地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

郷子の守護霊。関ケ原で500人を殺した荒武者。守護霊交替で強制的に郷子から引き離されたが、彼女のピンチの際に駆け付け、再び守護霊となった。郷子が「ガサツ」と評されるほど勝ち気なのは、彼の影響によるところもある。ぬ~べ~が開いた守護霊懇談会で「ガサツな性格をお淑やかにするように」とぬ~べ~から言われている。

戦死した少女

出典: blog.livedoor.jp

声:馬場澄江

童守小学校で起きていた、トイレの花子さん(*)騒動の正体と目されていた。郷子、広、ぬ~べ~が噂の実態を調査している時に現れ一時的に郷子に取り憑いた。郷子はその時に感じ取った少女の霊の思念から「花子さんじゃない」「もっとひどい死に方をした子」と口にした。
戦時中空襲でトイレに逃げ込み、戸が開かなくなって脱出できないまま焼死した少女で、ぬ~べ~の力で姿を現した時に「開かないよぉ」と繰り返していた。ぬ~べ~により、無事成仏を果たす。

*トイレの花子さんは、全国的に広まった都市伝説である。花子さんとは、小学校の女子トイレに現れる少女の霊とされる。地域によって細かい出現条件、容姿や性格などが異なる。共通しているのは3階の女子トイレの奥から3番目の個室にいる点で、誰も入っていない状態でノックをすると返事が聞こえる(ノックの回数や、時間が設定されている場合もある)、質問を投げかけてくるといった噂が確認されている。子供と遊びたいだけとの噂もあれば、殺されるといった物騒な噂もある。花子さんだけではなくその家族がトイレに住んでいる、男子トイレには太郎さん、4階のトイレには闇子さんがいるなど、派生型の噂も存在する(闇子さんに関しては「悪い花子さん」との見方もあれば、3階のトイレで条件によっては同時に呼び出せるとの噂もある)。

トイレの花子さん

出典: www.cinemacafe.net

声:吉田古奈美
演:高橋真麻

戦死した少女の霊が成仏した後に現れた。浮遊霊らしく、広を脅かした後に童守小を去った。戦死した少女の霊が成仏する感動的なシーンの後に、丸々1ページを使ってすさまじい形相で現れるという不意打ち的なインパクト故に、読者のトラウマの一つになっている。

佐々木(ささき)

声:堀川りょう

不良の男子児童の悪霊。不良による校内暴力が問題化していた頃、童守小に放火しようとしているところを発見され、逃げようとして階段から落ちて死亡。死後は仲間の不良の霊と共に校舎の外れの階段奥の異空間にたむろしていた。この場所は、魔の13階段として童守小の七不思議の一つとなっている。
不良の児童を仲間に引き込もうとしており、克也に目をつけて会談に引き込もうとしたが、ぬ~べ~に阻止される。自分たちは子供で、ぬ~べ~には除霊できないと高をくくっていた。原作では異空間に逃げ込んだだけだが、アニメでは「反省するまで閉じ込めてやる」と言われて異空間を強制的に閉じられて出入りができなくなった。

てけてけ

出典: jumpmatome2ch.biz

中学生の少女の霊。電車に轢かれて、体を上半身、下半身の真っ二つにされて死んだので、上半身のみで現れる。その悲惨な死に様故に全国で怪談話が広まり、彼女を怖れる怨念に縛られて成仏できずにいる。
誠の前に姿を現し、ぬ~べ~にてけてけの真意を伝えられたまことが「早くてけてけが成仏できるように」と祈って和解できた。「てけてけを追い払う呪文」をネタに児童から金を巻き上げていた不良高校生の前に現れて、身勝手な噂を巻き散らかされた怒りから、不良高校生の両脚を引きちぎってどこかへと去って行った。
ちなみに、てけてけは実際に語り継がれる都市伝説である。

心霊写真の霊

出典: blog.livedoor.jp

5年3組の面々が遠足に行った際、写真に写り込んでいた霊。広の足が消えたり、エクトプラズムのようなモヤが写っていたが、ぬ~べ~は「心霊写真ではない」と言った。それでも、広が写真で消えていた方の足を怪我するといった現象が起き、5年3組の児童たちは写真の霊が悪さをしていると断定する。
児童たちは、自分たちで霊の存在を証明しようと即席の除霊術を用い写真の霊を掃除用具入れに追い詰めたが、ぬ~べ~により止められた。写真の霊の正体は、引っ越し途中の交通事故で亡くなった児童で、本当なら5年3組の一員になる予定だった。悪気など何もない霊である為、ぬ~べ~が庇っていたのだ。
最後はクラスメイトと記念写真を撮り、成仏した。この時、ぬ~べ~が恥ずかしがる霊を霊界から引っ張り出して撮影したが、ガイコツ状態で現れた為か5年3組の一同がパニック状態の中でシャッターが押されることとなった。

ブキミちゃん

出典: twitter.com

声:三輪勝恵

都市伝説の一つ。噂によると、生前から他人の持ち物を隠して喜ぶ意地の悪い性格の少女だった。交通事故で死亡した時、大切にしていたハーモニカを失い、それが元で悪霊化した。突如夢に現れて、複雑なルートの迷路を提示し、ゴール地点にあるハーモニカを探させる。ハーモニカを探し出せば何もされないが、道を覚えきれず見つけられなかった時は、二度と夢から覚めなくなる。
ぬ~べ~クラスでは、ブキミちゃんが現れた時に備えて必死に道順を覚えていたが、覚えの悪い広は道順を忘れてしまい、魂を引き抜かれそうになる。ブキミちゃんの示す道は現実の街とリンクしており、それに気づいたぬ~べ~が道順を辿ってハーモニカを発見、ブキミちゃんを強制成仏させた。
OVA版に登場した時は、捨てられた子犬にパンを上げる優しい性格の少女で、事故に遭ったのも子犬を庇っての結果だと設定が変更されている。原作では意地悪な少女だったのが、OVA版ではいじめられっ子になっており、死亡時に失くしたハーモニカをクラスメイトに隠されたと思い込んで悪霊化した。広の夢に駆け付けたぬ~べ~にハーモニカを渡されて感謝をしながら成仏している。

その容姿や、夢の中に現れるという防ぎようのない取り憑き方、「この話を聞いたら、ブキミちゃんが三日以内に夢に現れる」といったリアルな都市伝説風の結びも相まって、読者にトラウマを与えたキャラクターの一人である。「必死で道順を覚えた」との声もネット上で上がっている。

兵隊さん

出典: matome.naver.jp

夜、寝る前にコップ一杯のジュースと一枚のせんべいを一つ枕元に置いておくと何日かしてやってくる七人の兵隊。「兵隊さんはひとつほしい。いっぱいほしい ちもくさん」と繰り返しながら現れ、徐々にジュースとせんべいが減っていく。一度置いたら一週間続けないと兵隊さんの呪いで動物にされてしまう。5年3組では「本当にジュースが減っていく」と噂になっていた。
郷子は寝相の悪さ故にジュースをこぼしてしまい、「一日でやめてしまったが何もない、迷信」だと笑い飛ばす。その晩、兵隊たちの呪いで動物に変えられる夢にうなされ飛び起きた郷子の腕にはうっすらと動物の毛が生えていた。
ぬ~べ~は、「兵隊たちが冥界の入り口をうろつく亡者なら、罪のない人間の魂を畜生道に落として人面犬のような動物にしてしまう力がある」と語る。ぬ~べ~は兵隊から守るために郷子の部屋に泊まり込む。
現れた兵隊たちの素性を探ると、戦時中に南方で兵糧攻めにあい、餓死をした霊だと判明。経文にも耳を貸さず、鬼の手で斬るしかないと思われたその時、兵隊たちは倒れたクリスマスツリーの星に怯んだ。郷子は星に怯える彼らと、階級章に星が刻まれていることから彼らの口ずさむ「いっぱいほしい ちもくさん」が「いっぱいほし いちもくさん(一杯星、一目散)」であると認識。「一杯星」とは星の多く刻まれた階級章、つまり上官を意味していた。郷子が星を三つ描いて兵隊たちに示すと、その場に兵隊たちの上官に当たる軍人が現れて兵隊たちを叱り飛ばした。軍隊に規律が戻り、兵隊たちの霊は敬礼をして去って行った。

このエピソードは読者からの手紙を基にしている。

メリーさん

出典: yotasoku.blog.jp

少女の悪霊。夢に現れて手足のない人形を押し付け、手足を探させる。この夢を見たら、人形が実際に置かれており、現実世界で手足を探すこととなる。必ず一か所は見つからないようになっており、見つからなかった部位は夢を見せた相手から引きちぎる。人形を捨ててもメリーさんから逃れることはできない。生前は超能力を持った少女で、その能力故に気味悪がられていじめられ、大切にしていた人形を隠されたことで自殺した。
生前からの強い霊力を保ったまま霊体化したサイコゴーストで、あらゆる除霊術を弾き返す。経文も効かず、強制成仏も叶わない為、鬼の手で斬るしかなかったが、ぬ~べ~には自分と同じ過去を持つメリーさんを斬ることができなかった。「美奈子先生の存在がなければ、自分もこの霊のようになっていたかもしれない」とのぬ~べ~の思念を読み取りったメリーさんは、涙を流す。ぬ~べ~が神に「この霊を成仏させたまえ」と叫ぶと同時に消滅した。これが成仏の結果なのか、単にその場から消え去っただけなのかは不明。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents