新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

『新宿スワン』の概要

上京してきたタツヒコと真虎との出会い

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。単行本は全38巻。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。和久井はかつて実在した新宿のスカウト会社でスカウトマンとして働いており、自身の実体験を基にフィクションを交えて描かれている。スカウトはキャバクラや風俗など夜の街の仕事を女性に斡旋し、紹介料を得て生計を立てる仕事だ。2000年代初めの歌舞伎町では実際、違法風俗店の一斉摘発に乗り出した警察当局による「歌舞伎町浄化作戦」が行われていた。『新宿スワン』はこうした激動の歌舞伎町を舞台にした物語となっている。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。当てもない目標だけを持って上京したタツヒコは、歌舞伎町で絡まれているところをスカウト会社バースト幹部の真虎に助けられる。真っすぐな目をしたタツヒコに惹かれた真虎がスカウトマンを勧めたことで、タツヒコはスカウトマンとしての道を歩み始める。しかし、タツヒコに待ち受けていたのはアングラ世界の厳しい現実だった。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り。さらに、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。『新宿スワン』は、テレビ朝日系列で2007年8月18日からドラマ化された。土曜日の深夜帯で全6回の放送となった。また、『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』などのヒット作を手がけた園子温を監督に迎え、脚本は鈴木おさむが手掛けた。キャストにはタツヒコ役に綾野剛のほか、南ヒデヨシに山田孝之、アゲハ役に沢尻エリカ、真虎役に伊勢谷友介ら豪華キャストが集まった。原作では、違法薬物に手を出すアゲハをヒロインとした物語として描かれている。週末観客動員数では1位を獲得。2017年には続編となる『新宿スワンⅡ』が公開された。原作のバーストが横浜に進出した際のストーリーが描かれている。

『新宿スワン』のあらすじ・ストーリー

白鳥龍彦 「バースト」入社

真虎の勧めでスカウトマンになったタツヒコ

眠らない街、新宿・歌舞伎町。キャバクラやスナック、風俗店など数千軒が軒を連ねるアジア最大級の歓楽街。19歳の白鳥龍彦は人生をのし上がるため上京した。しかし、仕事も金もないタツヒコが歌舞伎町をさまよっているとき、名うてのスカウトマン真虎と知り合う。スカウト会社「バースト」幹部の真虎は、タツヒコに何かを感じスカウトの仕事に勧誘する。タツヒコのスカウトマン人生が始まる。スカウトを初めてから1週間、美女の藤崎裕香のスカウトに成功したタツヒコだったが、裕香はこの時別のスカウト会社「ハーレム」に所属していた。これがきっかけとなり、別のスカウト会社ハーレムとバーストとの間で争いが起きる。バースト社長の山城神は、タツヒコをかませ犬として、ハーレムに殴り込みをかける。山城がハーレムを吸収して会社を大きくするための計画の一環だった。この時、バースト幹部の関玄介がハーレムの社員にケガを負わされたことで、ハーレムの社長の松方に慰謝料を請求する。これがきっかけとなり、松方はハーレムを山城に奪われる。単に利用されただけのタツヒコのほろ苦いスカウトデビューとなった。

スカウトに金を持ち逃げされるタツヒコ

タツヒコの苦難は続く。借金を背負った女性をスカウトしたタツヒコだったが、50万円を貸した途端に逃げ出してしまう。このことで、住んでいたアパートを追い出されバーストの寮に入ることに。寮はルームシェアをする形で、同僚で南ヒデヨシと洋介と出会う。ヒデヨシは、バースト幹部の葉山の勧めで、会社には内緒で違法薬物の売買に手を出していた。しかし、取引現場を関が見つけたことで、ヒデヨシは追われる身となる。タツヒコも山城神の指示を受けてヒデヨシを探していたが、この時に運命の出会いをする。風俗嬢のアゲハだった。気が合う2人。しかし、アゲハはヒデヨシの扱うシャブによって薬物依存症に陥っていた。一人の女性として接してくれるタツヒコと出会ったことでクスリをやめることを決意するアゲハは、ヒデヨシのシャブを置いている風俗店で店長を刺して警察に自首するのであった。一方、ヒデヨシと関係する売人グループを突き止めたバースト社員。そこで、タツヒコはヒデヨシの過去を知る。古谷秀吉。タツヒコの中学時代の同級生で、ボロヤと呼ばれるいじめられっ子だった。因縁がある2人。タツヒコは、ヒデヨシが落としたシャブ入りの鞄を持っていたことからヒデヨシから連絡が入る。屋上に来るように指示された。「ボロヤと呼ばねーとな」。ヒデヨシに同級生であることを気づいたと告げるタツヒコ。もちろん、ヒデヨシも気づいていた。殴り合う2人。ケンカではタツヒコが上手だった。空を見上げるヒデヨシは本音を漏らす。「おれはお前のように強くなりたかったんだよ」。タツヒコは、シャブ入りの鞄を渡さない代わりに逃げるよう伝えた。立ち直ってほしい一心だった。しかし、その思いは通じることはなかった。ヒデヨシは新宿駅のホームで何者かに背中を押されて電車に轢かれてこの世を去ることになる。

「バースト」渋谷スカウト進出

後輩の犬飼とともにAVスカウトをすることになったタツヒコ

ヒデヨシの死後、ふだんと変わらずスカウトにまい進するタツヒコ。後輩社員もできる。井手、犬飼、鳥居の3人だ。犬飼は元ホストで、そのころに作った借金があった。真虎はこの借金を返済させるため、単価が高いアダルトビデオのスカウトをするように指示する。そして、出会ったのがカエデとアオイの姉妹だった。犬飼は妹のアオイと仲良くなり、ホストで培った恋愛術でアオイをAVに売り込むことに成功した。一方、タツヒコは姉のカエデに言いように扱われていた。カエデに呼び出されたタツヒコの前には渋谷のスカウト会社パラサイツのメンバーがいた。社長の田無は「二度と渋谷くるな」とタツヒコに言う。このことで、バーストとパラサイツがもめることに。話をつけに行ったはずの葉山は田無の頭を灰皿でたたく。ナンバー2の森長が憤怒する。その場に居合わせたタツヒコが戦うことになるが、この時のタツヒコは全く歯が立たず病院送りにされる。一時、パラサイツのケツモチで暴力団の美竹組組長の土屋が出てくるが、山城が親交がある暴力団の紋舞会会長の天野に話をつけたことでバーストが渋谷で活動することが許された。

さらわれた犬飼とアオイを助けに行き返り討ちに会うタツヒコ

しかしトラブルは続いた。犬飼がアオイのアダルトビデオの紹介を二重で契約していたことが発覚。アオイと犬飼は、美竹組の若頭、灰沢に連れ去られる。バーストは犬飼を見捨てることを決めたが、タツヒコは、別のスカウト会社ミネルバの吉川哲に連絡をとり、2人が拉致された場所を探してもらう。結局、タツヒコも囚われの身となるが、3人の前にカエデが現れる。自分のために生きてきたカエデは、4年かけて貯めた現金5000万円を渡す代わりにアオイを助けるように申し出た。紋舞会に1500万円、美竹組に1500万円、荒星企画に1000万円、パラサイツに1000万円。アオイは解放される。しかし、タツヒコは解放されずに殺害されそうになるが、美竹組の土屋が刺されたとの一報が灰沢に入ったことでタツヒコたちは解放される。その後、灰沢は刺傷した土屋のもとを訪れて射殺するのであった。

闇金編

闇金騒動を巡りスカウトを担当するマユミらにはめられたタツヒコ

アダルトビデオの一連の騒動が落ち着いたが、バーストには次の問題が表面化していた。借金を抱えるマユミをスカウトするタツヒコ。この女性が起点となり大きなトラブルに発展する。バーストの幹部の牛尾と鼠賀は、タツヒコの後輩の井出とともに闇金業に手を出していた。マユミもこの3人とつながっていた。マユミが勤務先の店の女の子の名簿を盗む。そして、タツヒコのもとにマユミを拉致しているとの電話が入り、助けてほしければバーストの名簿を持ち出すように指示される。追われる身となったタツヒコは、スカウト会社ミネルバの幹部、吉川にかくまってもらっていた。吉川の部下、影里と寮に向かう際、バーストの亀山と鉢合わせるも真相を話すことができなかった。一方、マユミは拉致されておらず、牛島と鼠賀、闇金の店長を務める原木のいるマンションに一緒にいた。

一連の闇金騒動が落ち着きマユミを海に誘うタツヒコ

ミネルバ寮に身を隠すタツヒコのもとに不川金融の不川という男が現れて連れていかれる。向かう先は原木のもと。黒幕が原木であることに気付くのであった。タツヒコはマユミを助けるために新宿にいる牛尾のもとに向かう。そこにバーストの山城社長と幹部の時正が現れた。真相を話そうとしたタツヒコだったが、牛尾が2,000万円の入ったアタッシュケースを山城社長に渡して、自身のこれまでの行為を見逃してほしいと謝罪。手を打つと言う山城社長。しかし、そのタイミングで警視庁生活安全部の捜査員たちが乗り込んでくる。闇金業に手を染めた牛尾が出資法違反の疑いで逮捕された。タツヒコの無実を信じた真虎が裏で画策していた。そして疑いが晴れたタツヒコは再び、バーストに戻ることを許される。

横浜王国 進出

タツヒコはバーストの横浜進出で滝正樹と再会する

新装オープンのキャバクラの顧問などを任されるタツヒコに重大な任務が課せられる。横浜に進出し「横浜バースト」を立ち上げること。牛尾と動いていた鼠賀はタツヒコの部下となり、井出とあわせて3人で横浜へ。しかし横浜は「タキ王国」と呼ばれ、スカウト会社ウィザードの社長、滝正樹が牛耳っていた。裏では神奈川の暴力団宝来会の存在もあった。街頭でスカウトを始める3人だったが、ウィザードのナンバー2ハネマンとナンバー3森田建水、通称モリケンに絡まれる。鼠賀は足を刺され、タツヒコはタキに連れて行かれてしまう。そこで、意外な人物と再会する。タキの愛人アリサが連れて行った先にいたのは、死んだ南ヒデヨシの姿に似せた洋介だった。タツヒコを助けに行く関も横浜中央署生活安全課の砂子に逮捕される。砂子は裏でタキとつながっていた。一方、ウィザードのハネマンは、新宿でバーストを潰すために奔走。タキは紋無会会長の天野に5,000万円を渡す代わりに、バーストが担当する店舗で暴れることを黙認してもらっていた。

タツヒコと関の2人が月を見上げた時、タキは静かに自らの命を絶った

警察に捕まっていた関は、タキによって釈放される。このことで、バーストの山城社長はタキを裏切り者だとみなしてバーストを追放する。タキの思惑通りだった。バーストの山城社長はウィザードと相対することを決め、真虎と宝来会の田坂総長を訪ねた。タキが新宿で店を持つために紋舞会に協力を求めていたことなどを告げる。タキの立場が不利になり始める。宝来会の後ろ盾がなくなったのだ。さらに、裏でつながりがあった砂子も県警本部長が交代したことで、汚職がバレて職を失う。一方、山城は新宿でスカウトした女性を横浜に連れていき、新たな店をオープンさせることに成功。バーストとウィザードの全面戦争が始まる。アリサは再び、タツヒコを連れて洋介のもとに連れていく。違法薬物の取引をやめさせて、タキのもとから逃がすためだった。しかし、タツヒコのもとに現れたのがタキ。アリサの裏切りをタキの部下コージから聞いていたので。タキはタツヒコにこれまで伏せられていた事実を告げる。洋介が南ヒデヨシを殺したこと、そして、葉山がヒデヨシを殺させた張本人だと言う。そして、タキは「俺がお前を解放してやる」と洋介を拳銃で撃った。洋介は海に転落してしまった。新宿では、バーストの担当する店が次々と契約の解消が相次いだ。その心労から山城は心筋梗塞で倒れてしまう。バーストとウィザードの戦いはまもなく終わりを迎える。倉庫の上にはタツヒコとタキが2人。そこに関が現れ、意外な事実を話し始める。「オレとタキは幼なじみなんだわ」。そう話す関。10年前、2人で大きなことをやろうと約束していた。バーストにこだわるタキの狙いは、関をウィザードに迎えたかったからだった。突如、関は「タチュヒコこいつとタイマンはれや」と言い、タツヒコに勝ったらタキの言うことを聞くと約束する。その代わり、タキが負けたら新宿から手を引くというものだった。拳を交わす2人。タツヒコが勝つ。倒れたタキは夜空に輝く満月を見上げていた。「地べた這いつくばって見る月も悪くなかったよ」とタキが指差し、空を見上げるタツヒコと関。目線を戻したときタキはそこにはいなかった。飛び降り自殺を図ったのだ。

0dnonnon_1227
0dnonnon_1227
@0dnonnon_1227

Related Articles関連記事

マッドマックス 怒りのデス・ロード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マッドマックス 怒りのデス・ロード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

前作『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第4作。2015年公開のオーストラリア映画。第88回アカデミー賞では10部門にノミネート、最多の6部門を受賞した。石油も水も尽きかけた世界。資源を独占し、暴力で民衆を支配する軍団に捕われた元・警官マックスは、自由への逃走を開始。凄まじい追跡、炸裂するバトル。絶体絶命のピンチを迎えた時、決死の反撃が始まる。

Read Article

MAN WITH A MISSION(マンウィズ・MWAM)の徹底解説まとめ

MAN WITH A MISSION(マンウィズ・MWAM)の徹底解説まとめ

MAN WITH A MISSIONとは、日本で活躍する5人組ロックバンド。日本語に訳すと「使命を持った男」という意味を持つ。人間の体に狼の頭という「究極の生命体」の5人で構成される。デビュー当初は独特のビジュアルからコミックバンドなどと捉えられることもあったが、完成されたサウンド、圧倒的なライブパフォーマンスで、今や世界にも通用する日本が誇るロックバンドである。結成時期は公開されておらず、5人の素顔も謎に包まれている。マンウィズ、MWAM、オオカミバンドなどと呼ばれている。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

凶悪(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

凶悪(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『凶悪』とは、ノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を元に、2013年に映画化された社会派サスペンス映画である。雑誌記者の藤井(ふじい)は、上司から須藤(すどう)という死刑囚に会うように言われる。須藤は数々の犯罪に手を染めてきていた。そして、須藤と共謀して多くの犯罪を犯し、最後には須藤をだました木村(きむら)という男の話を聞く。藤井は話を聞くうち、家庭を顧みず取材にのめりこんでいく。この映画は、私たちの身の回りのどこにでも存在しうる犯罪をリアルに描く作品となっている。

Read Article

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラvsコング』とは、“怪獣王”ゴジラと“髑髏島の巨神”コングの熾烈な戦いを描いた、2021年公開のハリウッド映画。2014年から続く『モンスターバース』シリーズの四作目である。 あらゆる怪獣の王として君臨するも、人類に対しては中立の立場を取っていたゴジラ。しかしある時巨大企業エイペックス・サイバネティクスの本社がゴジラに襲われる。人類はゴジラに匹敵する力を持つコングを唯一の対抗手段と目して様々な計画を進めていくが、その裏には世界の覇者にならんとする者たちの邪悪な思惑が隠されていた。

Read Article

BACK-ON(バックオン)の徹底解説まとめ

BACK-ON(バックオン)の徹底解説まとめ

BACK-ONとはTEEDA、KENJI03、SHU、GORI、MACCHINで結成された5人組ミクスチャーバンド。KENJI03のハイトーンな歌声、TEEDAの力強いRAP、斬新なROCKサウンドなど、近年のバンドの中でも一際、存在感を放つ。国内に留まらず、海外でも高い評価を受ける。アニメやCMソングなどに起用されることも多い。また、楽曲には様々なアーティストを迎えている。

Read Article

バトルシップ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バトルシップ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バトルシップ』とは、ピーター・バーグによる2012年のアメリカ映画。元々は、海外のボードゲームを主体に映画化されている。多額の資本を投入し、映画化され、国内では評価の高い映画と言える。 孤立された状況下で、宇宙人の戦艦と戦うというストーリーである。他の星からやってきたエイリアンと、主人公の乗る艦との闘いが見所で、最新鋭の艦と未知のエイリアンの戦艦との戦いが手に汗して観られる。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

Read Article

ステキな金縛り(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

ステキな金縛り(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

『ステキな金縛り』とは三谷幸喜が監督したコメディ映画。三谷幸喜が生誕50周年に作られたエンターテイメント作品である。ストーリーはドジっ子弁護士の宝生エミが殺人事件を担当。被告人のアリバイを証明できるのは落ち武者の幽霊だけ。弁護士と落ち武者の幽霊が協力して、被告人の無罪を証明するために奮闘する映画になっている。主人公の宝生エミ役を演じた深津絵里は、第35回日本アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされ、その他の豪華キャストに落ち武者の幽霊・更科六兵衛役を西田敏行、速水弁護士役を阿部寛が演じている。

Read Article

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

『め組の大吾』は1995年から1999年までの約4年間、曽田正人先生が週刊少年サンデーで連載していた消防士の物語である。マンガの他、2004年にフジテレビでドラマ化された。主な内容は、不良に近かった朝比奈大吾が、消防士になり同僚や上司、先生や助けた人などに刺激を受けてレスキュー隊員へと破天荒ながら活躍の場を広げていく様子が描かれている。元不良らしい考え方と行動力の大吾とともに、優等生である甘粕のコンビが魅力を後押ししている。また、火災や事故現場の臨場感などが読み手を引き付ける。

Read Article

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)のネタバレ解説・考察まとめ

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは週刊少年マガジンで連載中のヤンキー漫画にSF・アクションを織り交ぜた作品である。最大の特徴はヤンキー漫画としてはめずらしいタイムリープの設定。2017年と2005年の二つの世界を描いたタイムリープと暴走族東京卍會の魅力的なキャラクターたちが繰り広げるバトルシーンが見どころである。連載から徐々に人気を集め、アニメ化・実写映画化も決定している。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

新しい靴を買わなくちゃ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新しい靴を買わなくちゃ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新しい靴を買わなくちゃ』とは、北川悦吏子が原作・脚本・監督すべてを担当した日本の恋愛映画である。世界的な音楽家である坂本龍一が音楽監督、映像作家の岩井俊二がプロデュースを手がけたことで話題となった。妹のパリ旅行に付き添ってきたカメラマンのセンと、パリ在住の日本人アオイが一足の靴をきっかけに出会う3日間のラブストーリーを描いた作品。ロマンチックな物語展開はもちろん、舞台となったパリの美しい風景と繊細な音楽、瀟洒な台詞もこの作品の魅力である。

Read Article

パッチギ!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パッチギ!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『パッチギ!』とは、2005年に井筒和幸監督にて描かれた映画。1960年代の京都を舞台に、日本人の少年と在日朝鮮人の少女との間で巻き起こる青春ラブストーリーである。府立東高校2年生の松山康介は担任教師に命じられ、生徒同士の争いが絶えない朝鮮高校へサッカーの試合を申し込みに行く。音楽室でフルートを吹いていた朝鮮高校の番長の妹キョンジャに一目惚れし、彼女に近づきたい一心で、朝鮮語を覚え、彼女が演奏していた曲『イムジン河』を練習する康介。だが二人を待ち受ける壁は高かった。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した産科医療漫画である。産婦人科医でありながら、正体を明かしていないピアニストでもある、主人公鴻鳥サクラ。サクラが勤務する聖ペルソナ総合医療センターで、妊婦とその家族を中心に物語が繰り広げられる。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。

Read Article

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

NEW
勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)』とは、テレビ東京系で放送されたコメディドラマである。シュールでコミカルなストーリーで、個性的なキャラクターが話題を呼んだ。毎話登場する豪華ゲストも話題である。ある村の青年ヨシヒコがひょんなことから勇者として薬草を探す旅に行くことになり、その旅の途中で仲間を増やしていく物語である。ゲーム『ドラゴンクエスト』をもじった作品でもあり効果音やアイテム等も登場しファンを沸かせた。その人気から後に続編も公開された。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

【沢尻会】大麻所持で逮捕された沢尻エリカの「沢尻会」メンバーがヤバすぎると話題!

【沢尻会】大麻所持で逮捕された沢尻エリカの「沢尻会」メンバーがヤバすぎると話題!

「沢尻会」とは沢尻が“エリカ様”と呼ばれ、絶好調だったころに存在したとメディアが報じた、芸能人の集まり。 ドラマで共演したり、夜遊びの中でつながった、沢尻と気の合う芸能人の飲み会サークルのようなものだという。ここではそんな「沢尻会」のメンバーとして注目された芸能人を紹介する。

Read Article

【驚愕】芸能人のすっぴん画像集【閲覧注意】

【驚愕】芸能人のすっぴん画像集【閲覧注意】

マツコ・沢尻エリカ・石原さとみ・ローラ・綾瀬はるか・トリンドル・佐々木希・上戸彩・きゃりー・香里奈・蒼井優・小倉優子・あゆ・梨花・水川あさみ・ガッキー・北川景子・桐谷美玲・仲里依紗・カエラ・深田恭子・柴咲コウ・榮倉奈々・ももクロ・紀香・安室・山田優・本田翼・加藤アナなどのすっぴん画像を集めました。

Read Article

10月放送の新作ガンダムの主題歌を担当する「MAN WITH A MISSION」の代表作3選!

10月放送の新作ガンダムの主題歌を担当する「MAN WITH A MISSION」の代表作3選!

2015年10月より放送が始まる「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主題歌担当に抜擢されたロックバンド「MAN WITH A MISSION」。狼男の姿でロックを奏でる異色のバンドとして急激に人気を集めている通称・マンウィズは、これまでにも有名な作品の主題歌として楽曲を提供してきました。 今回はそんなマンウィズの代表作を3曲ご紹介致します。

Read Article

流出!?女性芸能人・著名人のすっぴん画像まとめ【大島優子、沢尻エリカほか】

流出!?女性芸能人・著名人のすっぴん画像まとめ【大島優子、沢尻エリカほか】

華やかな世界で日々活躍を続ける女性芸能人・著名人たち。忙しく不規則な生活の中でも努力を続け、笑顔を見せてくれる彼女たちに憧れるファンも多い。一方で「彼女たちのすっぴんを見てみたい」という声も少なくない。番組の企画などですっぴん画像が公開されると「まるで別人」とネット上などで騒がれることもあるのだ。本記事では女性芸能人・著名人の「すっぴん」の画像をまとめて紹介する。

Read Article

【衝撃】人気芸能人のすっぴん画像まとめ!【沢尻エリカ など】

【衝撃】人気芸能人のすっぴん画像まとめ!【沢尻エリカ など】

芸能人のすっぴん画像集です!衝撃すっぴんから、かわいい、ヤバい、全然顔違うのまでいろいろ集めました。安室奈美恵、ローラ、沢尻エリカ、浜崎あゆみ、佐々木希、武井咲、AKB48、前田敦子、板野友美、大島優子など人気芸能人たちのすっぴん画像をまとめているのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

山田孝之が子役に挑戦!?ドラゴンクエストXIの特別映像紹介【DQ11】

山田孝之が子役に挑戦!?ドラゴンクエストXIの特別映像紹介【DQ11】

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、俳優の山田孝之がイメージキャラクターに起用されて発売前から大きな反響を呼んだ。公開された特別映像では33歳の山田が多くの子供に囲まれて【子役】を演じるというユニークなバージョンも存在している。ドラゴンクエストXIの特別映像をまとめて紹介する。

Read Article

NEW
貴重なショット!有名女優たちの水着写真を大公開【綾瀬はるか、宮崎あおい他】

貴重なショット!有名女優たちの水着写真を大公開【綾瀬はるか、宮崎あおい他】

恵まれたスタイルと美貌を活かして日々テレビドラマや映画で活躍する女優たち。中には事務所の方針として「清楚系美人」を売りにしている女優も少なくない。しかしそんな彼女たちも、ブレイク前にはかなり大胆なポーズの水着姿を披露しているのだ。本記事では有名女優たちの貴重な水着画像をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents