龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』の概要

「龍が如く4 伝説を継ぐもの」とは、セガゲームスが開発するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの4番目のナンバリングタイトルで、前作「龍が如く3」の続編にあたる。前作の東城会の内乱の後、神室町で起きた東城会系の弱小組織・金村興業と、東城会と親戚関係にあたる組織・上野誠和会の間で発生した発砲事件から新たに始まる抗争に桐生たちが巻き込まれていく物語となっている。今作は従来の主人公である桐生一馬の他にも、秋山駿、冴島大河、谷村正義と新たに3人の主人公が加わっているのが最大の特徴で、主人公ごとに異なる戦闘スタイルやサブストーリーなどの要素を楽しむことができる。また、4人の主人公のシナリオは切り替えはできず、ストーリーの進行に合わせて「秋山駿編」「冴島大河編」「谷村正義編」「桐生一馬編」の順にシナリオをプレイしていくことになる。そして、それぞれのシナリオをクリアした主人公は操作できなくなるが、終盤やクリア後には自由に切り替えてプレイができる。
本作もメインゲストに成宮寛貴、小沢真珠、沢村一樹、桐谷健太、遠藤憲一、北大路欣也と豪華声優陣が採用されている。そして、今作からメインとなるゲストは前作までの声のみの出演ではなく、ゲストの顔をフェイスキャプチャーでモデリングしたキャラクターを登場させる「顔出し出演」形式が採用され、以降の作品にも継承されている。その他のゲストとして、セラピスト役として矢口真里、格闘家として落合福嗣が出演し、さらにキャバクラ嬢オーディションを実施し、合格した7人をモデルにしたキャバクラ嬢も登場している。

前作「龍が如く3」と「龍が如く 見参!」の各クリアデータがあると特典が手に入るシステムやエクストラコンテンツが存在する。そして、2019年1月17日に本作をPlayStation4に移植したリマスター版が発売され、内容は基本的に同じだが、大きな追加点・変更点として以下の4つがある。

・リマスター版の開発にあたり、谷村正義役の成宮寛貴が芸能界を引退してしまったために権利許可が取れず、谷村の外見変更に伴って新たな声優である増田俊樹を起用して再収録された。
・サブイベント「格闘家をつくろう!」に登場する四番弟子の音喜多誠の名前が「時田誠」に変更された。
・PS4版への移植に伴って描画が1080p、フレームレートが60fpとPS3版より大幅に向上している。
・パッケージデザインがモノクロパッケージからカラーパッケージに変更された。

また、当初の発売日は2018年秋の予定であったが、成宮の代役として増田俊樹が起用されて再収録を行ったことにより2019年1月17日に変更されることになった。そして、ディスクでのパッケージ版の販売だけでなく、PlayStation Storeでのダウンロード販売にも対応している。

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』のゲームシステム

「屋上エリア」と「地下エリア」の追加

モデルとなった歌舞伎町に負けないくらいのリアリティを誇る神室町。本作の物語はこのリアリティ溢れる町を舞台に繰り広げられていくことになる。

そして本作の神室町では、新たに行ける場所としてこの「屋上エリア」や「地下エリア」が追加され、屋上や地下にもサブストーリーなどのイベントが発生する。

本作の主な舞台は神室町に絞られ、新たな地域の追加はないが、その代わりとして「屋上エリア」と「地下エリア」の二つが神室町に追加され、前作の「龍が如く3」まで見ることができなかった神室町を堪能できる。そして、屋上エリアと地下エリアへ行ける場所もマップにわかりやすく表示されるようになっている。そして、牛めしや定食が充実している松屋で食事をして回復したり、個性的なテーマソングのドン・キホーテなどシリーズお馴染みのタイアップ企業の店舗で、サントリーのウイスキーやエースコックのカップ麺などのタイアップ商品をアイテムとして購入することができる。こうしたタイアップから、神室町は実際の町のようなリアリティを実現していると言える。

臨場感溢れる「シームレスバトル」

前作「龍が如く3」から、街を歩いている中でギャングやヤクザなどの敵と遭遇した時に即座にバトルが発生するシステム「シームレスバトル」が継承されている。そのため、本作も敵がうろつく神室町の中でのアドベンチャーの緊張感と、敵と遭遇した時点でそのままバトルへ繋がる臨場感あふれる戦闘を楽しむことができるようになっている。

4人の主人公の戦闘スタイル

桐生、そして新たな主人公である秋山、冴島、谷村にはそれぞれ異なるバトルスタイルがあり、それぞれ違った攻撃や技を繰り出すことができる。

桐生一馬:完全無欠のオールラウンダー

これまでのシリーズ作品で主人公として使うことができた多彩なアクションは健在で、拳技にとどまらず、蹴り技、投げ技、固め技すべてに精通しており、豪快かつ爽快、そして自由自在な戦いぶりを展開できる。さらに多くのカテゴリの武器を使うことができるのも特徴となっており、あらゆる状況に対応できるオールラウンダーと言える。

秋山駿:華麗な脚技のスピードスター

1発ごとの攻撃力こそ高くないが、攻撃速度と手数に優れたスピードタイプのキャラクターで、軽快なフットワークと多彩な足技によるラッシュ攻撃が主な特徴となっている。立ち状態にとどまらず、走り攻撃などからも連打で複数攻撃を繰り出したり、敵の背後や側面に回り込んでからの奇襲攻撃を繰り出し、一気に自分のペースに持ち込むことができる。また、太鼓のバチやダブル角材といった、両手に持って使用する棒タイプの武器「カリスティック」が得意で、これらを使ったアクロバティックな連続攻撃も見所である。

冴島大河:怪力無双のパワーファイター

その巨体に見合うほどのパワーを活かした豪快な戦いぶりが特徴で、他の3人よりも全体的な動きは遅めという弱点があるが、総合的な攻撃力はトップクラスという強みがある。敵を軽々と担ぎ上げては投げ飛ばしたり叩きつけたりする投げ技や、大型バイクなど他の3人がもてない重量級の武器を持ち上げたりパワフルな攻撃で暴れまわれる。さらに△ボタンを長押しすることで力を溜め、強力な一撃を敵に食らわせて大ダメージを与えることができる。

谷村正義:組み技と固め技のスペシャリスト

柔術や合気道などを独自にアレンジしたバトルスタイルを主としており、他の3人よりも投げ技が得意なのが谷村の特徴となっている。基本攻撃の中に、敵の腕をとって掴んでから締め上げる関節技があり、この関節技は3回まで連続で発動できる上にヒートゲージを多く溜められるため、ヒートアクションの回転率を上げることもできる。そして、敵の攻撃をさばく基本攻撃も持っているため、複数の敵との戦闘でも攻撃をさばいて同士討ちを狙えるため、劣勢に立つことはない。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)』のポイント解説。キャッチコピーは「その生き様に、男たちの血が騒ぐ」。遥が主人公になると話題を呼んだ本作は、シリーズ最大のボリュームを誇る傑作アクションゲームとなっています。球界と芸能界、さらには日本各地の極道組織を巻き込む大規模なストーリーと、それに負けない程の濃いサブストーリーが用意されています。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

目次 - Contents