地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

健斗を取り込もうとするわいら(右)。

井戸の中に取り残されたカエルが何百年という歳月の果てに妖怪となったもの。男言葉で話し性格も男性的だが卵巣を持つ。孤独を好み、孤立した子供や弱者を体内の卵巣に取り込む能力を持つ。両親の離婚が元で大人不信に陥っていた健斗の心に付け込み、洗脳するかのように彼の脳裏に話しかけていた。健斗を自分の中に引き込もうとしたが、駆け付けた郷子に阻止されぬ~べ~の鬼の手で引き裂かれた。

学校裏サイトの女子生徒の霊

出典: blog.livedoor.jp

学校裏サイトの少女(左)。

学校裏サイトで悪口を書かれいじめられて自殺した少女。自分をいじめた少女が百合愛に似ていた為、復讐をすべく学校裏サイトに取り憑き、彼女の悪口をしつこく書き続けて追い詰め、殺そうとした。最後はぬ~べ~に強制成仏させられる。

食吐(じきと)

餓鬼の一種。生前自分だけ美食をし、子供を飢えさせた者のなれの果て。食吐に蝕まれた者は餓鬼道に落ち、餓鬼になってしまう。子育てに苦悩し、心に闇が生じていたあけみ(衛の母)に付け込み5匹が取り憑いていた。最後はあけみを必死に庇う衛の気持ちに感化されて離れてぬ~べ~により鬼の手で引き裂かれた。

ズリ子さん

出典: ranking-rakuten.web.app

星蘭を連れ去ろうとするズリ子(左)。

低学年の間で噂になっていた霊。下校時刻、通学路に現れていきなり手をつかみ、子供が死ぬまで引きずり回してあの世に連れて行こうとする。元々は自分の子に言うことを聞かせようとしていた教育ママの霊が悪霊化したもの。逃げた子供を引き戻そうとして交通事故に遭い死んだ。その後悪霊となり、親に逆らえないような子を襲うようになった。
父親に逆らえない星蘭に襲い掛かり、彼女の手をつかんで引きずり回すが、星蘭が父に対する思いを伝えたことで手を離し、ぬ~べ~に強制成仏させられた。

禁忌鬼ごっこ

健斗を襲う禁忌鬼ごっこのぬいぐるみ。

自分自身に呪いをかけるゲームで、危険な遊び。レクリエーションに悩んでいた健斗たちに、丑光が教えたもの。包丁、ぬいぐるみ、石灰、穀物(ポップコーン)を用意する。ぬいぐるみの中身を全部抜いて、穀物を石灰を入れた後、参加者全員の髪の毛をぬいぐるみの頭に入れて縫い合わせ呪文を唱えながらルールを決めた後、包丁をお腹に刺して逃げた。
後にぬいぐるみに悪霊が取り憑き、包丁を持ちながら執拗に健斗たちを追いかけた。鬼ごっこの範囲内が学校全体に及んでおり、出入りができず強力な結界が張られていた。ぬ~べ~が強制的に結界を破り、ぬいぐるみに憑いた悪霊を鬼の手で握りつぶした。

黒手(くろて)

便所から手を出し、人を脅かす妖怪。悩んで物思いにふける人物を襲う。夜の公園のブランコに座って思い悩んでいた美樹を襲うが、ぬ~べ~の鬼の手で引き裂かれた。黒手が現れた場所に境壊法術を施した跡が発見され、黒手の出現が人為的に起こされたものであると判明した。

山本残左衛門

「はたもん場跡」のとある石碑に封印された処刑人の霊。「罪人を罰する」との執着のみが残った悪霊であり、ひたすら罰を与えるだけの存在である。掃除時間に抜け出そうとした上に自分のスカートめくりをした健斗達に怒っていた百合愛に取り憑き、健斗らを制裁した。その後、10円玉をネコババしようとした百合愛に襲い掛かるが、ぬ~べ~の白衣霊縛呪で動きを封じられ元の神社へと再び戻された。

タカサゴ

出典: bulublogpart1.seesaa.net

他県の男子児童の悪霊。いじめの最中窓から転落死したことを逆恨みしており、全国に現れていじめを行っていた。心の中で10かい「タカサゴ」と唱えると現れる。6年生の児童を階段から突き落とした後、いじめていた児童を突き留めるべく「タカサゴ」と心の中で計10回唱えた郷子(*)の前に現れて彼女を窓から突き落とそうとしたがぬ~べ~に阻止され強制成仏させられた。

*階段から落ちた児童のノートに「タカサゴ君許して」と書かれていた為。

夜蟹姫

出典: blog.livedoor.jp

丑光が境壊法術で呼び出した妖怪。顔を剥がれた女性の上半身と蟹の下半身を持つ。腹から蟹を出現させ、顔を奪う。元は人間の姫だったが、落ちのびた先の岩場の洞穴でたくさんの蟹に顔を食われて死亡、妖怪となった。削がれた顔を得る為に「顔をよこせ」と叫び続け、腹から出した蟹で百合愛たち女子児童の顔を奪った。
丑光曰く「前に呼び出した妖怪よりは強いが、鬼の手なら楽勝」なレベル。陽神の術で形だけ復元させた鬼の手を破壊するが、鬼の手NEOで強制成仏させられる。顔を奪われた女子児童たちは元に戻った。

死体の男(ゾンビ)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

目次 - Contents