地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

間引きで川に捨てられた赤子の霊の集合体。作中の川赤子が流された川は既になくなっており、その土地にゆきめの会社のアイス工場が建てられていた。哀れな存在ではあるが、巨体と凶暴なモンスター並みの力を持つ。甘いものが大好物で、アイスを試食していた健斗らと捉えておもちゃにして遊んでいた。ゆきめとぬ~べ~の息の合った連係プレーに押されて、鬼の手で強制成仏させられた。

どうもこうも

出典: twitter.com

刀剣で斬ったり、針と糸で縫い付けたりする妖怪。昔、ある大名のもとに江戸で一、二を争う二人の医者が腕を競えと命じられてお互い手足を切り取り、それをまた繋いでみせることで自分の腕前を誇示した。最後は共に首を切り落としてしまい、どうもこうもいかなくなって死んでしまった。以来、人を斬りつけは繋げることで腕自慢をする妖怪として人々を震え上がらせたという。
星蘭の背が低いコンプレックスを聞き、腕試しをする為彼女の前に現れた。鬼の手で引き裂いても針と糸で自分を繋ぎ合わせて復活する。鬼の手NEOで切り裂かれたが、ぬ~べ~、星蘭が去った後バラバラになった体を少しずつ縫い合わせる描写が存在する。

首なしライダー

出典: bulublogpart1.seesaa.net

数年前に死亡した不良少年の悪霊。名前の通り、首がない。後ろから爆音が近づいてきて、振り向くとチェーンで首を切断される。首がないのは、生前トンネル内でこぼれていたオイルで滑って転倒、ヘルメットをかぶっていなかった為頭がづり潰されたことが原因。5丁目のトンネルに出現する。茉莉のうわさ話を聞いたまことが、ぬ~べ~抜きで退治することになった。
まことは中古のバイクを運転し、首無しライダーに偽の首を切らせるが、偽物だと気づいた首無しライダーが皆に襲い掛かった。弱点のオイルをまことに浴びせられて、悲鳴を上げて消滅した。

薄影(うすかげ)

またの名を白うねり。雲や霞のような妖怪で、薄影に取り憑かれると存在感が希薄になる。妖気や姿を消すことに長けており、霊感の強いぬ~べ~でさえ薄影の存在に気付くことができなかった。諸星はずるに取り憑き、彼の存在感を薄くしていた。
ぬ~べ~は放課後、はずるに取り憑いた薄影を除霊する予定だったが、美樹の勤め先のスナックで行われている食べ放題飲み放題のイベントに呼ばれて、楽しんでいるうちにはずることを忘れてしまっていた。除霊のことを忘れられて自分の存在を否定するようになったはずるの心に付け込んで自殺させようとしたが、腕をフォークで刺して「モロボシ」の字を書いてはずるを思い出し、駆け付けたぬ~べ~の鬼の手で引き裂かれる。

叩き夢(たたきゆめ)

出典: bulublogpart1.seesaa.net

衛の悪夢。

「バク食らわぬバク食らわぬ」と呪文を唱えながら枕を叩いて悪夢を見て、翌日に良いことが起きるおまじない。「自分は運が悪い」と感じた衛が試しに枕を叩いて呪文を唱えて眠った後、続けざまに良いことが起きた。
叩き夢とは昔からある呪術的な遊びで、ぬ~べ~曰く「実際にふざけてやっって、悪夢に殺された者もいる」とのこと。本気で注意された衛は反省をしてやめたが、悪夢がたたき夢をやめないよう、衛の母あけみを病気にしてたたき夢をさせようとした。母を助けるべく再びたたき夢を行い、夢の中で妖怪に襲われた衛だが、母を想う強い心で耐えた為、夢にいた妖怪は夢から追い出されて逃げ出し、ぬ~べ~の鬼の手NEOで引き裂かれた。

瀬戸大将(せとだいしょう)

割れた瀬戸物が集まってできた妖怪。書物に封印されていたが、手下の妖怪たちがページを破いたため復活。健斗達に襲い掛かるも、鬼の手で破壊される。

ちいちい袴

つまようじの付喪神。瀬戸大将の手下。瀬戸大将を復活させるべく、茉莉の手下となり、彼女に増殖を手伝ってもらった。瀬戸大将の復活後は茉莉に反旗を翻すが、ぬ~べ~に全滅させられる。

板鬼(いたおに)

板の付喪神。ちいちい袴同様、瀬戸大将の手下。空中浮遊ができる。瀬戸大将が復活するまでの時間稼ぎとして、スケボーになって健斗達を楽しませた。瀬戸大将の復活後は暴走して健斗たちに怪我をさせようとしたが、ぬ~べ~により阻止された。

頼豪鼠(らいごうねずみ)

境壊法術で現れた鼠の妖怪。丑光曰く「地獄の表層でも強い方」。健斗、衛、勇輝、はずるの前に現れる。4人を庇った郷子に襲い掛かるが、彼女たちを助けに入った丑光が用意した、火力を上げた霊・妖怪対用のマシンガン中で木っ端みじんに消滅した。

尻の目(しりのめ)

名前の通り、尻に目がある妖怪。江戸時代より、通行人を脅かしていた。現代でも尻にある目を見せて人々を驚かせようとしていたが、尻の目を見せるべく、服を脱いだ途端変質者扱いを受けてしまっていた。
健斗、衛、瑠海の前に現れるが、驚かれることはなかった。彼らと共に現代人を驚かす方法を探るうち友情が芽生え、彼らに絡んだ高校生に対し本気で怒り、怖い姿で追い払うことに成功した。健斗たちに感謝して泣きながら抱き合い、あの世へと帰っていく。
人間の顔に当たる部分は擬態で口がなく、意思の疎通は筆談で行う。

アマビエ

出典: twitter.com

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

目次 - Contents