FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

Mainimg

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。
そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介!
「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

鉄の森(アイゼンヴァルト)編

闇ギルド「鉄の森」が呪歌(ララバイ)を使い正規ギルドの各ギルドマスター達の暗殺を企んでいることを知った
「妖精女王(ティターニア)」ことエルザ・スカーレットは
「火の滅竜魔道士」ナツ・ドラグニルと「氷の造形魔導士」グレイ・フルバスターを連れ、その阻止に向かう。
ルーシィはミラの頼みにより同行することになってしまう。

この回でエルザ初登場。

闇の魔導士ギルド 「鉄の森(アイゼンヴァルト)」

死神 エリゴール

5688 1221297105

CV:遠近孝一

「鉄の森」のエース。持っている巨大な鎌を武器としていて、風魔法を使う。
ギルド解散命令を出されたことにより「鉄の森」が闇ギルドになってしまったことを逆恨みし
呪歌(ララバイ)の力を借り、各ギルドマスターを暗殺しようとしたがナツと交戦し敗北。
その後、一人だけ逃亡した。

カゲヤマ

615988 kageyama  profile portrait  large

CV:勝杏里

「鉄の森」メンバーの一人。
解除魔導士(ディスペラー)で影魔法を使う。
「妖精の尻尾」マスター・マカロフに呪歌を聴かせようとしたが説き伏せられ
その後、己の過ちを認め評議院に逮捕された。

ビアード

 255d 255b 255b 255b 255b 255b 255b 255b 255b 255d 255d 255b 255b

CV:遠藤大輔

性格は好戦的且つ冷酷。
ナツ達が「魔風壁」から脱出しないように唯一「魔風壁」が解けるカゲヤマを殺せとカラッカに命令した。
事件後、カゲヤマ達と共に逮捕された。

レイユール

Comment ee5a2088 41de 4a5a 95a4 5d3626ab0cd2

CV:関口英司

「鉄の森」メンバーの一人。
指に付けている紐のようなもので攻撃、移動、捕縛など様々な使い方をする。
駅の放送室にてグレイと交戦するも狙いが各ギルドマスターだということに気づかれ
グレイの怒りを買い、氷漬けにされ敗北。その後協議員に逮捕された。

カラッカ

Karacka s appearance

CV:川鍋雅樹

「鉄の森」メンバーの一人。
壁に潜り込むことができ、ビアードの命令を受けカゲヤマを刺し殺そうとしたが
その行動を見たナツの怒りを買い敗北。
その後評議院に逮捕された。その際カゲヤマに殺そうとしたことを謝罪した。

ガルナ島編

ナツとハッピーがS級のクエストボードから勝手に依頼書を持ち出したことにより一緒にガルナ島へ行くことになったルーシィ。
そこへ止めに来たグレイがやってくるが彼も成り行きで同行することになる。依頼は紫色の月により悪魔と化してしまった村人たちの呪いを解いて欲しいというものだった。
怪しげな連中を見つけ尾行するナツ達が見つけたものは、グレイの師匠・ウルが自らの命を犠牲にする魔法「絶対氷結(アイスドシェル)」にて封じた悪魔デリオラだった。
そして、この島にしかない月の雫(ムーンドリップ)を使いデリオラを復活させようと企むグレイの兄弟子リオンの姿があった。

リオン、シェリー、ユウカ、トビー初登場。 この回のシェリー戦でルーシィは強制閉門ができるようになった。

零帝 リオン・バスティア

Fc0113

CV:梶裕貴

師であるウルを越えることを目標にしてきたが絶対氷結によりウルが氷となり、ウルを超えることが出来なくなったキッカケを作った
弟弟子のグレイを恨んでいたが、ウルが倒せなかったデリオラを倒すことで師を超えることができると考え
デリオラを復活させたが10年間氷となったウルの中で徐々に命を奪われ続けていたデリオラはすでに死んでおり
戦うことはできず「オレにはウルを超えられない」と涙した。

その後シェリー、ユウカ、トビーの3人が所属するギルド「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」に加入する。

シェリー・ブレンディ

retu
retu
@retu

Related Articles関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・セリフまとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

Contents