地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

カルラの部下。法具を使い、霊力を物理攻撃に使用する。人間ながら、ぬ~べ~に鬼の手NEOを使わせた実力の主。組織の目的を簡単にしゃべるなど口が軽かったり、極秘任務であるにもかかわらず公衆の面前で戦おうとするなど、単細胞な面もある。丑光の霊炸弾で倒された。

野宮毛籾男(のみやげ もみお)

大手製薬会社・冥土製菓社長。赤字の氷菓部門をゆきんこ製菓に買い取ってもらうべくゆきめと商談をした。
ヴィムクの幹部であり、地獄人に乗っ取られる前からの子さんのメンバーである。「鬼天帝を降臨させればなんでも願いが叶う」との地獄人の言葉に賛同し、地獄人に出資を続けている。孤児だったカルラの育ての親で、彼が霊能力者となるためのサポートを行ってきた。
カルラが地獄人に反旗を翻した時は地獄人の力の大きさに怯え、カルラに許しを請うよう呼び掛けた。

馬頭(ばとう)・魚藍(ぎょらん)

ヴィムクの工作員コンビ。共に光野山で10年の修行を積んだ霊能力者。かつてカルラと組んだことがある。戦闘の際は三又の槍、円盤状の投げナイフのような法具を使用する。
地獄人ブラド・ツェッペの指示で建設中の童守アリーナを警備していた際、カルラと再会。組織を裏切ったとカルラに攻撃を仕掛けるが、簡単に撃破された。喧嘩を始めたぬ~べ~、カルラに再び襲い掛かるも、それぞれ一撃で弾かれた。

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物・キャラクター~童守町の住民~

高校生の不良生徒三人組

声:私市淳 / 川津泰彦

童守高校の不良生徒たち。童守小の学園祭を荒らした際、ぬ~べ~に妖怪の幻覚を見せられて退散した。おんぶおばけにも襲われている。

和尚(おしょう)

出典: viprapon.blog.jp

演:マキタスポーツ

童守小の裏にある真倉宗偶然多羅(ぐうたら)派・童守寺の和尚。無責任かつ金にガメツイ生臭坊主で、葬儀の際に経文をあげずにテープで誤魔化す、洋館関係のアイテムを出して騒動の下になることが多い。とはいえ悪徳坊主というわけではなく、自分のせいで死者が陰摩羅鬼(*)と化した際は途中までとはいえ真剣に経をあげ、ぬ~べ~が死亡した時は真面目に葬儀を執り行う一面もある。いくらか役に立つアイテム(偽の御鬼輪など)を出して貢献することもあった。

*いい加減な読経により、死者が妖怪化したもの。

北島マヤ男(きたじま まやお)

プロスケーター。ぬ~べ~の為、賞金目当てにペアスケート大会に出場したゆきめのパートナーを務めた。ゆきめといちゃつくところを見せつけぬ~べ~を怒らせてしまうが、ぬ~べ~に対するゆきめの想いの強さを知って身を引いた。ゆきめのことは憎からず思っていた模様。

広の母 / かとう れいこ / ひながた れいこ

出典: twitter.com

声:馬場澄江

広の母が転生した姿。作中では幼稚園児になっている。本人曰く「広に会いたくて」生まれ変わったとのこと。広の父との出会いや新婚生活、広が幼い頃のことまで鮮明に覚えていた。ぬ~べ~が鬼の手で記憶を読むと、嘘ではなく真実だと判明した。前世の記憶を持つ子供の事例は珍しくはないが、広の母の場合は記憶が鮮明に残りすぎており、このままでは現世のかとう れいこ(アニメではひながた れいこ)の人格に影響が出かねない。
生前、「何も親らしいことをしてやれなかった」と広を連れ出し、あちこち連れ回すが、広は中々「母」と呼ばなかった。ぬ~べ~が何かを耳打ちすると、広の母は「元気そうで安心した、思い残すことはない」と前世の記憶を消してくれるようぬ~べ~に頼んだ。
広は本当は母が恋しかったが、恥ずかしくて素直に甘えられなかったと泣いて縋る。「やっと母ちゃんと呼んでくれたね、ありがとう」との言葉を最後に広の母の人格は消えた。
かとう れいこは自分の母に手を引かれながら「大きくなったら、あのお兄ちゃん(広)みたいな子供を産む」と言うのだった。

げんこつ屋のおばあさん

駄菓子屋『げんこつ屋』を営む老婆。古い迷信を好み、「迷信ババア」と呼ばれている。やや口うるさい所があり、子供たちには疎まれている。経文を民間風にアレンジした呪文で低級霊を除霊し、「物もらいを治すには、神様や仏さまから物をもらうといい」と神棚に供えてあった饅頭を与えて治すなどした(物もらいがこの老婆の力で治ったものかは不明)。

座敷童子のお母さん

座敷童子の正体である少女・春子の母。座敷童子を幸せにしたいとのぬ~べ~の願いが元で探し当てられた。春子の為、取っておいた戦時中の服を着るが、座敷童子となった春子には最初母だと分かってもらえなかった。ぬ~べ~に霊体をはがされ50年前の姿に戻してもらい、ようやく再会が叶う。

幹久(みきひさ)

声:私市淳

童守中の男子生徒。いずなの初恋の相手。早紀という優等生の恋人がおり、幹久はいずなに思われていることを知らず彼女といちゃついた。これによりいずなの恋は失恋に終わる。尚、いずなは彼に対する恋心から人体発火現象に悩まされていた。

トモコ、かずみ

声:友永朱音(トモコ) / 宇和川美恵(かずみ)

いずなの同級生。かずみはアニメオリジナルキャラクターだが、トモコは原作にも登場している。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents