龍が如くシリーズの刺青・入れ墨まとめ

『龍が如く』とは、任侠の世界に生きる男たちの生き様を描いたゲームである。
作品には、多くの魅力的な男達が登場し、セガゲームスを代表する作品となった。その後、多くの続編が制作された。
桐生や真島などのメインキャラクターからモブキャラクターまで、『龍が如く』に登場する刺青をまとめた。

桐生一馬(きりゅう かずま)

『龍が如く』シリーズの主人公。
数々の伝説から「堂島の龍」や「伝説の龍」、「伝説の極道」と呼ばれる元ヤクザ。

刺青:応龍

四霊の一つである応龍。

応龍とは中国最初の皇帝・黄帝に仕えた神獣である。
黄帝に仇なす軍勢との決戦では、嵐を起こして皇帝軍を勝ちに導いた。
しかし、これが「殺人を犯した」として神獣としての責務を問われ、やむなく南方へ隠棲することとなった。

親殺し(自分が所属する組の組長を殺害すること)を犯したとして破門された桐生を思わせる伝承である。

錦山彰(にしきやま あきら)

東城会直系錦山組組長であり、桐生の親友。
最愛の女である由美が堂島組組長の堂島宗兵に拉致された為、堂島宗兵を殺害。
その「親殺し」の罪を被って桐生が投獄・破門され、それと同時に由美の失踪、妹の病死が重なった結果、桐生へのコンプレックスが肥大化し、重度の人間不信に陥った。

以降、あらゆる手段でのし上がり、東城会の頂点に立つという野望のみを支えに生きている。

刺青:鯉(コイ)

刺青は緋鯉。
中国では、「鯉が滝を登りきると龍になる」という言い伝え(登竜門)がある。
鯉の刺青をその背に負う錦山は、 龍の刺青を背負う桐生を打ち倒しす事で、滝を昇りきって龍へ変化しようという考えを持っていた。

真島吾朗(ましま ごろう)

東城会・嶋野組の組員。
「嶋野の狂犬」と呼ばれており、暴れる事が大好きという、堂島組一の危険人物。
敵だけでなく子分達にも暴力を振るうが、それは子分達に非があった場合のみであり、子分達からは慕われている。

言動はかなりコミカル。

刺青:般若・椿・白蛇

刺青は白蛇や椿、般若をあしらった五分袖の額彫り。

刺青は般若と牡丹。
般若は「情熱」「激情」「人間らしさ」という意味がある。ユーモラスで破天荒、クレイジーだがそれでいて人間臭い真島を象徴する刺青である。
このような一面を持つ真島はファンからも人気が高く、『龍が如く』に欠かせないキャラクターとなった。

堂島大吾(どうじま だいご)

桐生の元・舎弟。
剛直な気性から人望が厚く、桐生からも信頼されている。

憧れていた桐生に父が殺されたと思い込み、自暴自棄になる。
銃刀法違反で逮捕されて5年間服役する。出所後は弱小となった東城会に絶望し、神室町で飲んだ暮れていた。

後に東城会を立て直すために六代目会長の座に就く事となる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)』のポイント解説。キャッチコピーは「その生き様に、男たちの血が騒ぐ」。遥が主人公になると話題を呼んだ本作は、シリーズ最大のボリュームを誇る傑作アクションゲームとなっています。球界と芸能界、さらには日本各地の極道組織を巻き込む大規模なストーリーと、それに負けない程の濃いサブストーリーが用意されています。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

NEW

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents