地獄先生ぬ~べ~(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、妖怪や霊から生徒を守るアクションコメディーが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

陽神の術(ようしんのじゅつ)

陽神の術で作り出された分身(左)。

気を練り、実態を伴った本人そっくりの分身を作り出す術。高い霊能力や霊能者としての才能を持った者だけが使える術。
ぬ~べ~が何かの理由で身動きができない時などに使う。分身なので痛みを感じず、怪我をする事も死ぬこともないが、妖気をまとった攻撃を受けるとダメージを負う。服も気で作ったもので、イメージによっては子供になったり大人になったりもできる。
作中ではぬ~べ~の他玉藻、木下あゆみが使用している。

感知能力(かんちのうりょく)

自身が見つけ出したいものを探す能力。ダウジング、フーチ、オーリングなどを使用する。ダウジング、フーチ、オーリングいずれも道具を用いて人間が持つ霊感の感度を上げるもので、誰にでもできる。ぬ~べ~はこの能力を使い、自身の霊感を上げてパチンコの当たる台を探し当て、金欠時に活用している。

幻影の投影(げんえいのとうえい)

水晶玉や鬼の手を通して、他者に幻影を見せる。自分の姿を巨大に見せたり、水晶玉に記憶された妖怪の幻を見せることもできる。鬼の手を使用した場合は、特定の相手にのみ見せることも可能。

経文(白衣観音経)を使用した技

守護霊交替(しゅごれいこうたい)

出典: matome.naver.jp

郷子(左)の守護霊を入れ替える空虚(右)。

守護霊を強制的に取り換える術。守護霊は単に憑いている人物を守るだけではなく、性格等にある程度の影響を与える。郷子には戦国時代に500人の敵を倒した荒武者の霊が憑いており、ガサツで時に暴力を加える彼女の性質は守護霊の影響が大きい。作中では、最初にインチキ坊主の空虚が行った。
母やクラスの男子生徒・広から「女らしくしろ」と言われた郷子は、空虚の「悪霊が憑いている」との言葉で守護霊を変えられ人が変わったようにおとなしくなった。しかし、新たに憑いた霊は生前に多くの娘を殺してその血を浴びてきた悪霊・千鬼姫であり、郷子を殺して血を取るのが目的だった。元の守護霊が戻ったこともあり、千鬼姫は力を封じられ、郷子は元に戻る。空虚も守護霊を変えられてインチキ商売ができなくされた。
ぬ~べ~曰く「守護霊が変わるのはよくあること」で、守護霊の影響で強い帯電体質に悩まされていた緑川詩織は無害な守護霊が憑いたことで体質から解放された。

白衣霊縛呪(びゃくえれいばくじゅ)

悪霊や妖怪を白衣観音経に巻き付けて身動きを封じる。経文そのものに悪霊や妖怪を封印することもある。原作の実の登場で、鬼の手に次いでぬ~べ~が使用する技である。

白衣霊壁呪(びゃくえれいへきじゅ)

まっすぐに伸ばした百円観音経で、悪霊や妖怪を撃破する技。原作のみ登場。

霊縛切断(れいばくせつだん)

まっすぐに伸ばした観音経を刀のごとく振り下ろし、人に取り憑いた霊を切り離す技。

霊界への扉を開く

白衣観音経を宙に浮かべて輪の形にし、その中に霊界の入り口を開く。作中では夢が破れて集合霊となった人々を導いた。

鬼の手を使用した技

霊体への攻撃

出典: manga.blogo.jp

鬼の手で下級鬼を屠る。

作中でよく使用される技。鬼の手で妖怪や実体のない妖怪を殴ったり、切り裂いたりする。元々鬼の手は霊体なので、実態を持たない霊や妖怪を物理的にとらえ、攻撃を加えることができる。威力はかなりのもので、並みの妖怪や霊を一瞬で無に帰すことができる。基本的にぬ~べ~は相手が霊体の場合は説得や強制成仏を試みることが多く、鬼の手で切り裂くのはある意味で切り札とも言える。ただ、あまりに力の強い妖気や怨念、神クラスの存在には通用しない。

思考に触れる

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents