BANANA FISH(バナナフィッシュ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BANANA FISH(バナナフィッシュ)』とは、1985年〜1994年に『別冊少女コミック』に連載された吉田秋生によるバイオレンスサスペンスである。1980年代のニューヨークを舞台に、バナナフィッシュというドラッグをめぐる、ストリートキッズ、アッシュの戦いを描く。ハードな抗争を繰り広げる一方、孤高に生きてきたアッシュが英二との友情を通して人間らしさや愛を覚えていく姿が描かれている。かねてより名作として人気を博していたが、2018年に吉田秋生40周年プロジェクトでアニメ化され、人気が再燃した。

『BANANA FIFISH(バナナフィッシュ)』の概要

『BANANA FISH(バナナフィッシュ)』とは、『別冊少女コミック』1985年5月号〜1994年4月号にて連載された、吉田秋生のバイオレンスサスペンス漫画である。また、それを原作としたラジオドラマ、アニメ、舞台作品がある。

少女漫画誌への掲載ながら、マフィアとストリートキッズ(ギャング)の過激な抗争を描いたハードボイルドな作品である。また、1980年代に、アメリカのストリートキッズを主題に取った漫画は非常に珍しい。
また、過激な抗争を描くだけではなく、バナナフィッシュに関わる登場人物たちの駆け引きや心情を緻密に描いていることも特徴である。
さらに、主人公アッシュと英二の友情と愛情の間のような深い絆が紡がれていく様も作品の大きな主題となっている。

タイトルともなっているバナナフィッシュとは、作中で登場人物たちの運命を左右するドラックの名称であり、名付けの由来は、J・Dサリンジャーによる短編小説集『ナイン・ストーリーズ』に収録されている『バナナフィッシュにうってつけの日』である。
サリンジャーの小説では、退役軍人のシーモア・グラースという男がバナナフィッシュについて語ったのちに自殺をするストーリーである。明言はされていないが、戦中のトラウマから神経衰弱し、バナナフィッシュを夢想して自殺したのだと読み取れる内容だ。
なお、漫画の中では、「バナナフィッシュは、その姿を見ると死にたくなる、死を招く魚」だと説明されている。

コミックスは全19巻、文庫版は番外編も含み全12巻で刊行されている。
コミックスは絶版となっていたが、連載終了後20年以上経った2018年に初のアニメ化がなされたことをきっかけに、全20巻を4つのBOXに分割した復刻版が発売された。
その他、2001年に発売されたのち絶版となっていた『BANANA FISH REBIRTHオフィシャルガイドブック』も2018年に追加編集を加え発売された。原作者の吉田秋生が監修する書籍であり、登場人物の詳しい設定、時代背景の解説などとともに、吉田秋生のロングインタビューも収録されている。

ラジオドラマは1994年および1995年に、NHK-FMの『青春アドベンチャー』枠内にて放送。

舞台版は2005年、2009年、2012年、そして2021年と4度行われている。
2005年版と2009年版は脚本・演出を吉谷光太郎が務めた。2005年は11月にシアターぷらっつ江坂、シアター代官山にて上演され、アッシュ役を柄谷吾史が、英二役を斎藤准一郎が演じた。2009年は4月に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、新国立劇場中劇場にて上演され、アッシュ役は引き続き柄谷吾史が、英二役を宮下雄也が演じた。
2012年版は脚本を菅野臣太郎、演出を古河聰が務めた。上演は10月に品川六行会ホールにて行われた。アッシュ役は磯村洋佑が、英二役は竹内寿が演じた。
2021年版は前後2部作となり、脚本を畑雅文、演出を松崎史也が務める。前編は2021年6月に天王洲銀河劇場にて上演された。アッシュ役は水江健太、英二役は岡宮来夢が演じた。

テレビアニメは2018年7月〜12月に、フジテレビのノイタミナ枠にて全24話2クールで放送された。
アニメーション制作はMAPPAが担当。監督は内海紘子、脚本は瀬古浩司、キャラクターデザインは林明美が務める。

『BANANA FISH(バナナフィッシュ)』のあらすじ・ストーリー

バナナフィッシュの謎

路地裏で殺されたスティーブン・トムソン(右)は、アッシュ(左)に「バナナフィッシュ」という謎の単語を言い残した。

1975年、ベトナム戦争に参加しサイゴンに駐留していた米軍兵士グリフィン・カーレンルイス(通称グリフ)が突如錯乱し、仲間に向けて銃を乱射した。これにより3名が死亡。事態を収集するため、同僚のマックス・ロボはグリフの両足を撃った。マックスはグリフの親友だった。意識朦朧とする中グリフは「バナナフィッシュ」と呟いた。

時は流れ、1985年。
ダウン・タウンを縄張りとするストリートキッズのボスであるアッシュ・リンクスは、殺しの現場に居合せた。
致命傷を負った男は「ロス・アンジェルス ウエストウッド42」という番地を伝えると共に、謎の粉末が収められたロケット付きのペンダントをアッシュに託した。そして、「バナナフィッシュに会え」と言い残し、息絶えた。

アッシュはバナナフィッシュに深い因縁があった。10年前サイゴンで銃乱射事件を起こしたグリフは、アッシュの実の兄なのだ。だが、サイゴンの事件以来グリフは廃人と化しており、バナナフィッシュとは個人名なのか組織名なのか、何もわからずにいたのだ。

一方、マックスもまたバナナフィッシュについての手がかりとして、スティーブン・トムソンという退役軍人が投稿した記事を入手していた。
記事によると、バナナフィッシュは「ある特定の麻薬密輸密売ルートと浅からぬ関係があると思われる」という。だが、バナナフィッシュという単語自体が何を指すのかはわからぬままであった。
マックスは市警時代の友人である、刑事のチャールズ・ディキンソン(通称チャーリー)にその記事を見せた。チャーリーは今年に入ってから立て続く不審な自殺事件について担当していた。そしてスティーブン・トムソンは今朝方死体となって発見されたのだと教えた。

スティーブン・トムソンは、アッシュが最後を看取った男であった。

アッシュと英二の出会い

伊部(右下)の取材に同行し、初めてアッシュ(左上中央)やその仲間たちと出会った英二(右上)
自分を恐れず屈託なく話しかけてきた英二に、アッシュは興味を持った。

日本人ジャーナリストの伊部俊一(いべ しゅんいち)は、高校生の奥村英二(おくむら えいじ)とともに、ストリートキッズを取材するためニューヨークにやってきた。
市警の紹介で、取材はアッシュのグループに依頼することとなった。
日本の平和な環境で育った英二は、アッシュに対し「銃を見せてくれないか」と無邪気に話しかけた。周囲は驚いたが、その純粋さに惹かれ、アッシュは大切な愛銃を英二に貸すほど心を許した。

そんな折、フレデリック・オーサーの一味が襲撃してきた。オーサーはかつてアッシュと縄張り争いをして敗北し、アッシュの配下となっていた。しかしその雪辱を晴らす機会をずっと狙っていたのである。
混乱の中、オーサーの手下たちにより、英二はアッシュの右腕であるスキップとともに連れ去られてしまった。

オーサーの罠だと知りながら、アッシュは仲間を救うために単身救助に向かう。そこには、コルシカマフィアの組員であるマービンがいた。
アッシュは、オーサーの個人的な恨みの他に、コルシカマフィアが自分を狙う思惑があることを察する。
マフィアのボスであるディノ・フランシス・ゴルツィネは、バナナフィッシュの秘密を守るためアッシュの身柄を追っていたのである。

アッシュはディノと浅からぬ因縁があった。幼い頃に男に強姦されて以来、男娼まがいのことをして生計を立てていたアッシュは、男色のディノに買われ育てられた過去があった。
貧しい育ちながらも、高い知性と類稀なる狙撃のセンスを持つアッシュを、ディノは自分好みに磨き上げ、深い愛情を注いでいた。
だが、心身ともに自由を求めるアッシュはやがてディノの元を去ったのであった。

一時はマービンに拘束されたアッシュだったが、隙をついて英二とスキップ共々闘争。助けを呼ぶために英二を先に逃した。
残ったアッシュとスキップは後を追ってきたオーサーやマービンと再び争いになり、アッシュを庇ってスキップが命を落とした。
英二は市警を呼び、現場に警察が集まってくる。マービンはアッシュを捉えられぬまま現場を後にした。

バナナフィッシュがディノにとって重要な存在なのだと気づいたアッシュは、いまだ自分を束縛し続けるディノに一矢報いるため、その謎を解き明かすことを決意する。
アッシュはマービンから情報を得ようと後を追い、隠れ家に辿り着いた。だが、マービンは何者かによりすでに殺されていた。

ニューヨークの裏社会に絶大な影響力を持つディノは、警察内部にさえ仲間を持っていた。アッシュはディノの息のかかったウィラード・エヴァンスタイン刑事に陥れられ、マービン殺しの嫌疑をかけられた。
犯行を否定するアッシュに、ウィラードはかつてアッシュが男娼としてマービンに買われていた事実を突きつけ、殺害動機があるはずだと告げたのである。
過去のトラウマを利用され罪をでっち上げられたアッシュは、ウィラードのみならずチャーリーを含む警察全体への強い怒りを露わにした。

アッシュとマックスの出会い

マックス(右上)にとっての親友、アッシュ(左上)にとっての兄であるグリフが殺されたことで、ふたりはバナナフィッシュを本格的に追うことになった。

刑務所内でアッシュが始末されることを危惧したチャーリーは、マックスに事情を話し、警護するように指示した。マックスは警官と個人的な揉め事を起こし、収監されていたのである。

アッシュと常に行動を共にする中で、マックスはグリフとアッシュが兄弟であることを知る。
かつて救えなかった親友グリフへの罪滅ぼしのような気持ちを抱きながら、ディノと危険な戦いをしようといているアッシュを救おうとマックスは尽力する。

一方でアッシュは、ディノの追跡が及ぶことを予見し、スティーブン・トムソンから託された粉末とグリフを安全な場所に匿うため、英二に協力を依頼した。
英二は、チャイナタウンのストリートキッズを取りまとめるショーター・ウォンと接触し、アッシュの依頼を遂行した。だが、ディノの刺客にあとをつけられてしまい、もみ合いの最中グリフは撃たれ、死亡してしまった。

兄の死を知らされたアッシュは、ディノへの復讐心をより強くしたのであった。

バナナフィッシュの手がかり

グリフの残した資料を調査する、英二、ショーター、マックス、伊部。
エイブラハム・ドースンの関与を突き止めることが出来た。

マックスの協力もあり、アッシュは早々に出所を果たした。チャーリーの他、英二と伊部も出迎え、アッシュはそのまま市警に送られる予定であった。
だが、復讐を急ぐアッシュは、英二と共謀し、車を奪って逃走した。

アッシュと英二はチャイナタウンでショーターたちと合流した。そして、ディノと対決するため、「クラブ・コッド」を襲撃することを計画した。そこはディノがオーナーを務める会員制の魚料理店であり、毎月15日に来店するのである。

ディノは予定通り現れた。だが、オーサーの介入で対決は相討ちとなり、アッシュは肩口に銃弾を受け、怪我を負ってしまった。
計画を失敗したアッシュたちは、アッシュを追ってきたマックスに救われ、窮地を脱した。

マックスの隠れ家で体制を整えた一行は、グリフの残した手紙や写真からバナナフィッシュの手がかりを得ようと、故郷ケープ・コッドに向かうこととなった。
生家に残された資料から、グリフを撃ち殺したのはエイブラハム・ドースンという男だと判明した。エイブラハムはかつてグリフと同じ隊に所属していた男であった。
また、「ロス・アンジェルス ウエストウッド42」はドースン邸の住所だということも判明した。

李一族の介入

バナナフィッシュの情報を察知した華僑、李王龍(右上)を牽制するため、ディノ(右下)はあえて協力を要請した。

その頃ディノは、李大龍(リー・タイルン)を屋敷に招き食事を共にしていた。バナナフィッシュの存在を察知した華僑との不要な争いを避ける目的であった。
ディノはヨーロッパ地区におけるヘロイン市場を譲ることを条件に、大龍にアッシュ確保の手伝いを依頼した。大龍は受諾し、弟の月龍(ユエルン)を派遣することを約束した。

アッシュたちはドースンの家を訪ねるため、ロス・アンジェルスにやってきた。
電話帳を調べると、アレクシス・ドースンという名前が見つかった。アレクシス・ドースンはエイブラハム・ドースンの兄である。カリフォルニア大学の病理学の医学博士であり、がん治療の権威でもあった。

その夜、アッシュたちはドースン邸を訪ね、ドースンの養子だと自称する青年ユーシスと出会う。ユーシスによると、アレクシス・ドースンは半年前から行方不明なのだという。
アッシュはユーシスの許可を得て、ドースン邸のコンピュータ内のデータを調べることになった。
その結果、バナナフィッシュは20種以上のアルカロイドから成る薬物(ドラッグ)の名前だということを知った。さらには軍が関与している可能性までもが明らかになったのである。

マックスは、国家を揺るがす大スキャンダルに発展しかねないと、バナナフィッシュに関わる情報はニューヨークトリビューンの局長に預けることをアッシュに約束させた。

ことの重大さを聞いた伊部は、英二を危険に晒す前に帰国させることを決意する。英二の説得はアッシュが引き受けた。アッシュは英二に「おまえとオレとでは住む世界が違いすぎる」と言い、英二に帰国の決意をさせた。

一方、ショーターは単独チャイナ・タウンに戻り、仲間のソニーからユーシスの素性調査の報告を受けていた。足音を立てずに歩くユーシスを不審に思ったアッシュがショーターに調査を頼んでいたのである。
報告内容に不審な点はなかった。だが、ソニーは突如、「何もきかずに早くひとりでロスを出るんだ…!」とショーターに忠告した。その後ろには李大龍の弟である華龍(ホアルン)がいた。

ディノと取引をした李一族は、アッシュの動きを把握するためにショーターに二重スパイとなることを要請した。当然ショーターは怒り反発した。だが、チャイナ・タウンを支配する李一族に逆らうことはできず、不本意なまま従うしかなくなった。
ドースン邸に戻ったショーターはユーシスの指揮下に入る。月龍とは、ユーシスのことであったのだ。

月龍はアッシュを生捕にして李家に受け渡す任務を請け負っていた。しかし、アッシュに警戒されていることを悟り、英二を誘拐してアッシュを誘き出す作戦に変更することにした。月龍はその計画をショーターに手伝わせたのであった。

バナナフィッシュの正体

アレクシス・ドースン(右)からバナナフィッシュについて教えられるアッシュとマックス(左)

月龍は英二とアッシュを引き離すため、部下にマックスの元妻であるジェシカの邸宅を襲撃させた。脅迫電話を受け、ジェシカの元にはアッシュとマックスが向かうことになった。

ドースン邸には月龍、ショーター、英二、伊部が残った。
月龍は薬物の扱いに長けており、伊部と英二を薬草から抽出した毒で行動不能にし、英二をさらった。ショーターはせめて英二の安全だけは自分が守ると言い、彼を抱きかかえ片時も離そうとしなかった。

ドースン邸に戻ったアッシュとマックスは、薬を盛られ動くことが出来なくなっていた伊部を見つけた。
さらに、消息不明となっていたアレクシス・ドースンが邸宅に現れた。アレクシスはアッシュたちにバナナフィッシュの秘密について打ち明けた。

バナナフィッシュは若かりしドースン兄弟と医学部の後輩エディ・フレデリックが小遣い稼ぎのためにドラッグを調合していた中で生まれた薬物であったのだ。
LDSのように幻覚作用をもたらすドラッグであったが、催眠暗示の影響を100%反映させるのだという。
つまり、バナナフィッシュを投与した上で、「Aという男がおまえを殺そうとしている 殺られるまえにAを殺せ!」と暗示をかけるとその通りに操れるのである。

アレクシスはバナナフィッシュの危険性に恐怖し、ドラッグを処分した。だが、弟のエイブラハムはドラッグの一部を持ち出し、ベトナム戦争中に兵士たちを実験台としてその効果を検証し続けていた。グリフはそんな被害者の1人だったのである。
アッシュは、ディノがバナナフィッシュを使ってアメリカ合衆国と取引するつもりであることを悟った。バナナフィッシュがあれば、人を意のままに操り、軍事クーデターなど容易く行えるのである。

一方、英二たちはチャイナ・タウンを経て、ディノの元へ送られた。
表面上はディノと手を組んでいる李一族だが、大龍は月龍を使い、バナナフィッシュの真相を探っていた。
月龍はバナナフィッシュの持つ真の恐ろしさに気がついていたが、兄たちには真実を伝えなかった。月龍は、李一族繁栄のために利用され、母を殺されていた。心の奥では李一族の転覆を願っていたのであった。

ショーターの死

バナナフィッシュを投与され、英二を殺害するようにコントロールされてしまったショーター(右)は、アッシュ(左)に自分を殺してくれと頼んだ。

英二と月龍はディノへの”手土産”として渡された。同時に、ショーターはエイブラハム・ドースンが改めて合成に成功したバナナフィッシュの実験台にされることが決まった。
バナナフィッシュを投与されたショーターに、エイブラハム・ドースンは英二を敵と思い込ませる暗示をかけた。

ドースン邸には李一族の刺客が押し寄せ、バナナフィッシュに関する情報を抹消した。そして、アッシュとマックス、伊部、アレクシスをニュージャージーにあるディノ邸に連行した。

翌日、ディノは邸宅に大統領主席補佐官のアーサー・スマイルズ上院議員をはじめ、軍の要人であるトーマス・ホルストック大佐、共和党保守派上議員議ウィリアム・キッパードを招待した。バナナフィッシュの効果を披露するためであった。

手錠に繋がれたアッシュは、ショーターと再会する。そこへ英二も放り込まれる。英二を敵だと暗示をかけられているショーターは、アッシュに自分を殺して解放してくれと懇願しながらも、英二に襲いかかった。
オーサーはアッシュに一発の弾丸を込めた拳銃を渡し、鎖を解いた。無抵抗の英二にナイフを突き立てようとするショーター。アッシュはショーターの心臓を一発で撃ち抜いたのであった。

ストリートキッズのボスとして、いつでも冷静沈着なアッシュだったが、親友のショーターを手にかけたことでひどく狼狽していた。再び鎖に繋がれたアッシュの目の前から、ショーターの遺体は運び出されてしまった。エイブラハムはバナナフィッシュの研究のため、ショーターの脳を解剖するつもりであった。

その様子を影から見ていた月龍は憔悴するアッシュに手錠の鍵を渡して「あとは君次第だ」と言い、逃走の手助けをした。

さらにディノ邸には、ショーター失踪後に後任となっていたシン・スウ・リンがやってきた。シンはアッシュの仲間であるアレックスたちと協力し、それぞれのボスを奪還しようとしていた。

シンたちの強襲と同時に、アッシュも逃走を開始した。マックスと伊部を逃したのち、アッシュは単独で英二を救出しに戻った。アッシュに救出された英二は、ショーターの遺体を連れて帰りたいと言った。同意したアッシュは、合流したアレックスたちに英二を託したのち、ショーターの元に向かった。
だが、ショーターはすでに解剖され、脳が持ち出されていた。無残な遺体を見たアッシュは逃げ遅れていたエイブラハムを射殺し、ショーターの遺体を研究所もろとも燃やし尽くした。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

海街diary(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『海街diary』(うみまちダイアリー)とは、『月刊フラワーズ』にて2006年から連載されている吉田秋生による漫画、及びそれを原作とする映画である。外に女を作り出て行った父と、それにショックを受け新たな男を作り家族を捨てた母親。そんな両親を持つ三姉妹が父の訃報をきっかけに腹違いの妹・すずと出会い、絆を深めながら生き生きとそれぞれの人生を生きていく様が鎌倉を舞台として叙情的に描かれている。

Read Article

BANANA FISH(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『BANANA FISH』とは、吉田秋生による漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ作品。 ニューヨーク。整った容姿と、卓越した戦闘力を持つ少年・アッシュ・リンクスは、17歳にしてストリート・ギャングをまとめ上げていた。ある夜、アッシュは銃撃された男からある住所とともに「バナナフィッシュ」という言葉を伝えられる。時を同じくして、カメラマンのアシスタントとしてやってきた日本人の少年・奥村英二と出会う。男から渡されたものを切り札に 二人は“BANANA FISH“の謎を追い求める。

Read Article

BANANA FISH(第1話『バナナ・フィッシュにうってつけの日 A Perfect Day For Bananafish』)のあらすじと感想・考察まとめ

ニューヨークのストリートギャングを束ねるアッシュ・リンクスはある日銃撃された男からある住所と小さなロケットを渡され“バナナフィッシュ”という謎の言葉を聞く。そんな中、取材のアシスタントとして日本からやってきた奥村英二と出会う。オーサーはマービンと結託してスキップを誘拐しアッシュをおびき出す事に成功する。 今回は「BANANA FISH」 第1話『バナナ・フィッシュにうってつけの日 A Perfect Day For Bananafish』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents