龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

山笠組(やまがさぐみ)

永洲街の北側を拠点として活動する福岡の極道組織。構成員は若頭の八幡と、彼が総長を務める傘下団体「八幡組」に倣う形でジャージを着用していることが多い。作中の最終決戦の際、渡瀬の招集に応じて、黒澤の横行を食い止めるべく神室町まで駆けつけた。

月見野(つきみの)

冴島編の舞台となる札幌の一角にある街で、北海道最大の歓楽街。極道組織・北方組の縄張りとなっている。

北方組(きたかたぐみ)

月見野を拠点として活動する北海道の極道組織。雪まつりを中心とした地元のお祭りを仕切るテキ屋の元締めを主なシノギとしているが、その裏で非合法の地下カジノの経営も行っている。作中の最終決戦の際、黒澤の横行を阻止するべく神室町まで駆けつけた。

ダイナチェア

朴美麗が社長を務める大阪の芸能プロダクションで、蒼天堀の南側に事務所を構えて活動している。アイドル活動を始めることになった遥もここに所属することになった。

逢坂興業(おおさかこうぎょう)

大阪・蒼天堀の近郊に工場一体型の事務所を構えて活動する近江連合の直参団体。大阪芸能の社長という表向きの顔を持ち、芸能に関わるシノギも行っている勝矢に代わって若頭の金井が実質上のトップを務めている。勝矢の芸能のシノギに加え、死体など処理を施さない悪質なものも含めた産廃処理などで莫大な利益を上げており、それらの上納金で近江連合を支えている。

プリンセスリーグ

関西出身のアイドルたちを出演の対象にした人気番組。優勝者のには大手レコード会社のメジャーデビューが贈られることから、アイドルたちの登竜門と言っても過言ではなく、この番組で多くの関西のアイドルたちが集まってライブでの熱く激しい勝負を繰り広げている。ちなみに遥とT-SETが戦うことになった決勝戦は、両者同時にライブパフォーマンスを行い、それを観た観客たちの審査によって勝敗を決める独特なシステムとなっている。

錦栄町(きんえいちょう)

品田編の舞台となる名古屋の一角にある街で、中部最大の歓楽街としても有名な街となっている。後項に紹介する名古屋組の拠点となっており、表向きという形でだが名古屋組は泣く子も黙る中部きっての極道組織として住民から恐れられている。

名古屋組(なごやぐみ)

錦栄町を拠点として活動している極道組織だが、その実態は近江連合と東城会の幾度とない衝突によって治安が悪化した錦栄町の秩序を守るために、錦栄町の住人たちによって結成された自警団である。そして、極道組織と名乗れば他の極道組織の進出を抑えられ、錦栄町の治安にも繋がることから表向きという形でだが極道組織を名乗っている。また、その裏で芹沢こと黒澤翼の出身である近江連合の直系団体「神戸黒羽組」とつながりがあり、彼らの指示を受けて15年前の野球賭博騒動の真相を探ろうとする品田へ幾度となく攻撃を仕掛ける。

『龍が如く5 夢、叶えし者』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

澤村遥に立ち塞がる最強の敵「亜門乃亜」

本作でも隠しボスとして亜門一族が登場し、さらに遥も主人公のひとりとなったことから、その遥と戦う隠しボスとして亜門一族の長女「亜門乃亜(あもん のあ)」が登場する。乃亜は遥と同年代の少女だが、亜門一族らしく鋭さと凄味のある雰囲気その亜門一族と同じくサングラスを着用しているが、その乃亜のサングラスはフレームがハート型と年相応らしく個性的なもので、着用しない場合もある。
乃亜は丈に育てられて自らも暗殺の訓練を受け、丈たちが桐生に何度も敗北を喫し、亜門一族の最強の看板が大きく揺らいでいることに憤りを感じ、自分も桐生を倒したいと心から望んでいた。しかし亜門一族には「女は男と拳を交えてはならない」という鉄の掟が存在し、その掟のために乃亜は桐生と戦うことができないことに憤懣やるかたない思いを抱え続けていた。そんなある日、乃亜は遥が桐生に娘同然に育てられた存在であり、彼女がアイドルとして「戦い」の日々を送っていることを知る。そして、桐生の最愛の存在である遥を同じ土俵で打ち負かすことができれば亜門一族に恥じない存在となれることを確信した乃亜は遥に決闘を挑み、さらに遥もこれがきっかけで桐生と亜門一族の因縁を知ることになる。

これが乃亜のダンスヒート。ダークでド派手な演出のこの必殺技は、遥の体力を大幅に削り取るという凶悪な効果を持っている。

乃亜とのライブバトルはボタン入力が複雑である上にテンポも速いため、プレイヤーの集中力と持続力がバトル終了までどこまで持つかの勝負となる。

乃亜との戦いは前半がダンスバトル、後半がライブバトルの2つに分かれている。ダンスバトルでは体力が他のダンサーよりもズバ抜けて高く、ダンスヒートを使っても無くすのは至難の技で、スコア勝ちを狙うしか攻略法はない。また、体力を大幅に削り取るヒートも使ってくるため、一瞬でも気を抜くとあっという間に負けてしまう危険性もある。ライブバトルではメインストーリーとアナザードラマ中での対戦に使われるものより楽曲の譜面が複雑なものとなっており、8割ほど入力に成功しなければ勝利は掴めなくなっている。また、メインストーリーで対戦相手として立ち塞がったT-SETとのライブバトルの楽曲もそこそこの難易度ではあるが、乃亜のライブバトルの楽曲はそれを圧倒的に凌ぐものとなっているので、気を引き締めて臨む必要がある。

「バットは人を殴るものじゃない」バットは絶対に武器として使わない野球人品田の美学

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents