地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

声:緒方恵美

劇場版第1作に登場したオリジナルキャラクター。絵を描くことを好む女子児童。鋭い観察眼を持つが、気を使い過ぎてしまう自己主張が苦手な性格。金田にいじめられていた。妖怪騒動の後、郷子に勇気を教えてもらい、正しいことと間違っていることを主張できるようになる。金田に反発し、自己主張をするなど前向きになり、皆とも打ち解けた。

加賀美潤(かがみ じゅん)

出典: twitter.com

声:柏倉つとむ

劇場版第2作に登場したオリジナルキャラクター。表向きは内向的な男子児童だが、実際はサーカス団のピエロとして活躍しており、明るい性質の主。見た目は華奢だが、超人的な運動能力を持つ。親の仕事の都合で転校が多く、友達ができないことを親のせいにしていた。真の原因が自分自身の鬱屈した心であることに気づいてからは、妖怪騒動を経て友達を作る勇気を得る。

本編では暗い表情が目立つが、エンディングでは豊かな表情を見せている。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~『NEO』の5年3組の児童~

北健斗(きた けんと)

出典: twitter.com

通称は「ケント」。5年3組のリーダー的な存在で、立ち位置としては小学生時代の広と同じだが成績は優秀。新任教師の郷子を「ヘタレ教師」と侮るなど、生意気な少年だった。両親からは半ば放置された状態で育ったため、当初は大人への不信感を抱いていた(郷子に対する教師いじめも大人への不信感から来るところがある)。物語登場時点ではわいらという妖怪に取り憑かれていた。
両親が離婚し、絶望していたところをわいらに引き込まれそうになるが、駆け付けた郷子により間一髪で助けられ、ぬ~べ~の助力で救出された。その後は郷子やぬ~べ~を信頼し、第一の理解者として騒乱の時には協力するようになる。
両親が離婚した後は「苗字と住所を変えないため」と称し、父親に引き取られた。父は再婚相手の家に行っていることが多いため、一人で家にいることが多い。家事は自分でこなすが、偏食により味覚異常を患いゲテモノ料理を振る舞うこともある。
本来は好きなものにはひたむきに熱中する性格だったが、両親が自分そっちのけでいがみ合う光景を目にしてきたトラウマから、物事に打ち込めなくなっていた。ひょんなことから仲良くなった本条マサヨシにスケボーを教えられて徐々に情熱を取り戻し、特訓の末スケボーを乗りこなすようになる。負けず嫌いな一面を持ち、広が帰国して学校を訪れた際児童たちの前でサッカーのパフォーマンスを見せた時には嫉妬から張り合うような態度も見せた。
クラスメイトの百合愛とは、互いに恋愛感情を抱いているような描写がある。

橘百合愛(たちばな ゆりあ)

出典: twitter.com

勉強、スポーツ、ピアノ、書道と文武両道の優等生。「クールビューティー」「雪の女王」と呼ばれており、男子児童の人気も高い。座右の銘は「私は一人で何でもできる」。人一番正義感が強く、立ち位置としては小学生時代の郷子に近い。当初は強いエリート意識を持ち、他人を見下したり軽視するような言動が多かった。
プライドが高く大人びているが、その半面ぬいぐるみを好む年相応の面もある。料理も得意で、悪食鬼に取り憑かれた健斗に手料理を振る舞い、彼の窮地を救った。
クラスメイトの星蘭と気が合い、彼女からは「ゆりあっち」と呼ばれている。将来の夢は最高裁判事。健斗に想いを寄せている余蘊描写があるが、本人は否定している。
学校裏サイトで自分を中傷する書き込みを行った児童を突き止めようとしたが、学校裏サイトが原因で自殺した少女の霊に襲われそうになる。そこをぬ~べ~に救われてからは、授業そっちのけで行っていた中学受験の勉強をやめ、授業に参加するようになった。

滝川衛(たきがわ まもる)

猿のような顔が特徴。3年生の時に両親が離婚し、母親と暮らす。別れた父が養育費を払ってくれない為生活が苦しく、食事に不自由していつも腹を空かせている。空腹のあまりコンビニでパンを万引きしたり、母親の本革ブーツを焼いて食べるなどしていた。母のあけみには育児放棄をされていたが、衛自身は母を信頼しており、ぬ~べ~が「悪い母親を懲らしめる」と演技をした時は身を挺して庇い和解できた。
一人っ子で弟妹を欲しがっており、人面樹を弟か妹のようにかわいがる一面もある。
健斗、勇樹とは悪友仲間だが、郷子に教師いじめをしていた際「やりすぎではないか」と苦言を呈している。

卯月星蘭(うづき せいら)

出典: seiga.nicovideo.jp

5年3組で一番小柄な女子児童。天然ボケで皆からは「不思議ちゃん」と呼ばれている。優しい性格で、すねこすりの境遇に同情して面倒を見ており、凶暴化しても変わらずに接していた。
感情表現には「激〇〇××丸」といった独特の表現を用いる。クラスメイト全員にあだ名をつけ、そのあだ名で呼ぶ。
出生後大きな病を抱えており、父親から過保護に育てられた。娘を案じるあまりモンスターペアレントと化して事あるごとにクレームをつける父に悩みつつ、自身も父を恐れるあまり口が出せなかった。こうした父との関係が元で下校途中に妖怪ズリ子に襲われるが、自分の父に対する気持ちを口にしたことで撃退に成功した。この一件の後も両親から過保護に接せられているが、一見ふわふわした性格ながら両親を反面教師として見る賢さも持ち合わせている。また、過保護ぶりに流されることなく自分の身を案じ、ぬ~べ~にいちゃもんをつける父を一括して謝らせる芯の強さも身に付けた。
当初は小柄な体にコンプレクスがあったが、妖怪・どうもこうもに襲われた時狭い場所に逃げで難を逃れたことで体格の大きさに優劣がないことを知り、コンプレックスを解消させた。

小山瑠海(こやま るみ)

出典: seiga.nicovideo.jp

小学生離れした身長と顔つきが特徴。全校児童の中で一番発育が進んでいる。身長、並びにスリーサイズは郷子以上。学校生活に支障が出るほど、他の児童との体格差がある。男子でも開けられない瓶の蓋を軽々と開け、体育の授業で誤って郷子を投げ飛ばしてしまうほど力が強い。肺活量も強く、ぬ~べ~から「ゴジラ並みのくしゃみ」と言われるくしゃみを連発し、教室をめちゃめちゃにしたこともある。
体格が大きいが故に起こしてしまう不慮の事故から「他の児童と違い過ぎる。皆と一緒に遊ばせられない」との郷子の意見を聞いて落ち込むが、古い妖怪が変化した九十九神と出会って笑顔を取り戻した。

王勇樹(おう ゆうき)

出典: komicolle.org

ソバカスに大きな目が目とサンバイザーが特徴。自他ともに認めるゲームオタクで、常に携帯ゲーム機を持ち歩く。足の指先だけでゲームをプレイする器用さを持つ。健斗、衛とは悪友仲間で何かとつるんでいる。
即日発売を望んでいたゲーム『もののけロック』が完売で入手できずに落ち込んでいたところをサトシと名乗る男性から一つ譲ってもらい仲良くなった。サトシの正体は孤独死した悪霊で、サトシの強引なやり方に嫌気がさした勇樹は友達をやめると言ったが、彼の出すゲームの妖怪・魑魅魍魎によって催眠に掛かってしまう。健斗ら友達のことを思い出し、サトシが改心し成仏したことで解放された。

苫米地茉莉(とまべち まり)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents