地獄先生ぬ~べ~(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

出典: 3f.blog.jp

真・鬼天帝(右)

地獄人ラミアが地上に降臨した羅刹の抜け殻と融合した姿。力、スピード、防御すべてが圧倒的なまでに強化されている。腹部から超大出力エネルギーを放つ。巨体ながら俊敏な動きが可能。体は全身が強力な妖気で覆われた究極の鎧であり、ぬ~べ~、ゆきめ、カルラから一斉攻撃を受けてもびくともしない。
当初はラミアが羅刹の妖力を操り切れておらず絶鬼から「地獄で戦った時よりも弱くなっている」と言われたが、鬼三兄弟の集中攻撃で怒りが頂点に達し、地獄で覇鬼たちと戦ったのと同じ力を発揮できるようになった。
20倍近く妖力をため込んだぬ~べ~渾身の鬼の手NEOの一撃で、ラミアごと肉体を粉砕される。

地獄人(じごくびと)

羅刹の眷属で、ヴィムクを牛耳る存在。逢魔ヶ刻プログラム企画をもたらしたのは地獄人である。羅刹を人間界に降臨させ、人間界を蹂躙しようともくろむ。現世では本来の姿で存在できない為、長野の次元エネルギー研究所員3名を憑代にして(つまり人間に憑依して)人間界に出現した。研究所の職員たちに「大羅刹鬼天帝を降臨させれば、何でも願いが叶う」と吹聴し、資金を集めて活動を始めた。出資者の中にヴィムクの幹部がいたことから、幹部たちを介してヴィムクの信者を増やし、組織を大きくした。
全員が仮面で素顔を隠し、鎧やマントといった独自の衣装を身にまとう。戦闘では、霊力や妖力とは異なる超能力を操り、ぬ~べ~、カルラと互角以上に渡りあう実力を発揮する。ただし、大天狗が言うには人間に取り憑いている為、本来の力の半分も出せていないらしく、真の実力はぬ~べ~をはるかに超えるという。

ラミア / 山崎良美亜(やまざき ラミア)

出典: 3f.blog.jp

ラミア(中央)。

組織内での肩書は導師。次元エネルギー研究所のサブリーダーだった山崎絵里に憑依している。はるかな昔、大羅刹鬼天帝の眷属となる契約を交わしたという、地獄人の伝承を継承する。髪の毛を自在に操る能力を持ち、攻撃や拘束に使う他、髪の毛から大小様々な魑魅魍魎を生み出せる。
性格は冷酷かつ残忍非道。邪悪な表情で人の死をあざ笑う。冷静さとある種のカリスマ性も持っており、計画が遅れがていると丑光を避難するヴィムクのメンバーを一言で黙らせている。また、ジルド・レイとブラド・ツェペリの喧嘩を一括して一喝で止めた。

ハッキングで得た映像からカルラを倒したのがN(ぬ~べ~)だと知り、丑光が嘘の報告をしていたと見抜いた。教育実習生・山崎良美亜を名乗り童守小に赴任。自らの色香で健斗達を惑わせて鬼の手の情報を聞き出したり、髪の毛から生み出した妖怪を差し向けて鬼の手NEOを見るなどしてぬ~べ~の力を見極める。最終的には大羅刹鬼天帝への供物としてぬ~べ~を捧げようとした。
実は、一連の事件を陰で操っていた真の黒幕である。地獄に生まれたものとして高いプライドを持ち、地獄という次元や妖怪、魑魅魍魎すべてがクズと見下す人間の思念により生まれたとの事実を受け入れられず、人間や人間界を消すことが真の目的だった。
鬼天帝の降臨はその為の手段でしかなく、鬼天帝の肉体を乗っ取り、真・鬼天帝となった後用済みとなったジルド、ブラドを始末した。ぬ~べ~たちと交戦し、凄まじい力で彼らを圧倒。駆け付けた鬼三兄弟と合体したぬ~べ~に押されながらも新たな力を発揮して再度立ちふさがるが、吸気法を会得したゆきめに妖力を吸われて弱体化。三丹田すべてに気を蓄える蓄気法の極意を得たぬ~べ~による渾身の鬼の手NEOで完全消滅した。

ジルド・レイ

組織内での肩書は主査。基本的に冷静な性格。カルラの喧嘩腰の物言いを笑って受け流すが、同じ地獄人のブラド・ツェッペとは殴り合いの喧嘩をしていた。
巨大な鬼の手の力をした、重力波のような力を操る。この重力波は、一度に複数放つことも可能。カルラの全霊力、麒麟の角をもってしても防ぎきれないほど強力。冥土製菓に赴きカルラの素姓や組織の目的を説明するが、麒麟の角で本心を本真の読まれて反旗を翻された。カルラが従順であれば駒として使うつもりだったが、複数の重力波を放て自分の力を見せても従わないカルラを破棄することを決める。圧倒的な力の差でカルラを追い詰めるも、ゆきめの介入でカルラを逃がしてしまう。
大降臨祭により会場が地獄の気で満ちた為人間の肉体から分離し、真の姿となった。鬼天帝の降臨後ラミアに騙されていたことが明らかになり、怖じ気づいて彼女に従おうとしたが用済みとされて処刑された。

ブラド・ツェッペ

出典: 3f.blog.jp

組織内での肩書は統括。自称「最強の地獄人」。直球型で面倒くさいことを嫌う性格。カルラ相手に説得を試みようとしたジルド・レイのやり方を甘いと評し、自身がカルラと遭遇した際は説得をしないでいきなり殺しに掛かった。
指先から電撃状の超能力を放ち、ツメカラ大鎌やハンマーといった武器を作り出す能力を持つ。最強を自称するだけあって超能力はカルラの動きを封じ、大鎌は一撃で鬼の手を粉砕し、ハンマーは鬼の手NEOと渡り合えるほどに強力。一方で、直球型の性格ゆえの失敗も多い。
童守アリーナへ建設状況の視察に訪れた際、ゆきめの指示で童守アリーナを探っていたカルラと、それを追ってきたぬ~べ~に遭遇。対決の末、ゆきめの部下である梅沢にアリーナを爆破されてぬ~べ~たちも取り逃がす。
アリーナ再建後の太降臨祭では、会場が地獄の気で満ちた為、人間の肉体と分離して本来の姿を現しぬ~べ~たちと戦う。ラミアに騙されていたことを知って憤慨するが、用済みとされ処刑された。

人間の構成員

丑光(うしみつ)

出典: twitter.com

童守小6年担任の男性教員。フルネームは不明。オカルト学の権威であるヴァン・ヘルシング教授のひ孫で、ヴィムクの監査役。丑光自身は霊界科学のエキスパート。ぬ~べ~と石川校長の逢魔ヶ刻対策の話を盗み聞きするなど、怪しい言動が多かった。ラミアに取り憑かれた恋人・山崎絵里の救出のため仕方なくヴィムクに協力していただけで根は善人。
組織の活動による被害を最小限に食い止めようとできうる限りの配慮を行う。絵里の肉体から地獄人を追い出すには鬼天帝を降臨させなければならず、目的達成後の事態収拾役と見定めたぬ~べ~を守ろうとする。ぬ~べ~のことは通常「鵺野先生」と呼ぶが、ヴィムク関係者の前では「N」と呼び分けている。
鬼天帝の降臨が確実になった頃ようやくぬ~べ~に歩み寄られたことに嘆き、ヴィムク側につくことを決意する。その一方でアメリカから日本に入り込んだモスマンの退治を持ちかけるなど、組織とは関係ない所ではオカルト学のエキスパートとしてぬ~べ~の協力する。
武器は銃。銃弾には霊体を破壊する霊炸弾や霊体を麻痺させて動きを封じる微弱霊体マヒ弾などを使う。
オネエ言葉を使うが、実家が日本舞踊家元の女系家族である為で、丑光自身がオネエと言うわけではない。ラミアは自分の憑依する肉体の主と丑光が恋人関係なことは知らず、丑光が必死でぬ~べ~を庇うのは同性愛の傾向にあるとみていた模様。
大降臨祭の時にラミアが絵里の肉体から抜け出した為、ようやく絵里との再会を果たした。戦いが終わった後は絵里の研究を手伝いために教職を辞し、一生をかけて恩を返す為にオカルト関係の事件に協力するとぬ~べ~に誓って童守町を去った。

たこ焼き屋のおじさん

出典: komicolle.org

たこ焼き屋の屋台「たこ八」の店主。味は美味しいと好評で、子供たちにも人気がある。本人も子供好きで、子供にはサービスでたこ焼き大盛りにする。健斗の提案でミントガム入りのたこ焼きを開発した。
正体はヴィムクの一員で、境壊法術を行っていたところを衛に見られてしまう。丑光に泣きつき相談するが、「上に知られたら抹殺処分」と言われる。たこ焼き屋自身も鬼天帝を見届けるまではと組織を抜けることをあきらめず、衛を口封じで殺そうとした。ぬ~べ~に衛の抹殺を阻止され、最終手段として境壊法術でミヅチを召喚したが、たこ焼き屋の法力を大きく上回っていたミヅチを制御できず、食い殺された。

カルラ・シン

出典: twitter.com

ヴィムクの上級組織員。天才的な霊能力者で、阻止禁中枢からも絶大な信頼を得る。元は孤児で、ヴィムクの幹部・野宮毛に拾われた。野宮毛のサポートで組織から霊能力の英才教育を受けて5歳にして能力を認められた。野宮毛のことは今も「おやっさん」と呼び慕う。
逢魔ヶ刻プロジェクトの遅れを取り戻すべく上層部によって童守町に派遣された。多くの人が行きかう童守センター街で巨大な境壊法術(大境壊法術)を実行し、一気に現世と冥界の境を破壊しようとした。
組織の上層部に位置するが、忠誠心はあまり高くはなく、暴れたい時に暴れる奔放かつ過激な性格で「組織随一の過激分子」「最悪の霊能力者」と称される。プライドが高く、自分を最強の霊能力者と称する。
右手に仕込んだ神獣・麒麟の角は、通常の鬼の手を粉砕する威力を持つ。この角は組織の霊能力者が総出で麒麟を抑え、多大な犠牲を払った上で折ったもので、一番有効に使いこなせるものとしてカルラが選ばれた。麒麟の角で鬼の手を粉砕し、ぬ~べ~を追い詰めたが、鬼の手NEOの力で積んを押し返されて自身が重傷を負った。それでも執念で立ち上がり、麒麟の角でぬ~べ~の心臓を刺し貫こうとしたが丑光による霊炸弾を食らってしまう。霊体を破壊された為に死を覚悟し、倒れた拍子に大境壊法術を突きさした為法人のエネルギーの逆流を全身に受けて重傷を負って倒れた。
後に、麒麟の角に宿った麒麟の慈悲の力で傷を癒されて復活。再びぬ~べ~と決着をつけるべく姿を現す。火葬場の人骨の粉を利用して作り上げた巨大ながしゃどくろで童守小5年3組の児童を人質に取り1対1の対決をぬ~べ~に挑む。初めは優位に立っていたが、麒麟の裁きで両手足が骨抜き状態になり身動きが取れなくなった。このショックでがしゃどくろが暴走し、カルラに児童たちを守りたい気持ちが生じたことで体が元に戻った。そのさまを見たぬ~べ~から力を正義の為に使うよう諭されるが拒絶し、再戦を誓って姿を消した。
ヴィムクには、地獄人によって乗っ取られる前から所属していたが、海外に修行に行っていた為組織の全容は知らなかった。丑光から組織の真実を知らされるも、正義に与することも組織に戻ることもできず行き場を失う。後日、野宮毛を訪ねて彼から組織が地獄人に乗っ取られたことを聞く。直後に地獄人・のジルド・レイと対面し戦闘となるも圧倒的な力で追い詰められ住んでのところでヴィムクの調査の為にやって来ていたゆきめに救われる。ヴィムク打倒の利害が一致していたことからゆきめの下に身を寄せ、彼女を「ボス」と呼びゆきんこ製菓のビルで生活をしながらゆきめからの指令をこなしていた。ゆきめに恋心を抱くようになるが、鬼天帝の降臨の際ゆきめがぬ~べ~の妻と知った時はショックを受けた。
鬼天帝と融合したラミア相手に果敢に立ち向かうが、まともに相手にされず弾き飛ばされる。鬼天帝と戦うぬ~べ~の天井知らずの強さ、実力を認め、彼が鬼天帝に勝利し、生還した時は素直に喜んでいる。
戦いの終結後はぬ~べ~一家の仲睦まじい姿を見てゆきめの下を去ろうとしたが、ゆきんこハウス(ゆきんこ製菓経営の孤児院)で働いてほしいとの提案を受け入れて残った。

下場(したば)

出典: bulublogpart1.seesaa.net

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents