地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

本に封印された悪霊

声・佐藤正治

アニメオリジナルキャラクター。第30話に登場する。元は普通の霊だったが、邪欲が強く、悪霊化した。悪魔に魔術合戦を挑んで敗れ「秘本魔術辞典」なる本に封じられていた。童守小の図書室に遭ったこの本の表紙をまことが破いてしまい、封印から解放された。完全復活の為にまことを狙い、襲うが二宮金次郎像の妨害に遭う。金次郎の像に吸収されても抵抗し、苦戦させる強い力を持つが、ぬ~べ~の鬼の手の力を分けてもらった金次郎像の自爆に伴い消滅した。

ピアノを弾いていた女子児童の霊

出典: blog.livedoor.jp

夜な夜な、泣きながらピアノを弾いていた少女の霊。生前はピアノが好きで、音楽教師に才能を認められて個人レッスンを受けていた。コンクール当日事故に遭い、音楽教師共々死亡した。泣きながら現れるのはピアノに未練があるからと思われていたが、呪縛霊となった音楽教師の霊に縛られていた為でありった。音楽教師の霊が成仏させられ自身も成仏した。

音楽教師の霊

出典: blog.livedoor.jp

ピアノを弾く女子児童の背後にいた悪霊。女子児童の才能を認め、個人レッスンしていたが実際には彼女を優勝させ、富と名誉を得るのが目的だった。死後も女子児童をピアノに縛りつけ、無理やりピアノを弾かせていた。大月先生とぬ~べ~により成仏させられる。

若い侍の霊

出典: blog.livedoor.jp

童守寺の神木に、7月の満月の晩に現れる若い侍の霊。400年前、北条氏の愛妾・佐々姫と恋に落ちた為、7日7晩むごい拷問を受けて死亡した。佐々姫の遺体を掘り起こしに来るが見つからず、泣きながら帰るとの行動を繰り返す。怨念を持ち、木を切りに来た人々を事故に巻き込む。
広、郷子、美樹、克也が肝試しのため木の上でこの霊を見ようとした際、克也のくしゃみに気付いて木を登ってきた。木の先へ上って逃げようとした美樹が落ち、剥がれかかっていた木の皮をはがしたことで、木の上に押し上げられた姫の遺体と再会。共に成仏した。

紫ババア

出典: blog.livedoor.jp

老婆の悪霊。生前は心優しい老婆だったが、いじめの果てに孫を殺された上周りから事故として処理されたことに怒り、誰の話も聞くまいと自らの耳を切り落とした。死後は悪霊、及び半鬼化して孫をいじめた児童に復讐するかのように、子供を無差別に切りつけるようになった。
耳がないため経文は聞こえず、通じない。死者をあの世へと導く紫を聞くと示すことで怯むとの噂だが、意味を知らずに使われていた為に慣れてしまっていた。ぬ~べ~によって色霊(*)を利用して正しい経文と紫の真の意味を伝えられたことで正気を取り戻し、成仏した。

*色に込められた霊的な意味やメッセージ。紫は成仏や死を意味する。

マラソンの幽霊

出典: blog.livedoor.jp

マラソン大会の時に現れた霊。かつて大会の途中で事故死した霊で、完走をすれば成仏できると踏んだぬ~べ~により、皆と共に走り切る。それでも成仏できず、児童たちは霊と共に何度も走らされた。実はコースの途中で休んでおり、鬼の手で読み取った思念によると「サボっている時に死んだ」「今まで一度も本気で何かを成し遂げたことがない」らしく、成仏できないのもこんな自分に嫌気がさしてのことだった。真相を知り、怒る皆に追いかけられる。ゴールテープを切り、初めて物事を成し遂げたことに感動しながら成仏した(何度も走らされた児童たちは怒っていた)。

ナースの霊

出典: blog.livedoor.jp

生前は優しいがドジなナースだった。ある男性患者に毒を注射して死なせてしまい、それを苦に自殺する。自責の念が強すぎるあまり、病院をさまよい、新たな患者が来るたびに謝罪をして回るようになった。ぬ~べ~によって、男性患者の霊と引き合わされて、患者の死因が自分のせいではないことなどを知り、共に成仏した。

患者の霊

ナースの霊が謝って毒を注射し、死亡したとされる男性患者。実際には、毒は自分で仕込んだものだった。生前優しくしてくれたナースが自分を死なせたと思い込んでいると知り、こちらも強い自責の念で霊体化していた。ぬ~べ~によってナースの霊と会わされて、自らの過ちを告白。共に成仏する。

風間名美恵(かざま なみえ)

小説版『呪われたスポットライト』に登場。生前は美少女アイドルとして成功を収めていたが、それが元で両親が不仲となり離婚。死後との関係で精神的に追い詰められて投身自殺をした。悪霊となった。アイドルオーディションを受けに来た美樹と待ち合わせていた郷子に憑依し、郷子をアイドルデビューさせる。最後には本性を表し、郷子を殺そうとした。
通常は裸体の美少女だが、力を発揮する時は死亡時の脳がむき出しになったゾンビのような姿になる。同じく芸能界で死んでいった悪霊を操る能力を持つ。配下の悪霊を鬼の手で引き裂かれ、名美恵自身はぬ~べ~の説得で成仏した。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents