H2(エイチツー)のネタバレ解説まとめ

『H2』とはあだち充が1992年から1999年まで『週刊少年サンデー』で連載していた青春恋愛漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。
主人公の国見比呂、親友でありライバルでもある橘英雄、比呂の幼馴染であり英雄と恋仲である雨宮ひかり、高校野球が大好きで比呂が所属する野球部のマネージャーを務める古賀春華を中心に繰り広げられる青春と恋を描く。
優れた心理描写や読者に解釈の余地を残したラストなど、あだち充長編漫画のエッセンスが凝縮された最高傑作との呼び声も高い。

『H2』の概要

『H2』とはあだち充が『週刊少年サンデー』で1992年32号から1999年50号まで連載していた青春恋愛漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。
小学館の少年サンデーコミックスより単行本が全34巻、同ワイド版より全17巻、小学館文庫より全20巻が発売されている。2018年時点でシリーズ累計発行部数は5500万部を超える。同年には「サンデーうぇぶり」にて電子版が連載を開始。
1995年6月1日から1996年3月21日まで朝日放送(ABC)制作、テレビ朝日系列にてアニメ版が、2005年1月から3月まではTBS系の「木曜10時枠」で『H2〜君といた日々』というタイトルで実写ドラマ版が放送された。ドラマ版の主演は山田孝之。

優れた心理描写や読者に解釈の余地を残したラスト、魅力的なサブキャラクターなど、あだち充長編漫画のエッセンスが凝縮された最高傑作との呼び声も高い。
また、主人公である比呂の初恋は敗れるという結末を迎えるなど、本作はあだち充の長編漫画の中では最もほろ苦い最終回を迎えるとされる。

中学野球で共にチームメイトとして地区大会二連覇を果たした国見比呂と橘英雄は大の親友であり、野球、そして比呂の幼馴染で英雄の恋人でもある雨宮ひかりを巡る恋のライバルでもある。比呂は医師から「このまま投げ続ければ確実に3ヶ月でヒジが壊れる」と診断され野球を断念し、野球部のない千川高校に入学する。しかし千川高校には野球愛好会なるものが存在した。のちにヒジの故障が誤診であったと知った比呂は野球に復帰。野球愛好会のマネージャー古賀春華、そして中学時代からバッテリーを組むキャッチャー・野田敦達と共に野球部を創設し、甲子園でのライバル・橘英雄との対決を目指し奮闘する。

『H2』のあらすじ・ストーリー

高校進学

出典: websunday.net

千川高校に入学し、比呂はサッカー部、野田は水泳部へと入部する。

中学時代、幼馴染の三人、国見比呂と橘英雄、野田敦は同じ野球部のチームメイトとして地区大会二連覇を果たし、それぞれ比呂はピッチャー、英雄はスラッガー、そして野田はキャッチャーとして注目を集めていた。しかし医師から比呂はヒジ、野田は腰にそれぞれ爆弾を持っていると診断され野球を断念する。野球への未練を断ち切るため比呂と野田は野球部の無い千川高校へと進学し、それぞれサッカー部、水泳部に入部。一方の英雄は比呂の幼馴染で英雄の恋人でもある雨宮ひかりとともに野球の名門・明和第一高校へ進学。

「野球愛好会」から「野球部」へ

出典: websunday.net

千川高校にも「野球愛好会」が存在することを知る比呂。

比呂が入学した千川高校に野球部はなかったが実は「野球愛好会」なるものが細々と活動していた。月に2回市営グランドでの社会人草野球チームとの練習試合を楽しみに野球愛好会は活動を続けていたが、あるとき社会人草野球チームの都合が悪くなり練習試合が出来なくなる。代わりに千川高校のサッカー部が野球愛好会の試合の相手となる。サッカー部として試合に参加していた比呂だがサッカー部員たちの野球愛好会を馬鹿にした態度を嫌い、その場でサッカー部を退部。試合を観ていた野田とともに野球愛好会へと入会し、久しぶりのバッテリー復活となる。二人が野球愛好会に参加するのはこの試合だけのつもりだったが、二人の故障の診断を行った医師が実は無免許だったことが発覚し逮捕されたことを知る。別の病院での検査をおこなった結果、それぞれに何の異常もないことを知ると二人は正式に愛好会へ入会。そして再び野球が出来るようになった比呂と野田は千川高校で甲子園出場を果たすことを決意する。「愛好会」から正式な「野球部」への昇格を目指すことになるが、そのためには高校野球嫌いの校長を説得しなければならなかった。校長の母校である草成高校はかつて夏の甲子園30-0のノーヒットノーラン負けを記録した。勉強では名門校で地元では卒業生ということだけで鼻が高かったが甲子園での敗退以来、全国どこへ行っても30-0で敗退したことだけを知られることになり、以来校長は高校野球を嫌うようになる。そんな校長から提示された条件は地区大会の準優勝校である明和一との練習試合に勝利すること。校長の息子にして名二塁手でもある柳守道、英雄に対抗意識を燃やす野球経験者の木根竜太郎も加わり千川は明和一に対し奮闘。惜しくも試合には敗れたものの校長は野球部の創設を認める。野球愛好会のマネージャー・古賀春華の兄である富士夫を監督に迎え千川高校野球部が誕生した。千川高校と明和第一高校はそれぞれ北東京、南東京に属しており、比呂と英雄の直接対決は両校が甲子園出場を果たさない限り実現しない。千川高校野球部は比呂と野田のバッテリーを中心に、まずは甲子園出場を目標に奮闘していくこととなる。

甲子園初出場

出典: meigenkakugen.net

2回戦敗退となった初の甲子園。比呂は涙を見せ、慰めるひかりに対し自分の初恋がひかりであったことを告げる。

比呂たちは2年生に進級し、英雄の幼なじみである佐川周二ら新入生も加わった千川高校野球部は地区大会を順調に勝ち進む。準決勝では北東京ブロックの最有力候補である栄京学園と対戦する。栄京のエース広田のヒジの故障なども重なり千川は栄京に勝利し、千川と明和一はともに甲子園出場を果たす。だが千川は明和一と対決する前に2回戦で比呂が足を負傷し敗退してしまう。海辺で落ち込む比呂は慰めるひかりに対し、自分の初恋がひかりであったこと、初恋では戦えなかったためせめて野球では英雄と戦いたかったことを打ち明ける。ひかりは悔し涙を流す比呂を抱きしめ、春華はそんな二人の姿を遠くから見つめていた。全国大会では明和一が優勝。この夏で英雄はもちろん比呂も注目選手となる。

秋季東京都野球大会

出典: ameblo.jp

秋季大会で優勝した千川高校は春の選抜高校野球大会出場を確実なものにした。

千川は準決勝で再び強豪である栄京学園を破りそのまま秋季大会優勝。春の選抜高校野球大会出場を確実なものとする。一方の明和一は夏の甲子園に照準を合わせ、新エースである1年生石元豊をあえて起用し続け敗退。春の選抜で千川は優勝し、夏の甲子園で前年の優勝チームとその年の春の優勝チームで最後の夏を戦うというヒーロー二人の対決がいよいよ現実味を帯びる。比呂と春華が急接近する一方、英雄とひかりは気持ちのすれ違いが続いていた。その後ひかりの母が急死。

出典: nanj-short.net

ひかりの母の突然の死に、比呂もまた深い悲しみを抱いた。

ひかりの母から息子同然に可愛がってもらっていた比呂は深く悲しむ。またひかりと同じ痛みを共有できる絆があるということも改めて実感していた。そして比呂とひかりは今それぞれの隣にいる相手との関係を問い直そうと悩む。英雄はひかりをうまく慰められないもどかしさや自分にはない、ひかりとの絆で結ばれている比呂への嫉妬。そしてそれを感じてしまう自分にも苦しむ。春華は3人の中学生からの因縁を傍から見ることしかできないことを悲しんでいたが、比呂から「今自分が高校で野球を頑張れているのは春華のおかげだ」と伝えられる。

最後の夏、比呂と英雄の直接対決

出典: ameblo.jp

9回裏二死、2対0での英雄との対峙において、比呂は葛藤の末に二度と投げられないようなストレートを投げ、三振を奪う。

そして最後の夏、千川は北東京大会、明和一は南東京大会でそれぞれ優勝。甲子園でも準決勝で千川と明和一との対決が実現する組み合わせとなる。準決勝前夜、比呂は英雄がひかりに対して「この対戦を最後まで見届けて、自分か比呂かをもう一度選ばせる」ことを持ちかけていたことを知る。試合開始前、比呂は英雄に対し「自分はひかりが大好きだ」と宣戦布告。そして9回裏二死、2対0での英雄との対峙において、比呂は英雄から三振を奪い試合に勝利し、比呂は涙をこぼす。しかしそれが勝利の嬉しさからの涙ではないことを比呂は自分自身で分かっていた。ひかりが英雄の融通の利かないバカ正直さに惚れたことを、比呂は痛いほどに知っていた。試合後、英雄はひかりに対し「最後の最後の勝負でストレートではなく高速スライダーが来るという考えが頭をよぎり、比呂の真っ向勝負を疑ってしまったことで比呂にも自分にも負けた」と吐露する。ひかりはそんな英雄のカギを閉めたような融通の利かなさを確認し、そのドアを開けた中にひかりの居場所があることを比呂の奪三振から教わったと英雄に伝える。比呂があえて試合前に挑発して悪役に回った理由と、終了時に涙した本当の意味を英雄は知った。野球の勝敗にひかりとの恋愛関係を託し、負ければ身を引くつもりで自分か比呂かをもう一度選ばせようとした自分は何もわかっていなかったということを。ひかりも自分に選ぶ権利など最初からなかったことに気づく。英雄は「だれよりもひかりのことが必要なのは自分だ」と気づき、そして英雄とひかりは抱き合う。

出典: chansoku.com

勝利を祝う千川高校のメンバー。

一方、比呂は宿舎で仲間たちと準決勝の勝利を祝いながらも、その胸の内は野田に察されていた。翌日の決勝戦当日の朝、比呂は紙飛行機を飛ばす。比呂と春華、二人はその行き先が大リーグであり「スチュワーデスは私だ」という冗談を交わし合う。今日も変わらず夏の空は高く青く、千川高校野球部を乗せたバスは甲子園へと出発した。

『H2』の登場人物・キャラクター

主要人物

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『タッチ』とは、あだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、物語の軸は双子の上杉達也、上杉和也と幼馴染である浅倉南の三角関係となっており、登場人物らの恋模様も多く描かれる作品。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故に遭い亡くなってしまう。悲しみを胸に達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

クロスゲーム(あだち充)のネタバレ解説まとめ

『クロスゲーム』とは、作者・あだち充による青春野球漫画である。「週刊少年サンデー」で連載されて、単行本は全17巻。小学館が主催している日本の漫画賞で、平成20年度第54回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。アニメにもなっており、人気の作品だ。 高校生になったコウは、若葉が最後に見た「コウがピッチャーで、赤石君がキャッチャー。舞台は超満員の甲子園。」という夢を叶えるため、野球部のエースとして奮闘する。甲子園を目指して、青葉とコウの運命の歯車が動き始める。

Read Article

目次 - Contents