BLEACH(ブリーチ)の鬼道(破道・縛道)と詠唱文まとめ

大人気漫画『BLEACH』で死神が使用する術・鬼道の総まとめ。
攻撃の破道、補助の縛道、それぞれ一番から九十番台まで、すべてを掲載。
オシャレでかっこいい詠唱呪文や、テレビオリジナルシリーズで使用された鬼道も完全網羅。

鬼道とは

死神が使用する術の総称。大きく分けて、敵にダメージを与える「破道」、攻撃の防御をおこなったり、敵の動きを封じる「縛導」、傷を癒す「回道」が存在する。
術には一番から九十九番までの術が存在する。番号が大きくなるごとに難易度は上がるが、威力も比例して増す。

詠唱技術

発動条件に特定の言霊の詠唱があるが、実力者になると詠唱を破棄して鬼道を発動することができる。しかし、詠唱破棄には術の威力の低下というリスクもある。
更に異なる術の言霊を並行して詠唱する「二重詠唱」、術を発動した後に言霊を詠唱して威力を上げる「後述詠唱」も存在するが、難易度は高い。

鬼道と詠唱文まとめ

破道

破道の一『衝(しょう)』

【詠唱】不明。
朽木白哉、虎徹勇音が使用した。
指から非常に程威力の衝撃を放つ。

破道の四『白雷(びゃくらい)』

【詠唱】不明。
朽木白哉、朽木ルキア、松本乱菊などが使用した。
指先から一筋の雷を放つ。

破道の十一『綴雷電(つづりらいでん)』

【詠唱】不明。
檜佐木修兵が使用した。
檜佐木修兵の斬魄刀・「風死」についた鎖を相手に巻きつけ、雷撃を伝わせた。

破道の十二『伏火(ふしび)』

【詠唱】不明。
雛森桃が使用した。
術について具体的な説明はないが、起爆式の術で、触れたものにダメージを与える術だと推察できる。

破道の三十一『赤火砲(しゃっかほう)』

【詠唱】「君臨者よ 血肉の仮面・万象・羽搏き・ヒトの名を冠す者よ 焦熱と争乱 海隔て逆巻き南へと歩を進めよ」
使用者は、朽木ルキア、阿散井恋次、雛森桃、吉良イヅルなど。他にも多くの人物が使用しており、作中で最も使った人数は多い。
火球を発射して攻撃する。

破道の三十二『黄火閃(おうかせん)』

【詠唱】不明。
浦原喜助が使用した。
広範囲の衝撃波を放つ。相手の藍染惣右介には全く効かず、目くらましとして使用された。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents