地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

山下(やました)

6年1組の男子生徒。悪霊タカサゴの犠牲となり、怪我で意識不明になった。山下の机には「タカサゴくんゆるして と書かれたノートがあり、郷子は。初め、タカサゴを悪霊や妖怪ではなくがいじめをしていた児童だと思い、調査を始めタカサゴに殺されそうになった(ぬ~べ~の強制成仏で助けられている)。後に山下自身は回復、退院した。

真困内猿比羅亜(まこまない えんぺらあ)

6年2組のモンスターチルドレン。卑劣かつ傲慢な性格で、ことあるごとに親や教育委員会に訴えると挑発し、教室にエアガン等の凶器を持ち込んで大暴れしていた。担任教師は彼の処遇に困って体調を崩し、入院してしまった。
担任教師の代理となったぬ~べ~にもいたずらや脅迫を仕掛けるが、多くの修羅場を潜り抜けてきたぬ~べ~には通用しなかった。何とかぬ~べ~を困らせようと、翌日教室でボウガンを乱発する暴挙に出る。女子児童にボウガンを向け発射したことからぬ~べ~に体罰を受けるも、反省などせずスマホで体罰の様子を撮影し、ネットにアップしてぬ~べ~を窮地に陥らせる。
教育現場監察室室長となった律子によりぬ~べ~の除名処分が決まった(との見せかけ)を聞いて勝利を確信し、ボウガンを乱発して学校で暴れるが、真困内の暴挙は全て家系に取り憑く悪霊・ソンツル狐により凶暴性を引き立てられてのことであった。
体罰動画でぬ~べ~が攻撃していたのはソンツル狐だったのだが、うまく除霊できなかった。その上「体罰教師」としてネットに動画がアップされ事態が大事になった為、真困内の将来を第一に優先して何も言わなかったのだ。
ソンツル狐の完全除霊の後は正気に戻り、今までの行動を反省し、涙を流した。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~童守小職員~

高橋律子(たかはし りつこ)

出典: twitter.com

声:根谷美智子
演:桐谷美玲

5年2組の担任。通称リツコ先生。優しく美しい女性で、学校のマドンナと称される。初期はぬ~べ~の憧れの存在だった。律子自身は怖がりで、ぬ~べ~に心霊関係の話題をふられ悲鳴を上げることがしばしばあった。悪意はないものの怖い話ばかりしてくる上、時にいやらしい視線を送ってくるぬ~べ~を嫌っていたが、生徒の為に強い妖怪に立ち向かうぬ~べ~の姿を見て彼を見直し、好意を抱くようになる。
雪女のゆきめが「人間を殺せば人間になれる」と山の神の部下に唆された時、連れ去られる。ぬ~べ~に救出され想いを告げるが、ゆきめを愛していることに気付いたぬ~べ~にフラれてしまう。ゆきめとはその後、ことあるごとに張り合っていたが、最終的に身を引いて、ゆきめとぬ~べ~の結婚を祝福した。
律子には霊能力の類はないが、持ち前の優しさで霊を成仏させたことがある。尚、ぬ~べ~が律子にアプローチをしていたのは、彼の恩師である美奈子に容姿が似ていた為でもある(美奈子はぬ~べ~を救う為に除霊しようとした妖怪に殺され死後は覇鬼に取り込まれていた。現在は鬼の手として、内側から覇鬼を封じている。ぬ~べ~の目的の一つに、美奈子の解放があった)。見た目はそっくりだが、大和撫子タイプの律子に対し、美奈子は強気な性格だった。一度解放された美奈子と同化して霊能力を得て両面宿儺に立ち向かったことがある(*)。妖怪と渡り合う力を得たことでようやくゆきめと同等になり、ぬ~べ~に求愛ができると思っていたが、捨て身で両面宿儺に向かって行ったゆきめを見て彼女には敵わないと悟った。

『NEO』では文部科学省・教育現場監査室の室長として再登場した。何十人もの問題教師を処分したスーパーキャリアウーマンとして名を馳せている。童守小の後に赴任した小学校で、担任教師によるいじめが元で児童が不登校になった件を機に「本来児童を守るべき教師が牙をむいた場合、誰が児童を守るのか」と考え、教育現場の監査を行う今の仕事へと転職した。
ぬ~べ~が6年2組の男子児童・真困内に手を上げたとされる事件の報告を受けて二人の部下と共に童守小を訪れる。ぬ~べ~の暴力の有無について客観的事実に基づいた判断を下すべく冷徹な態度で現れた。多くを語らないぬ~べ~や、5年3組の児童の訴えを受け、夜遅くまで真困内が撮影していた暴力行為の動画を細かく検証。結果、真困内がボウガンを隠し持っており、殴っていたように見えたぬ~べ~が白衣観音経を手に除霊を行っていたことを突き止めた。
私生活では外資系IT企業のCEO・ピエール・ブルボンと国際結婚をし、一男一女に恵まれている。国際結婚では夫婦別姓がデフォルトなので、結婚後も高橋姓のままである。既婚者である為、ぬ~べ~を異性としては意識していないようだが、「私にとっての理想の教師」と今も思っている。

*鬼の力を封じる御鬼輪があったを洞窟の中で手に入れた為、内側から覇鬼の力を封じていた美奈子は解放された。しかし、この時入手した御鬼輪は両面宿儺を封じていたものであった。

校長(こうちょう)

出典: neoapo.com

声:松尾銀三

童守小学校校長。かまぼこのような形の髭がトレードマーク。心霊関係や妖怪に対する理解があり、ぬ~べ~に深い信頼を寄せている。気さくな性格で、ぬ~べ~とは上司と部下という立場ながら口喧嘩をしたり一緒に飲みに行ったりもする。広い人脈の主で、あちこちから霊能関係の依頼を持ってくることもある。

石川(いしかわ)

声:幸野善之

ぬ~べ~と仲が良い男性教師。いつも教員用ジャージを着ている。キャバクラや風俗店に通っていると思しき描写もあるが、自分のタバコを盗んだ克也が「友達が疑われるくらいなら」と自白をした際にはビンタ一発で許すといった懐深さや良識を持った教師でもある。

大月良彦(おおつき よしひこ)

出典: blog.goo.ne.jp

声:増谷康紀

5年1組担任教師。大学でプラズマの研究をしている。根っからの科学者で科学至上主義的なところがあり、心霊現象に出くわしても信じることはなく、むしろ馬鹿にした態度をとるのでぬ~べ~とは犬猿の仲と言える。生徒想いな点は共通しており、自身の発明が爆発した際は児童を庇って負傷し、危険に陥っても児童を救う為巨大プラズマと奮闘。プラズマを蹴散らすことに成功した。

黒井まみ(くろい まみ)

出典: twitter.com

1年生の担任教師。担当クラスは不明。魔女に憧れてドイツの大学に留学し、魔術書を集め独学で修行をした。小柄で童顔だが、実は28歳。自分と同じ霊能力者であるぬ~べ~に思いを寄せ、ぬ~べ~を我が物にしようと魔術を使うが、未熟な為か彼を散々な目に遭わせるだけで効果はない。
魔女になる為に悪魔を呼びだしたものの、現れた悪魔・ベベルブブがひ弱だった為に一度は見限った。その後誤って地獄の番犬ケルベロスを呼びだしてしまうが、潜在的に強い力を持つベベルブブが一撃でケルベロスを倒し、救われた。この一件でベベルブブを見直す。ベベルブブと契約(悪魔と結ばれること)を行おうとするまみだったが、800年間一度も契約をしたことがないベベルブブに「もっとよくお互いを知ってから」と言われて文通から始めることになった。

『NEO』ではベベルブブと結婚し、息子の蛇魅暗(だみあん)を産んだ。蛇魅暗を人間と同じに育てるべく人間界に送り込む。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~霊能力者~

葉月いずな(はづき いずな)

出典: japaneseclass.jp

声:本多知恵子
演:山本美月

童守中学校2年生。イタコの孫娘。秋田から上京してきたが、親の転勤などではなく単身での上京で、親類の所有するマンションに一人暮らししている。自身もイタコの能力を持ち、くだ狐を操る。連載当時はやっていたコギャル言葉を駆使し、カラオケを好む「イマドキ」の女子中学生。登場時は心霊関係の相談を請け負い小遣い稼ぎをしていた。
性格は姉御肌で情に厚く、胎児の魂とも言えるボゼに取り憑かれた時には、妊婦のように膨らんだ腹やつわりなどに困り果てながらも情がわき、ボゼを狙う妖怪から守り抜いた(ボゼは本来の赤ん坊の中に戻っていった)。
能力自体は高いものの実践経験不足もあり、除霊の際に判断を誤って更に窮地に立ってしまうこともある。

ゲド

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents