とお詫びの印に手長が手を伸ばしてぬ~べ~たちを別荘まで送り届けてくれた。

募露募露団(ぼろぼろとん)

雑巾や布団といった、布が妖怪化した付喪神。布だった時の用途によって、個々の能力が変わる模様。靴の汚れ、はだし、くしゃみ、放屁、汗など少しの汚れも許せない極度の綺麗好きにして潔癖症。
教室の大掃除の為、掃除用具室で雑巾を探しに来た茉莉、衛、星蘭がバケツに山一杯積まれた雑巾を見つけ、水道の水につけたところ募露募露団が復活した。茉莉は、募露募露団を使い教室を掃除させて綺麗にした。郷子に襲い掛かった際、飛んできた床ワックスが健斗たちにかかり、クラスメイト一同は募露募露団に追い回される。最後、募露募露団はぬ~べ~の鬼の手で引き裂かれた。

小袖の手

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

目次 - Contents