地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

声:豊嶋真千子
演:水谷果穂

通称は「のろちゃん」。おっとりとした、穏やかな少女。強く本音を言えない為か、鬱屈した感情を抱いていると思われる描写が多々ある。美樹と郷子という二大ヒロインに隠れがちではあるが、器量よしで頭もいい。意外とスタイルも良く、色気を出す精霊パウチに取り憑かれた時にはボンテージ姿で登校し、男子たちを虜にした。
読書と小動物を好む。運動が苦手で、特に走ることは短距離、長距離共に遅い。一度馬の呼吸法を試し、駿足になったことがある。作中で新たに弟が誕生した。
『NEO』には登場しない。

白戸秀一(しらと しゅういち)

出典: twitter.com

声:金丸淳一
演:佐野岳

高級レストラン店のオーナーの息子。金持ちでブランド品を多く身に着け、家柄や高級品を自慢する嫌味な性格。給食は口に合わないと食べずに捨てていたが、餓鬼霊に取り憑かれて食べ物のありがたみを知ってからは「何を食べてもおいしい」と感じるようになった。ぬ~べ~やクラスメイトを招いてゲテモノ料理を振る舞うシーンがある。
高慢なお坊ちゃんキャラである一方でUMAやUFOを信じる純粋な面を持ち、宇宙人との出会いを夢見てもいる。誤って死なせたカメが妖怪化し、街を破壊した時には自分を犠牲にして皆を救ってほしいと願い出る優しさ、度胸も持つ。
『NEO』にが登場しない。

山口晶(やまぐち あきら)

出典: matome.naver.jp

声:柳沢美三千代
演:清水一希

絵画、発明が得意な少年。努力家で、どんな苦労も厭わない。初登場時は、何をやっても今く行かない状態であった。それは、幼い頃海でおぼれて死にかけた際、賽の河原(*)で地蔵虐なる鬼に取り憑かれたせいだった。ぬ~べ~に除霊してもらった直後、ようやく努力が報われ始める。作中では心霊ロボットを作ったことがある。
基本的には真面目で大人しい性格だが、自己顕示欲が強く、時折自己陶酔によって暴走することもある。美少年設定ではあるものの、動かしにくい性格だったらしく、あまり女性読者の人気は得られなかった。

『NEO』では筑波の大学院生になっている。専攻はロボット工学。科学の世界で名を残すことを夢見ており、失敗してもくじけない姿勢や強い自己顕示欲は変わっていない。
介護の現場の実態を見て、AI搭載ロボットの必要性を痛感。浮遊霊をメインAIにしたロボット「ガーリ君」を開発する。浮遊霊の記憶を消して思考力だけを残し、AIとして活用するものだったが、浮遊霊の記憶が戻り暴走してしまう。ぬ~べ~が浮遊霊を強制成仏させて事なきを得た。その後、霊はPCの部品ではないと反省し、何年かかっても完璧なAIを作ると決意する。

*賽の河原とは、冥界の入り口である。伝承では、親より先に死んだ子供は、そこで石を積む苦行を強いられる。積み上がる頃になると鬼(作中では地蔵虐)が現れ石を崩していく。こうして、延々と石を積み続けるとされる。地蔵虐は生還した晶を追って地上に来てしまい、石を崩すように努力の邪魔をしていたのだった。

金田勝(かねだ まさる)

出典: twitter.com

声:松尾銀三
演:島丈明

小太りで、乱暴者。いじめっ子として登場し、正義漢の広を嫌っていたものの、妖怪騒動が元で友人になった。いじめっ子も卒業し、ガキ大将として頼れる存在になっていく。頭自体は悪くはなく、クラスメイトの木下あゆみとの出会いが元で読書の面白さに目覚め、勉強にも興味を持つようになった。

『NEO』では長距離トラックの運転手になっている。片手間に恋愛小説を書いており、いずれはそちらで身を立てるつもりらしい。病弱だったあゆみのリハビリをさせる内に惹かれ合い結婚に至った。大学卒業と同時に結婚したが、お金がなく式は挙げていない。あゆみの出産時には命の危険にさらされたあゆみの体にぬ~べ~の力で憑依し、娘を出産した。

菊池静(きくち しずか)

出典: pbs.twimg.com

声:宇和川恵美
演:高月彩良

黒のロングヘアが特徴。おっとりとした外見ながら正義感が強く、言いたいことはズバズバと言う性格。警察官を夢見ており、些細な不正も見逃さずに言いつけた為、クラスで孤立していたこともあった。人間の体内に住み、宿主の不正を神に告げ口する妖怪・三尸により寿命を削られるが、ぬ~べ~に救われ自分を棚に上げて他者の不正や悪事を指摘することを改め皆と仲直りした。

『NEO』では婦人警官となっている。「A」に襲われそうになった児童を助けた。

木下あゆみ(きのした あゆみ)

出典: twitter.com

本好きの少女。ぬ~べ~により陽神の術を授けられた分身が登校しており、本体は長いこと入院している。勝に声をかけられた際、彼が本を読みたがっていると勘違いして本を貸し、そこから読書仲間となる。陽神の術のことはバレたが、その後も友人として付き合い始めた。
陽神の術はまだ不完全で、水がかかると溶けてしまう。その為、なるべく目立たないように生活していたが、目立ちたがり屋の一面もある。オタク的な気質もあるようで、広らを救うべくヒーロー風のコスチュームに身をまとった「陽神仮面X」に変身して殺人鬼を撃退したことがある。

『NEO』では勝と結婚し、妊娠した状態で登場した。病気は治った者の体が弱いのは同じで、出産時には命の危険にさらされた。鬼の手の力で勝があゆみの体に憑依し、無事に出産を終える。

小林由香(こばやし ゆか)

出典: blog.livedoor.jp

転校してきた女子児童。天邪鬼な性格だったが、ぬ~べ~の機転で除霊したフリが元で更生した(人形を使い、「天邪鬼が取り憑いていたがもう払った」と言った。由香は「あの天邪鬼が本当だったら自分ももう少し素直になって友達ができるかもしれない」と思うのだった)。初登場回以外でのメイン回はないが、その後もちょくちょくモブキャラとして登場する。やや粗暴な面があるが、女の子らしい一面も持ち合わせている。

松井さん(まついさん)

出典: seiga.nicovideo.jp

アニメ未登場。
松井秀喜(実在の野球選手)に似た少女。脇役ではあるが、作者が気に入っていたようで扱いはいい。筋骨隆々な体格をしている半面純情可憐で、リボンやフリル付きのファッションを好む。センスが独特で、女子たちが気を使って「変」と言えないような髪型をする事もある(ある時は、大便にたかったハエのような髪型だと美樹に言われた)。笑い方は「グフフ」。

飯島久美子(いいじま くみこ)

出典: komicolle.org

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents