地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

海岸に封印されていた妖怪。人の前に現れて、自分をそっくりに描けと迫ってくる。だが、アマビエの姿はあまりに恐ろしく、見た者は恐怖で全身が凍り付く。茉莉が海辺に祀られていたアマビエの祠をゴミと思って蹴飛ばし、御神体が海に落ちたことから封印が解けた。追い返す為には、アマビエそっくりの絵を描かなくてはならない。自分を描こうとした茉莉、衛を恐怖で凍り付かせる。
児童を守るために郷子が最後まで描き上げ、その絵を見たアマビエは帰って行った。アマビエが帰ったのはあまりに郷子の絵が下手すぎて呆れた為で、海に帰ってからも「ワタシハ…アンナジャナイ…」と怒っていた。
落ちた御神体はぬ~べ~が回収した。

木枯らし(こがらし)

寒波に乗ってやってきた妖怪。木枯らしに触れられると霜焼けができる。登校中の健斗、百合愛、衛を霜焼けにするが、ぬ~べ~の逆絵観音経白衣観音経で縛られる。経文が高い所に絡まってしまった為、風邪で経門から抜け出した木枯らしは皇帝にいた児童たちを霜焼けにした。最後は鬼の手NEOで退治される。

蒙古高句麗(もくりこくり)

出典: japaneseclass.jp

人体模型を唆す蒙古高句麗(奥)。

人形に戻りかけていた人体模型に「駄目人間の皮を剥げば、完全な人間になれる」と唆してきた皮剥ぎ妖怪。鎌倉時代、蒙古(モンゴル)、並びに高句麗(朝鮮)の連合軍が日本を襲い、大虐殺を行った元寇の恐怖の記憶から生まれた存在。人体模型を言葉巧みにだまして利用し、まことの皮を剥ごうとするがぬ~べ~により鬼の手NEOで倒された。

ことりぞ

悪い子をさらい、油を搾り取る妖怪。喧嘩をしていた百合愛と健斗をさらおうとした。自ら囮になろうとした茉莉を袋で吸い込もうとしたが、助けに来た百合愛に阻止されて、最後は駆け付けたぬ~べ~の鬼の手NEOで倒された。
百合愛と健斗が喧嘩をやめ、少しずつ距離を縮めるきっかけとなった妖怪。

おとろし

心臓に一つ目と口がついたような姿をしている。心臓が止まるまで追い回す妖怪。保奈美に取り憑き、彼女の心臓が止まるまで脅かそうと追いかけていたが、急に後ろから現れたはずるに驚き、心臓が止まって消滅した。

タットワの技法 / 異世界のバケモノ

出典: twitter.com

丸、三角、卵型、三日月、四角から成る不思議な図形で人間の内面に作用し、認識している世界を変えてしまう。ぬ~べ~曰く「心の中の幻」。インド哲学と西洋魔術を融合して作られたもので、19世に頃には西洋の秘密結社でも使われていたという。
健斗がテストの答えを見つけるべくスマホで検索した際「たつとわ」と入力し、「タットワの技法」が出た。トリックアートだと思った百合愛はタットワの技法を信じずにこの図を直視してしまい、異世界へと吸い込まれる。何度もタットワの技法を試す内、次第に周囲の人物の姿が化け物じみたものとなり、遂にはその化け物が襲い掛かってきた。スマホから出てきた鬼の手により、百合愛は元の世界に戻ることができた。

倉ぼっこ

出典: bulublogpart1.seesaa.net

倉に住み、倉を守る。倉ぼっこがいる家は栄えると言われる。倉を守るために、侵入者を撃退する能力(急に便意を催すなど)を持つ。住んでいる場所は異なるが、座敷わらしに似た妖怪。
作中では、住んでいた倉が壊されたことで行き場を失い、新童守児童館に住んでいた。好物は酢昆布。ぬ~べ~が児童館から連れ出す前に健斗、衛、勇輝、茉莉に連れ出された。
他者を幸福にする能力で、人気ゲーム店などの行列を避けさせ遊び放題にするなどして妖力を使い疲れてしまう。ガス爆発を察知し、人々を巻き込まないよう全妖力をこめて能力を使うが、自分が爆発に巻き込まれる。
ぬ~べ~の白衣観音経で助けられるも、力を使い果たした為消滅。実際には白衣観音経で回復させたので生きており、童守小の体育館に住み着いている。

桂男(かつらおとこ)

出典: ptt.islander.cc

タキシードを着た美男子の妖怪。月世界に住んでおり、恋に悩む女性が月を眺めていると現れ、その女性を虜にして月へと連れ去る。月には、桂男に連れ去られた女性の躯の山があるという。結婚相手占いでいい結果が出ず広のことを思い悩んでいた郷子の前に現れた。少しずつ郷子を魅了し、月に連れ帰ろうとしたが、すんでのところでぬ~べ~や健斗たちに見つかる。郷子が電話で広の愛情を再確認したことで桂男の力が弱まり、その隙を突かれて鬼の手による強烈なパンチを食らう。これにより、顔の左半分が歪んでしまっている。
その後、自分の顔を醜くしたぬ~べ~に復讐を目論み、広が帰国した際にチーム秘書のアデリーナと広が恋人同士と誤解した郷子をさらう。郷子を操り、彼女の命を盾にことを有利に進めようとしたが、広とぬ~べ~の連携で郷子を奪還され鬼の手で完全に消滅させられた。

インネン

動物に取り憑く妖怪。しつこい上に強い。「インネンが憑く」との言葉の元になった。
作中では犬に取り憑き、健斗たちを襲う。ゆきべ~に邪魔をされた為、そちらをターゲットに帰るが、ぬ~べ~の鬼の手で引き裂かれた。それでも除霊が不完全で、逃げ出したインネンは牛小屋の牛に取り憑き強大化する。ゆきべ~と戦い、彼を追い詰めるが、ぬ~べ~の鬼の手で今度こそ完全に消滅させられた。

がんばり入道

トイレにおり、大便を頑張っている妖怪。ぬ~べ~の援助で無事に排便が終わり、お礼の小判を残して消えた。古代中国の妖怪・山都が日本の厠神と混同されたのが起源。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

目次 - Contents